坊主女子が思う性別の固定概念〜坊主は男性の髪型ではないように自分を生きるのに性別は関係ない




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

みなさんは「女性の坊主」についてどうおもわれますか?

今日は日ごろ感じる「性別の固定概念」について書いています。



性別は関係ない

昨日、仕事で初対面の方とレストランに行ったんですね。

でもって、わたしのいまの髪型は坊主なんだけど、帽子を取ったとき、その方に言われたんです。

 

Oさん
おー! 女性なのに坊主なんだ。またなんで?

 

よっぴー
(なんでって?)いま気に入ってるんですー

 

Oさん
へ〜。だけど、ふつう坊主は男の髪型だよね

 

よっぴー
髪型に男性、女性ってあるんですか?

 

Oさん
あるでしょ、ふつう。言っても坊主は男の髪型だよ

 

よっぴー
ああ、なあるほど〜 そうなんですね。わたしは髪型に、これは男の髪型、あれは女の髪型って分けてないみたいです。

そんなのどっちでもいい、というか、男だから・女だからといった性別でちがうのではなくて、好む・好まないのちがいにすぎないとおもっています

 

Oさん
ああ、なるほど。だけどご主人さんは許してくれたんですか?

自由が「許可書」ではない

この「ご主人は許してくれるか・くれないか」、または奥さんが、彼/彼女は… といった思考って多いですね。

「ベリーショートにしてみたいんだけど、彼が許してくれなくて」とかね。

 

自分がしたいことをするのに、だれかの許可を必要としている人や、許可がないと髪型さえも好きに選べないのを気にもとめていない人は少なくないです。

性別によって社会が作り上げた、こうあるべき像

坊主のほかにも男性が化粧をしたり、、、スカートをはいたり、、、そういうのって性別は関係ないじゃないですか?

それなのにわたしたちはいろんな事や場面で、男だから、女だからという理由で、制限をかけているとおもいませんか?

自分を生きるまえに、性別で生きてる。。。

男か女か、性別は2種類しかないかのごとく、「男性とはこうあるべき」、「女性はこうあるべき」というふうに思い込んで。

個性を尊重する

海琳 さん(当ブログ「オヤトコ発信所」のメンバー。娘)は小学校の入学式で、男の子には青を、女の子にはピンクのファイルを与えられたことにとても違和感をもったんですね。

しかも当時、彼女はピンクが大っきらいだったので、自分にとって「嫌いな物」を持たないといけないということは、苦痛だったとおもいます。

 

こぼれ話

息子が2歳? 3歳? ぐらいのころに、息子用のお風呂の洗面器を買ったんですね。そのとき彼が選んだのはピンク色の「セーラームーン」でした(つい最近まで現役だった)

 

男の子がピンクの服を選んだっていいし、女の子がウルトラマンを好んだっていい。

子どもの好みや価値観、意思を無視して、親の期待を押しつけて、性を抑圧させたくないんです。

男の子らしい、女の子らしいというような行動を促したりしないで、自分の感情に従って、自分の「好き」を好いていてもらいたい。

そうすることで性別を超えた、人間として互いに認め合う平等な見方ができる人に育つとおもうんです。

境界線をなくす

Oさん
そういう社会性メッセージを込めて、坊主にされているんですね。

 

よっぴー
いまはこの髪型が好きだからしてるだけですー

 

世界は広いのに、自分で自分の選択肢を狭めるなんてイヤじゃないですか。

性別に左右されず、年齢とかにも抑えられず、好きな髪型、やってみたい髪型をしてればいいじゃん。

 

性別で髪型は決まらない。

自分を生きるのに性別は関係ありません。

つーか、髪の毛なんてすぐまた伸びるんだから!

 

↓↓↓ 楽しいフッションをする秘訣をきかれて。↓↓↓

ファッションを楽しむ方法は人生を楽しむ方法と同じでどの年齢であってもおしゃれを楽しむことを忘れないこと

2018年5月6日

 

↓↓↓「自分らしく生きる」っていうけど、その「らしさ」は誰がつくったの? ↓↓↓

「自分らしく生きる」というけど、いま生きているのは自分じゃないの?

2018年3月21日
 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点