中学生・高校生からはじめる、YouTuberやブロガーの仕組みと稼ぎと働きかた

am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

学校に行きたくなく、かつ、将来、雇われないで働きたいです。どんな仕事がありますか? という、中高生の方からのご質問に対し、

小中高に行かなくても、どんな職業でだって働けること、

ほとんどの職業は、雇われなくても働けること(むしろ「雇われないと働けない」職業のほうがはるかに少ない

医師やプログラマー、イラストレーター、ライターなど中高校生に人気の職業からいくつかをチョイスして紹介させていただきました。
↓↓↓

雇われないと働けない職業は少ないが、雇われずにやる仕事はたくさんある。

2019.06.17

 

ただ、↑↑↑ の記事で紹介した職業はいずれも、雇われないで働くためには、

元手(商売や事業をはじめるために必要な資金)や、取引先依頼人が必要でした。

今回は、元手がいらず、取引先や依頼人もいらない職業、ならびに、これからの働き方について 書いています。

 

元手(商売や事業をはじめるために必要な資金)

医師や美容師として、自分の病院や美容院をもつためには、

  • 物件取得費用
  • 内装工事費用
  • 店舗運営費用
  • 運転費用

など、多額のお金が開業資金(=元手として必要です。

(たとえば美容院の場合は、1000万円〜が必要になるようです)

 

じゃあ、もっと開業資金のかからない職業はなに? となると、たとえばネイリストさんもそのひとつ。

仮に、いま住んでいるおうちの一角を利用して、ネイルサロンをはじめるとしますね。

物件取得費用は不要ですが、それでも

  • 簡単な内装工事費用
  • 店舗運営費用
  • 運転費用

は掛かります。

ネイル用品の仕入れ代だけでも50万〜はするようですし、ジェルネイル代や、その他ネイル用品もいります。

備品も必要ですし、宣伝費用もありますね。

 

じゃあ、

手相占い師さんはどうでしょうか?

 

取引先や依頼人

手相占い師さんはどうでしょうか?

仮に、開業資金は少額だったとします。

それでもね、占ってほしい人(=取引先が必要なんですよね。

つまりお客さんがいないと、商売は成り立ちません

 

パン屋さんもそうですね。

元手はもとより、パンを買ってくれるお客さん(=取引先がいないと、赤字です。

たくさん、たくさん、がんばってパンを焼いても、売れなきゃパンは腐っていくので処分するしかありません。

 

Webデザイナーやイラストレーターなどの場合には、あなたに仕事をお願いする依頼人(クライアント)が必要です。

探偵やマーケター、コンサルタントもそうです。クライアントから依頼を受けてから行う仕事です。

 

このように、自営で収入を得るためには、元手のほか、取引先や依頼人も必要です。

 

元手や依頼人がいらない職業

取引先や依頼人がいらない職業に、YouTuber(ユーチューバー)と、ブロガー があります(後述)

(※ これらは職業の一種か? といったご意見もあるかとおもいますが、ここではひとつの職業として、話をすすめます)

むかしはあって、いまはもうない職業があるように、むかしはなくて、いまある職業のひとつですね。

 

YouTubeやブログはパンとは違って、買ってくれる人がいなくても、動画や記事が傷んだり腐ったりしないのでガンガン作れます。

クライアントから依頼されてなくっても、ガンガン作ったその動画や記事を投稿していくことができます

しかも元手の初期費用はもとより、維持費や運用するためのを費用(ランニングコスト)をかけずに続けることができます

 

こんな事業ってこれまでにあったでしょうか。

 

まったくの未経験者が今日からはじめられるのです。

もちろん、デメリットはあります。

 

YouTuber(ユーチューバー)とブロガーのメリット・デメリット

✔️ YouTuber(ユーチューバー)やブロガーのメリット・デメリット

メリット デメリット
超自由 すべて自分の責任
元手がいらない 動画や記事を投稿したからといってすぐに収入が発生するわけではない(1年ぐらい無給もザラ)
取引先がいらない お金を稼げるようになるには時間がかかる
依頼人がいらない すべて自分ひとりで考え実行に移す
ランニングコストがかからない 高額を稼げる人はわずか
動画や記事は資産になる 誹謗中傷を受けることがある
PCやスマホ1つでどこでもいつでも仕事ができる 安定がない職業

 

ほかにも、たくさんメリット・デメリットはあるでしょう。

 

自営とサラリーマンの比較にも「メリット・デメリット」なんてものが現れるだろうしね。どんな職業にもあるものとおもいます。

 

わたしは、どっちにしたって、「自由」であったらいいんじゃない? って考えてます。

この場合の「自由」は、対義語が「由」(← よっぴーが作った造語)になる「由」。

サラリーマンだってなんだって、それこそ学校に行くってことだってそうだし、勉強をするってこともそう。

親とか先生とか上司、、、つまり他者から言われたから? 命じられたから? 常識だから? 疑ってみることも、反抗してみることも、自分なりにアレンジすることもしないで、ただ受身となってやっていたら「由」。

だからつまんなかったりもするんじゃないのかな。

与えられた仕事であったとしても、自分にとっての意味(だったり意義だったり)をもってやっていたら「由」でいられるとおもっています。

 

働く場所

たとえばね、ブロガーとして20万円を稼げるようになったとして。

こちらの記事↓↓↓ で書いたように、ベトナムの生活費は5、6万円。

「何になりたいか?」ではなく「どうしたいか?」「どうなりたいか?」

2019.06.11

 

タイあたりもそれぐらいでしょう。ラオスやカンボジア、インドだともっと低いとおもいます。

実際にこれらの国々で滞在していたことがあるのですが、たとえばラオスで、宿代と食費込みで1ヶ月1万円ほどでした(宿、食べるもの、地域によって異なります)

てことは、日本にこだわることなく、ベトナムに住んで、月15万円を投資にまわすことだって可能なわけです。

(※ ただしその国で就労しないとなるとビザの取得は厳しいので、実際にやるなら「長期滞在」くらいの感じですね)

 

下の図は、海外移住を考える人のためのサイトMoveHubhttp://www.movehub.comが2017年に公開されたもので、世界各国の物価水準を一目瞭然にした世界地図です。

世界各国の物価水準を一目瞭然にした世界地図

出典:movehub

 

🔻生活費の高い国トップ15(2017年/基準はニューヨークを100としています)

生活費の高い国トップ15

出典:movehub

 

1位のバミューダ諸島。ニューヨークから飛行機で約2時間のところにある小さな島です。

ホテル代から物価を見てみると、3つ星ホテルで平均料金が1泊45,000円ほどでした(ちなみにわたしたちがラオスで泊まっていた宿は1泊100円)

 

🔻生活費の低い国トップ15(2017年/基準はニューヨークを100としています)

生活費の低い国トップ15

出典:movehub

 

エジプトが1位なのは、2016年11月の変動為替相場制への移行にともなって,インフレ率(消費者物価指数)が急上昇したからでしょうね。ポンド(通貨)が大暴落してました。
いまだったらベネズエラが1位だろうね。

余段ついでに、これまで50ヵ国ほど旅してきて、7位、8位のウクライナとジョージアは、わたしのなかでは「もしも引っ越しするのならどこへ行く?」の候補に入ります:)

 

「将来」を待つ必要はない

これまでにはなかった職業、元手も取引先や依頼人もいらないこれらの仕事は、やりたいのであれば、卒業するのを(おとなになるのを)待つ必要はないんですよね。

 

将来、雇われないで働きたいです。どんな仕事がありますか? と聞いてくださったみなさん、

将来を待たなくたって、

いま、

今日から、できます。

 

YouTuberやブロガーは、一般的なアルバイトとちがって、動画や記事を作っている間の時給なんてものは発生しません。

クラウドソーシングともちがって、動画や記事を投稿したからといってすぐにお金をもらえるわけでもありません。

1、2年は無収入なんてこともありえます。

 

そういったリスクを考えたときに、

まだ社会人じゃない今だからこそ、親に養ってもらえている今だからこそ、いまのうちに、やりたい人はやってみればっておもいます。

なんたって中高生。食いっぱぐれないんだから。

 

スキルをいまから磨いて、稼げるようになって、「将来、雇われないで働きたい」を実現してください。

資産となる動画や記事を架け橋にして、やりたいことドンドンやって、生きてることが楽しいっておもえる毎日をおくっていってほしいなと思います。

 

 

将来が見えちゃうとつまんない。

将来、自分がどんな大人になるのかが楽しみなんですね、わたしは。この歳になってもなお(笑)。

 

YouTuber(ユーチューバー)

YouTuber になるために必要な資格や学歴はありません。

※ 「単にYouTubeに投稿している人」は、「単にYouTubeに投稿している人」で、今回考える「YouTuber」には含んでいません。

 

YouTubeを始めるために必要なもの

YouTubeは、Googleが提供しているサービスのため、Googleのアカウントを作成する必要があります。

なので、YouTuber になるためには、まずは以下の作業が必要です。

  1. Gogoleアカウントを取得する
  2. YouTubeのアカウントを取得する
  3. Googleアドセンスの申し込みをする
  4. YouTubeパートナープログラムに申し込む(下記参照)
  5. YouTubeチャンネルを作成する

 

注意

  • YouTube のアカウント登録は、13歳以上から作成することができます。
  • Googleのアカウント登録も、13歳以上から作成することができます。
  • Googleアドセンスの申し込みは、18歳以上から可能です。

13歳未満、および18歳未満の方は、保護者の承諾が必要です。
Googleアドセンスの審査に合格した場合、保護者のアカウントを使って動画をアップロードすることになります。
また、収益の受け取りのために、保護者の銀行口座を登録することになります。

 

 

次に、動画をアップロードしていきます。

  1. 必要に応じて機材をそろえる(カメラ、マイク、三脚、パソコンなど)
  2. 編集ソフトをインストールする
  3. 動画を企画する
  4. 撮影する
  5. 編集する
  6. アップロードする
  7. 集客方法を考えていく

 

YouTuber(ユーチューバー)になるために必要なもの

どんなに人気のYouTuberでも、最初は誰もが、動画を配信しても再生回数は0回、チャンネル登録者数も0人、の状態から始まります。

 

YouTuberを職業にしていきたいのであれば、動画の配信をし続ける継続力が必要です。

YouTuberとして飯を食っていくぞという本気が必要です。

その本気を楽しむ軽やかさが必要だとおもいます。

 

 

YouTubeに動画をアップするためにかかる時間は、1本につき、5時間〜10時間と言われる方もいるし、

10分程度の動画に対して、2時間〜4時間ほどかかると言われる方もいます。

 

いずれも撮影時間のほかに、

カット作業、テロップ付け、BGM・効果音付け、OP・ED付け、書き出し、アップ、アップ後のメタ情報付け、終了画面・カード付け等の作業があるんですってね。

主にカット作業とテロップ付けに時間がかかると、いくつかのサイトにも書かれてありました。

 

YouTubeで稼げる収益化の仕組み

YouTubeの収益化の仕組みは、自分が投稿した動画に広告を表示させ、その広告から収入を得るものです。

「自分が投稿した動画に広告を表示させる」「広告収入を得る」には、YouTubeの「パートナープログラム」に参加します。

「パートナープログラム」に参加するには、審査を受ける必要があり、その条件は以下の通りです。

※ YouTubeパートナープログラムへ参加するには次の2つの基準をクリアしている必要があります。

  • チャンネルの過去12か月間の総再生時間が4,000時間
  • チャンネル登録者が1,000人

 

動画1再生につき、平均0.02円~0.2円の間の収入となるようです。

1再生0.1円で換算すると、100万回の再生で、月10万円の収入となります。

チャンネル登録者が200万人くらいの人は、年間で数億円を稼いでいるとのことです。

 

参考本↓↓↓

 

ブロガー(Blogger)

ブログを書くことを仕事にしている人を「ブロガー」と呼びます。

ブロガーになるために必要な資格や学歴はありません。

 

ここではブログで収益を出すために「ワードプレス」を紹介していますが、

  • 単純にブログをやってみたい
  • 文章を書く練習にしたい
  • ◯◯を発信していきたい
  • おなじ趣味をもつ人や、おなじような価値観の人とつながりたい
  • 人気ブロガーになりたい
  • ビジネスにブログを活用したい

などなどでしたら、

アメーバブログ」や、「はてなブログ」といった無料で始められる無料ブログが多数あります

 

ブロガーを始めるために必要な手順

  1. サーバーを契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. ワードプレスをインストールする
  4. Googleアカウントを作成する
  5. 記事を書く
  6. Googleアドセンスを申請する
  7. 審査に合格する

 

18歳未満の場合
18歳未満の場合は、保護者の方に、保護者ご自身のGoogleアカウントを使用してAdSenseに申し込んでもらうことができます。
AdSenseアカウントが承認された場合、収益はすべてサイトの責任者である成人の方に支払われます。

 

ブロガーになるために必要なもの

広告を掲載して収益化していくために、Googleアドセンスの審査を受けます。

合格となると広告を掲載できるようになります。

記事を書いていくうえで現在重要なポイントは、以下の5つです。

  1. 文字数:2000~3000文字
  2. 記事数:10記事〜
  3. 更新頻度:記事の更新間隔をあけない
  4. プライバシーポリシーページの作成
  5. 問い合わせページ・運営者情報ページの作成

 

注意
AdSenseプログラムポリシーに違反していないことが大前提となりますので、こちらを必ず確認してからブログの作成を行ってください。

 

 

YouTuberとおなじで、この仕事をしていきたいのであれば、記事の発信をし続ける継続力が必要です

ブロガーで飯を食っていくぞという本気が必要です

その本気を楽しむ軽やかさが必要です。

 

ブログは「記事を書く」ことが最も大切です。なので、ひたすら書くのみ。

でもなにを書けばいいの? どう書けばいいの? には、この本↓↓がこたえてくれています。

 

いまでは年商が億単位になられたブロガーのイケダハヤトさんが書かれていました。1日4本の記事、365日それをつづける。それが「ブロガー」のスタート地点だって。

 

ブログで稼げる収益化の仕組み

ブロガーの収益化の仕組みは、自分が投稿した記事に広告を載せ、その広告から収入を得るものです。

そのため、ブログの記事本数を増やしてPV数(ページの表示回数)を増やしていく必要があります。

1PVあたり0.2円(Googleアドセンス広告収入)+ブログ内広告の成約マージンという平均値が一般的といわれています。

目安として、30万PV以上のブログで、月収平均10万円以上となるようです。

 

参考本↓↓↓

 

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です