『よつばと! 』7巻 第46話「おつかい」の話と、親が子に教えられるのは人生はなんとかなるということだけの話

am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

『よつばと!』がサドベリーなんだなあ〜ってことは以前書きましたが、今日は『よつばと! 』の7巻 第46話の「おつかい」の話から展がることを書いています。

 



『よつばと!』7巻 第46話「おつかい」

前回の投稿記事 ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ で、

子どもが創造的活動(自らが学んでいきたいとする自立)をするとき、親は度々にして心配しますが、自立しようとしている子どもからすれば、「親に心配される」ほどウザいものはありません。

子どもが求めているものは、自己の力を発揮すること です。
その学びの場面で依存(所有的精神)を押しつけることは、「親は自分のことを信じてくれてない」という否認のメッセージを子どもに送っていることになり、子どもの自己信頼をゆさぶることでもあります。

やめて!! ですよ、ほんともう! 子どもはやりきれない悲しい気持ちにさせられる んですから たまったもんじゃありません(次回ここんとこ詳しく書きます!)

と書きました。

書きながら、「あーーー! まさに、『よつばと!』のおつかいや〜」っておもったんです。

どういうことかと言うと……。

 

以前、【家庭でサドベリー】『よつばと!』とサドベリーエッセンス の記事で、この漫画ってサドベリーだよなあ〜とご紹介した『 よつばと!  』の漫画。

この漫画の 7巻  第46話に「おつかい」があって、

その「おつかい」の話が まさに、

子どもが創造的活動(自らが学んでいきたいとする自立)をするとき やん。自己の力を発揮する ってやつやんっておもったのでありました。

 

ストーリー

お昼になり、よつばちゃんが「今日はカップラーメンにする!」と言うんですね。

でも家にない。

するとすかさず、「よつばがかってくる! とーちゃんのもついでにかってきてやる!」となり、よつばちゃん、はじめて、おつかいに行きます。

とーちゃんが頼んだのではなく、

おとなの下心でおつかいに行くよう操縦したんでもなく、

ある日! この日! よつばちゃん自らが「よつばがかってくる!」と言って行くんですね。

とーちゃんからOKをもらい、500円を渡されたよつばちゃんは真剣です。

IMG_2889

無事お店に着き、まずはとーちゃんのカップラーメンから買うよつばちゃん。

 

話はちょとそれて。。。

ネタバレになっちゃうから詳しくは書きませんが、とーちゃんの好みのラーメンの、選び方の説明いいですよね〜。

スーパーに行ったとき見てみたんですね、陳列を。確かにーでした。

あと、「ながいもの」も!

それからなんたって店員さんがナイスです! あの場面で「一番好きじゃないもの」ですよ!

つまりは「一番好きなもの」。人生におけるいっちゃん大切な選び方 ですよ!

それをあの状況だったから「一番好きなもの」をアレンジした言い方、「一番好きじゃないもの」と言う店員さん。すごいー!!。

同じような場面に出くわすことがあったなら わたしもこう言おう! っておもった言い方でした。

 

 

話はもどり。。。

お買い物をするにあたり、次から次、知恵がどんどん湧き出てくるんですね。

もうほんと、地球が がっこう です。自らが学んでいく創造的活動(自立)がはんぱない。

達成感からよろこびを、困難からは悲しみを味わいして、観察力、選択力、判断力、行動力、人に訊く力、創造力、洞察力、マナー、正直さ、etc、どれほどの学びを得たんだろうか。

 

自己の力を発揮したよつばちゃんはこんな表情になります。

IMG_2893

 

ちなみにトップの写真は、 海琳 さん(当時3歳)がはじめておつかいに行って帰ってきたときの写真です。

『よつばと!』の7巻の「おつかい」を読んで、「あ〜、まりんさんもこんな気持だったのかなあ〜」、「こんなかんじだったのかなあ〜」ってね、今になってあらためて教えられました(自分自身のは覚えていない)

 

よつばと!(7) (電撃コミックス)
よつばと! コミック 1-13巻セット (電撃コミックス)

 

親の干渉は自立を後退させ、依存を強め

思春期あたりの子どもをもつお母さんが言う「うちの子なんにもしないんですよ〜」っていう言葉。

あれ、しないのではなく、させなかったんですよね。「子どもが◯◯したい!」と言ったある日! この日!に。危ないからとか、面倒くさいとかの理由で。

 

自分を生きていくのに持って生まれてきている自発性、能動性 は、親の干渉によって押し消されていきます。

 

人は成長するためには安心感が必要 です。安心感とは、恐怖感がないこと です。

恐怖感があると、退行欲求(依存)と成長欲求(自立)との葛藤で、退行欲求にしがみついてしまう。

厄介なのは、人間の退行欲求には時効がなく、何十年経っても驚くほどしつこく残っていること。

権力主義的な親のもとで成長した人などは、おとなになってもしっかりと退行欲求を持っていて、それは高齢になっても持っています。

この退行欲求と、成長欲求の葛藤を、自分の中で意識化していかないと、子どもにも同じことをしていってしまいます。

 

「ちゃんと」なんて育てられない

親が子に教えられるのは、人生はなんとかなるということだけです。

だってほら、無限の可能性があったから、いまこうして なんとか生きているんじゃないですか!

失敗して、恥かいて、迷惑かけまくってきた(今もかけまくっている)自分のこの姿をあけっぴろにさらけだせば、へばりついてた退行欲求は薄れていきます。

日々を楽しむ。そうすればおのずと成長欲求は高まります。

 

子どものミスをつつく? 自分のミス、棚にあげきれない自分がですか? そんなわたしが、ちゃんと育てる? ないない!

 

問題を解決するためには自発性と能動性が必要 ですが、『よつばと!』のよつばちゃんの自発性、能動性はイキイキしてるんですね。干渉されないから。ジャッチされないから。

安心感に包まれて育っているから、創造的活動(自らが学んでいきたいとする自立)は健全に成長します。

 

『よつばと!』7巻の「おつかい」の話は、オチというか、ラスト「おーーー!」ってなるんですね。

なにがいちばん大事なのか、痛いまでに突きつけられます。愛するとはこういうことだよ、ということを、愛しながら見せてくれます。それはまばたきしてたら見逃すほどさらりとやさしく。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点