小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

shoes-770420_640

ammAI-amの星山 海琳です。

小中高に行かないことを選ぶと、学校について考える機会が多くなります。
学校に行くこと、行かないことについて、思うこと。

 

学校へ行かないことを選んだ理由

わたしは小学校へ行くことを、すぐにやめました。そしてそのあと、中学校・高校にも行かないことを選んでいます。
それがなぜかというと、「行きたくなかったから」です。

するとだいたい、自然に「いや、行きたくなかったのはどうして?」という話になる。
この言葉に、わたしは即答することができません。
当時6歳だったわたしにとって、「行きたくないのはなぜか」ということはどうでもよかったのです。

自分自身が、それはもう鮮烈すぎるほどはっきり、「行きたくない」と思っていることに、それ以上の理由づけなんかまったく必要ありません。
とはいえ、今ならいろんな理由をつけ足すことはできます。
国家と企業のために身を粉にして働きに働くような、一方的な戦争にもさっと身を呈するような、理想的な大人になりたくなかった。というより、そういう大人を育てるための教育なんか、受けたくなかった。
だってそれは、自分ではないから。

 

学校に通っているときには見えないものがある

なにかの渦中ど真ん中にいると、よく見えないことは、いろいろあります。
自分のいる世界よりもちょっとずれた位置にあるもののことのほうが、客観的に見えるし、よくわかるし、考えられる。
学校もそうです。

小中高の12年間を、ごく一般的に過ごしてきたひとと、そこから距離をとって眺めていたわたしと、どちらが学校というものについて考えたかといえば、たぶんほとんどの場合、わたしです。
考える、といっても、もちろん「宿題やらなきゃな」とか「明日の時間割なんだっけ」とか、直接的に学校の暮らしについて考えた回数なら、わたしはほとんどゼロに近いのですが。

でもそうではなくて、たとえば「学校行くのヤだなあ」でもなくて、学校ってどんな場所で、そこにいるひとたちはどんなふうで、その場所に対して自分はどう思っているのか、自分にとってどんなものか? と考えることは、わたしのほうが容易だったと思う。

 

すべての子どもたちにたったひとつだけ用意された場所であること

学校には行かなかったけど、でもわたしは、べつに学校が嫌いということはありません。
好きか嫌いかの二択なら嫌いと答えるほかないけど、単純に、「合わない」。

わたしの価値観、感覚では、学校教育を批判する気持ちはたしかにあります。
でもそれは、自分の肌と合わないものへの批判ではなくて、学校がすべての子どもたちにたったひとつだけ用意された場所であること、への批判です。

やりたいかやりたくないか、楽しいか楽しくないか、心地いいかよくないか、だけで選択できないものってあるだろうか。まあ、もしかすればあるのかもしれない。
でも、学校は絶対にそうじゃない。

 

学校は学びたいひとが学ぶ場所

子どもが学校へ行かないことは法律違反ではないし、いけないことでもなければ、よいことでもありません。
毎日行ったっていいし、一日おきでも一ヶ月おきでも、国語の授業やプール授業だけでも遠足だけでも、卒業式だけ出ても、まるっきり行かなくても、なんっでもいい。

本(『小さな天才の育て方・育ち方 小中高に通わず大学へ行った話』6月末発売予定)にも書いたことですが、学校は、ひとが学ぶ場所です。学びたいひとが、学ぶための場所。
小学校や中学校、高校で学ぶのは、誰だろう?
間違いなく、子どもです。

そこで学びたいひとだけがそこで学べばいい。それは当然のように楽しい。
逆に、そこで学びたいなんてこれっぽっちも思っていないひとが毎日、文句や不満を唱え、時計の針の微々たる動きを眺めて、ペンを指先でもてあそんで、やりたくない勉強のために丸暗記を試みて、夏休みや冬休みに大喜びしている。
そういうのは、あんまりすぎる。滑稽にさえ見える。
でも子どもたちは、ほとんどがその選択肢を知らされないまま、有無を言う暇も与えられないまま、そこにいます。

 

学校はなんでもいいしどうでもいい

「学校に行くこと」と「学校に行かないこと」は、どちらにも差がない。正しさもなにも宿っていません。好きなように、選べばいい

そしてそれは、公の学校だけではなくて、さまざまなオルタナティブスクールもおなじです。
どうでもいいんです。どうでもいい。
どんな学校に行こうが、どんな学校にも行かずに家や街町で暮らしていようが、なんでもいい。
すべてに優劣はないし、自分が素晴らしいと思ってはじめて、価値があります。そうでなければ、価値なんてありません。
自分が、それを素晴らしいと思うなら、それは絶対に素晴らしい。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

2 件のコメント

  • 今日は親子レクが夜にあり、学校へ行ってきました。
    楽しみにウキウキして行った息子。
    でも帰ってきたら、「体育やったわ」と一言。
    私も帰ってきてドキドキがおさまらず、なかなか寝付けなくて。
    なんでかなって考えていた。
    レクの間、息子のこと見ていた。
    ドッチボール、できない。
    いつもこんな感じなのかな。
    息子にとって学校でやることはできないことばかりなんじゃないか。
    できる、できないを私は評価しているのかなとも思うけど…
    楽しかったらいいけど、体育の時間、毎回みんなにつっこまれて、
    嫌じゃないのだろうか。
    学校での様子は親にはなかなか伝わらない。
    毎日楽しいのならいいけれど。
    私が彼にしてあげられることはあるのだろうか。
    私自身、まだまだ優劣をつけていますね。
    悲しくって涙がとまらない。
    土日はじゆうを楽しみます!!

    • あすみさま

      コメントありがとうございます。
      星山海琳の記事にいただいたコメントなんだけど、わたし吉田がお返事書かせてください。

      メールのほうにさせていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です