【不登校のすすめ】学校に行きたくないと言っている小学1、2年の低学年の子どもを無理に登校させると執着を生む

naino

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

よく受けるご相談にこんなのがあります。

小学1年生や2年生の低学年のこどもが「学校に行きたくない」と言って泣く(保育所や幼稚園に通うこどもの場合も、高学年以降も)。。。

けど、まあ、無理やり送っていき、こどもだけ学校に置いてくると。。。

下校してきたこどもは、案外ケロっとしている。

で、よく朝、こどもはまた泣く。。。

くりかえし。

 

このくりかえしをくりかえすの、執着を生むのでやめたほうがいいと、わたしはおもいます。

 

行ってしまえばどうにかなる?

無理やり送っていく、という行為はつらいです。

しかしいかせん、学校から帰ってくると、こどもはケロっとしているんですよね。

 

「学校どうだった?」とたずねると、こどもは「楽しかったよ〜」なんて言います。

担任の先生も、「ふつうにしてますよ」と言われる。

 

行ってしまえばどうにかなる?

だったら、親も、無理やりでも学校に送り込んでしまいたい気持ちになってしまいます。

 

けれども教育を受けなくてもいい、、、

とりあえずその場所にいればいい、、、

学校にさえ行っていればいい、という考えは問題の本質にフタをするから、 単なる不登校 を、問題ある「不登校」にして、のちのち、思いも知れないほど大きな苦痛となってのしかかってきます(「不登校」で長いこと苦しむ原因はこれ)。

 

思考より本来持っている智慧を信じないと執着を生む

なぜ、くりかえすのをやめたほうがいいのか?

こどもに、「~ねばならない」「~であるべき」という執着を生むからです。

 

お母さん(他者)の言うことをきかないと愛されない。

愛されるためには良い子でいなければならない。

頑張らないといけない。

執着ほど厄介なものはありません

 

執着は悩みと苦痛を伴います。

もうこれ以上頑張れないのに、休んではいけない。

今の自分のままではダメだから、絶対に成長しなければならない。

 

執着を解くのがどれほど厄介かは、わたしたちおとなの知るところです。

 

学校は「行く」ところであって、「行かせる」ところではない

担任の先生は言うんですよね。

「連れてきてください」と。

「1時間だけでも登校できませんか?」と。

「早退とか遅刻はしてもらっていいから、ゆっくり慣れていきましょう」と。

 

カウンセラーさんや専門家の方も言います。

「行きたくないのではなく、お母さんと離れたくないだけですよ。だから……」。

「行けないことは悪いことではないですから、怒らないようにしてあげてください」。

「行かない選択は最後にとっておきましょう」。

 

そうか?

学校は行かせるところじゃありません

 

学校に行きたくないのではなくて、学校に居たくない

小学1年生や2年生のこどもが、毎朝「学校に行きたくない」と言って泣くが、帰ってくると案外ケロっとしているのって、

学校に行きたくないのではなくて、学校に居たくないのじゃないのかな?

学校に居たくない何かがあって、それで行きたくないんじゃないんかな?

 

玄関でお見送りのときに、毎朝「頑張って行ってらっしゃ〜い」と声をかけたりするようですが、

学校にしろ、仕事にしろ、頑張って家を出るなと言いたーい。

(執着って超強力ボンドでくっついているんだね)

 

Hot News
でも仕事休めないし、とか、一日中いっしょに居るのは気がもたないし、、、っていうんなら、こどもと話し合えばいい。
話し合いの勉強会、やりますよ。
詳細はこちら >>> https://ai-am.net/181118ev

 

今日の本

学校へ行く意味・休む意味: 不登校ってなんだろう?/滝川一廣

なぜ、人は学校へ行くのか? 「不登校」理解、ここから、はじまる!学校が生まれた理由、立身・出世の夢、戦後ニッポンの大変化、高度経済成長の夢と希望、失われた学校の聖性、そして増え続ける不登校…さぁ、深く考えてみよう。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です