将来が不安? 不登校児「だから」就職ができないわけでも、登校児「なら」就職ができるわけでもない




am3こんにちは、

AI-amの
吉田 晃子です。

 

今回は、不登校をしている子どもさんについて、親さんが将来を心配される際の質問、「就職はできるの?」について書いています。

 



「不登校でも就職できますか?」

不登校をしている子どもは、いま、すごく多いです。

でもそれは、一年や二年で急激に増えたのではなく、過去もう何年と続いていることなのです。

 

スクリーンショット(2017-06-22 3.54.24)出典:文部科学省 平成24年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」

 

じゃあ、ずいぶん前から多いその不登校の子どもたち(今ではおとな)は、誰も働いていないんでしょうか?

もちろん違いますよね。もしそうなら、とうの昔にニュースになっています。

 

それでも、今なおよく挙がる質問が「不登校でも就職できますか?」。

この発想をされる方の多くは、マスコミが発信する「不登校 → ひきこもり → ニート」の構図を、知らず知らずのうちに鵜呑みにしてしまっているのではないでしょうか?

 

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

不登校でも就職できますか?」。

学校に通って就職する人がいれば就職しない人もいるように、

学校に通わずに就職する人がいれば就職しない人もいる。

ただその人が就職するかどうかの話であって、不登校をしているかどうかは、関係のないことです。

 

「学校に行かない選択をして、これからの日本の社会の中で、職を得て自立できるのでしょうか?」

講演先では、「学校に行かない選択をして、これからの日本の社会の中で、職を得て自立できるのでしょうか?」という質問をいただきました。

 

大学卒業の学歴がなければ雇用しない会社や、専門的に学ばなければ就けない職業は、当然あります。

そういった会社、職に就きたいのであれば、大学なり専門学校に行く必要があります(ちなみに、 小・中・高と学校に行っていなくても、大学や専門学校に行くことができます )。

また、大学卒業の学歴があるほうが、基本的には就職に有利だというのも本当です。

 

けれどわたしがおもう大事なことは、

大学を出なければ雇ってもらえない会社は、今はあるし、10年、20年後にもあるとして、
それでも、「大学を出ていなければ雇いません」と言っている会社に入りたいとき、

「大学は出ていませんが……」と挑んでみる力や、これから大学や専門学校で勉強しよう!と進むエネルギーを子どもが持ちつづけていられる、そんな社会を、わたしたちおとなが取り戻すことです。

そんな能力、能動性を奪わないのが、親の役割 だと考えています。

 

しあわせの基準は本人のもの

あと、せっかく学校に行ってないんだから、やりたいことや、興味の向いていることがあるなら、おもいっきり没頭してほしいです。真剣な遊びが仕事につながることだってあります

 

わたしが知っている、学校にいかない選択をした子どもたちはみんな、さまざまに仕事をしています。

大企業に就職することだけが◎とおもっている人から見れば、ダメ人間に見えたり、貧乏人に見えたりもするかもしれません。

でも、お金をいっぱい稼ぎたい人はお金をいっぱい稼いだらいいとおもうし、月7万円あればじゅーぶんって人は、月7万円でいいわけで、しあわせの基準は本人が決めるもの であって、まわりの人や親が決めることではありません。

 

大企業もあれば、中小企業もあります。ベンチャー企業や個人企業も。

営業が合う人。工場が合う人。弁護士になりたいなら弁護士になればいい。ホームレスがいいならホームレスをすればいい。転職してたくさんの仕事をしてみるのもいい。

本人がそれがいいっていうんであれば、それがいい。それだけのことです。

学校は選べませんが、仕事は選べます。

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

未来は個々の手のなかにある

親が心配することではなく、本人が考えることです。

そのために親がすることは、子どもの足を引っ張らないこと。

自立させなきゃという気持ちから、「学校にも行かず、なにやってんだ!」「就活もせず、なにやってんだ!」と言っているなら、それは、 「自立」と真逆の「依存」 に後退させてしまうことにもなります。

 

わたしたちまでが一緒になって「不登校でどうするんだ! そんなことでは将来がないぞ!」と声をあげることは、子どもの未来に鍵をかける行為 になりませんか?

子どもの足を引っ張らないということは、けっして放任することではありません。

子どもが必要としたときに、必要としただけの手助けをすれば、子どもは自分の力を大いに使って、自分の思うままに未来をつくっていきます。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点