アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニア(コーカサス3国)とイラン旅中のつぶやきと写真

ここらへん

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

1月半ばから2月頭まで、中近東に行ってました。

コーカサス3国と呼ばれるアゼルバイジャン ⇒ ジョージア ⇒ アルメニアと周り、イランへ。

その旅中、Facebookに投稿したつぶやきと写真の転載 です。

※ 感想および、移動手段、宿、ビザの取り方などの情報等は別であげています。

1月17日/地球が がっこう! 行ってきまーす

>>> Facebook 1月17日

世界地図を広げて、どこ行く? どこ行く? って言いあって、目が合ったイラン。

チケット取ったのが12月21日やって、数日後、イランで反政府デモが突発したー。

ドンバチは全土に拡大して、死者は日ごとに増えて、、、ヤバイかな〜って思ってたけど、一昨日、おさまった(ぽい)。

うちらの好奇心 勝ちやあ〜笑?

危なそうだったら、どっか ちゃうとこ行ってくるー。

地球が がっこう! 行ってきまーす

 

関西国際空港にて

関西国際空港にて

 

関西国際空港にて。お世話になってるバックパック

関西国際空港にて。お世話になってるバックパック

荷物を機内に預けるのはキライだから、かばんはいつもこれだけ。このバックパックにお世話になってます〜

 

関西国際空港にて。機内OKのバックパック

関西国際空港にて。機内OKのバックパック

こちらはまりん愛用のバックパック。

 

1月21日/カスピ海とバクーから

>>> Facebook 1月21日

子どものころから地図を見るのが好きやって、入院(口唇口蓋裂でしょっちゅうしてた)してるときなんて特にそう。

ヒマやから、いろんな本を持っていくねんけど、実は地図帳一冊あれば事は足りた。

目をつぶって、ぱぁ〜って開いたページと、一日中おはなししてた。

(わたしの想像力が育ったのは、このヒマと、この遊びのせいやと思てるねん。ヒマはええ!)

 

で、そんときの一つに「カスピ海」があった。

カスピ海? なんか、カルピスみたいやん!?

魅力的な名まえやなあ〜

いつか見てみたいなあ〜

そんなこと思ってたのを、よく覚えてる。

 

カスピ海、見てん。

大好きな人と。

 

写真、スマホで撮ってるのがあんまりなくてアレやけど、あげてみるー。

カスピ海に面した町、バクーです。

 

バクーは風が強くて爆風並みやねんけど、しやから「爆」→ 「バクー」って言うらしい(ホンマかな? 笑)

ご飯文化があったよ。

黄色の部屋は泊まってるゲストハウス(1泊/1人 モーニング付き・フリードリンク付き 約650円)。空いてるから 貸し切り!

 

あ、ただいま こちらは朝で、モーニング食べながら書いてます

 

カスピ海の夕暮れ。3つのビル群「フレームタワー」は未来都市バクーの繁栄のシンボルで別名「炎のタワー」

カスピ海の夕暮れ。3つのビル群「フレームタワー」は未来都市バクーの繁栄のシンボルで別名「炎のタワー」

 

カスピ海に面したバクー

カスピ海に面したバクー

 

イスティグラリヤット・ストリートからみる旧市街(銅像のうしろ方面が旧市街)

イスティグラリヤット・ストリートからみる旧市街(銅像のうしろ方面が旧市街)

 

バクーIcharishahar駅からイスティグラリヤット・ストリートをSahil駅方向に歩きながら

バクーIcharishahar駅からイスティグラリヤット・ストリートをSahil駅方向に歩きながら

 

Abdulkarim aii-zadeh St

Abdulkarim aii-zadeh St

宿「Mr Hostel Baku」につづく道で、何度も歩いたストリート。

 

アゼルバイジャンのバクー Haji Zeynalabdin Taghiyev St にある「Green's Cafe」

アゼルバイジャンのバクー Haji Zeynalabdin Taghiyev St にある「Green’s Cafe」

バクーに着いた初日に食べたランチ。ごはん文化にちょっと驚く。

 

Rasul Rza に面してある「Mr Hostel Baku」のリビング

Rasul Rza に面してある「Mr Hostel Baku」のリビング

泊まった宿「Mr Hostel Baku」のリビング。
わたしたち以外だれも泊まってなくて貸し切り状態。

 

「Mr Hostel Baku」

「Mr Hostel Baku」

右手のドアが開いてる部屋がベッドルーム。

 

カスピ海をバックにして

カスピ海をバックにして

 

1月21日/アゼルバイジャンでごちそう

>>> Facebook 1月21日

今夜乗る夜行列車のチケットを買うためにお金を引き出したんだけど、収集した情報の値段より えらく安くて、お金がうんと余った。

アゼルバイジャンの通貨を持っててもしゃーないしな、

つーことで、今から ごちそう食べたんね〜ん。

 

小さいグラスはHOTの紅茶。

で、その横のんはジャムだって。

 

ウヒヒヒー!

ごはん、早よこい〜

(つか、ごちそうきてから撮れよってな、笑)
(窓の外の風景。休日の午後)

 

Fəvvarələr Meydanı公園にあるレストランにて

Fəvvarələr Meydanı公園にあるレストランにて

 

Fəvvarələr Meydanı公園の休日の午後

Fəvvarələr Meydanı公園の休日の午後

 

1月23日/トビリシの朝の風景をみながら…

>>> Facebook 1月23日

いま、ジョージアという国の、首都トビリシという町の、メトロ「アブラバリ(Avlabari)駅」駅前にある宿に居てるねんな。

で、そこから見える 朝の7時56分の風景(日本時間12時56分)

アゼルバイジャンもそうやってんけど、こっちは明るくなるのが遅くて、まだまだ夜のつづきの暗さ。

だからなのか、どうなのかはわからんけど、「日本」がなんであ〜なのか、、、見えてくる。

日本の7時56分の駅前とはあまりに異なる。

昼間は賑やかだった人の声が、まだ微塵も聞こえてこない。

 

その風景を眺めていると、どちらが健全か、、、って思ってしまう。

不登校の数がこんなに多いのも。。。

苦登校してる子どもの数となれば 計り知れないのも。。。

 

トビリシのメトロ Avlabari(アブラバリ)駅

トビリシのメトロ Avlabari(アブラバリ)駅

居心地がよくてずっと居てた、アブラバリ(Avlabari)駅の前に建つ「Marsel+」の宿から眺める。

 

1月24日/トビリシ Cafe Palermo の「ファミリーファンタジー」

>>> Facebook 1月24日

お昼ごはんを食べようとレストランに入って、メニューをもらって選んでたら、

「どこから来たの?」と聞かれて、「日本」と答えると。。。

 

「わあーなんて素敵! 日本からようこそ♬

ぜひ、あなたたちに食べてもらいたいメニューがあるのよ その名も『ファミリーファンタジー』。

2人分の量にするわね。美味しいわよ〜。

ねっ! これにしましょう」とほぼ強引(笑)に決められた。

 

「ワインは? 赤? 白?」と聞かれ、「じゃあ赤で」とこちらは決めれた(笑)。

 

家族で経営されている家庭料理のお店(Cafe Palermo)で、ママがとにかくチャーミング。

 

お料理がきて、ママが言った。

「これはアルメニアの料理で、ここジョージアでは食べられない料理よ。さあ! 食べて」と。

 

 

わたしたち、ジョージアの家庭料理が食べたかったのだけどな。笑。

アルメニアはこの後 行くんだけどな。笑。

 

まあいいや!

おもしろかったらなんでもいい!

 

で、食べた。

4人分はあったと思う。

残すのイヤだからがんばって食べて、マジ動けなくて、部屋に帰ってきた。

 

ちょと寝よ。

 

ロシア民謡の『一週間』って歌あるじゃないですか?

あの生活をおくってます

 

そうそう、ここジョージアはワインの国で、ワインがめちゃくちゃ安いです。

伝票の 3 ってあるのが、デキャンタのワインの値段。

1ラリ、約40円だから、つまり、120円!!!!

と、やっぱりお米文化があって、ご飯、おいしいーーー!

 

トビリシにある Cafe Palermo の「ファミリーファンタジー」

トビリシにある Cafe Palermo の「ファミリーファンタジー」

 

上の写真の春巻きみたいなやつの中身

上の写真の春巻きみたいなやつの中身

 

トビリシ Cafe Palermo のママと

トビリシ Cafe Palermo のママと

 

言葉はわからないんだけど、おしゃべりはできる!

言葉はわからないんだけど、おしゃべりはできる!

 

トビリシ Cafe Palermo の伝票

トビリシ Cafe Palermo の伝票

 

トビリシ Avlabari駅前のケテヴァン女王通りにある「Cafe Palermo」

トビリシ Avlabari駅前のケテヴァン女王通りにある「Cafe Palermo」

 

1月25日/ジョージアで気ままな旅を楽しんでいます

>>> Facebook 1月25日

昨日は動けなくなるまで食べて、ちょと寝たら、夜になってたー。

:

アゼルバイジャンからジョージアへ向かう寝台列車に乗った日のこと。

電車代が思ってた金額より安くて、アゼルバイジャンのお金があまったからと、ごちそうを食べた(この話はした〜)

そんときに、寝台に乗り込む際の2人分の買い出しにと、5マナト(アゼルバイジャン通貨。約350円)だけは残しといてんな。

寝台は14時間ほど乗るから、夜ご飯のほか、ビールにお菓子もちょっと、それから朝になって食べる何かも欲しいやん? ← 同意求む(笑)

 

駅前のスーパーに寄って買い物開始。

まずは絶対に必要なお水。

次にパン。

で、ビール。

・・・って電卓うちながらカゴに入れていってたら、この時点でもうビールを買えるだけのお金がない?

チーズやハムなんて、夢のまた夢。

食べもの・飲みものに囲まれた寝台列車の旅を満喫するには5マナトじゃ足りなかったー。

 

まあでも、しゃーない、しゃーない。

お昼はごちそう食べたんやし(なに食べたか覚えてないけど)

 

それでもね、電卓たたきながら、、、

値段のわからないものは店員さんに聞き(言葉が通じないから、これまた一笑ありで)、、、

お菓子や、チーズみたいななんかも買えたー!

ビールもちっちゃいの1本 買えた!

:

ジョージアでの夜、ご飯を食べに行こうと宿を出て、ATMでお金をおろそうとしたら、、、おりない。

周辺5.6カ所あったどのATMもダメ。

この日は朝からひきこもってて、夜になってやっと「ご飯でも行く?」と動き出したのだけど、なにも食べられないまま、お腹ぐーぐーいいながら寝た。

で、その翌日ってのが、昨日の「ファミリー・ファンタジー』です(笑)。

※ 西欧とかと違い、この町では、ATMはどうやら夜はおりないようで、日中はおりました。

※ 新生銀行など国際カードのキャッシュカードでお金をおろすと、現地通貨がでてきます。

:

トルコでも行く? って寝台列車のなかで言うててん。

ジョージアにある「『天空の町』も行こ♬」とかね。

でも本読んだり、絵描いたり、語り合ったり、ブログ書いたり、オンライン相談受けたり、、、

日常とかわんなくて、フロントに「あしたも宿泊OK?」と聞きにいく毎日(昨夜なんてもう、何も言わなくても「OKだよ〜」って、笑)

一日中ひきこもってたり、、、

お水買いに行くだけやったり、、、

4軒となりのレストランに行ったのみで終わったり。

昨夜、「明日は行こ」って言ってた まりんさんは、お昼過ぎても まだ寝てるしね。

 

お腹いっぱいの日、ぐーぐーの日、織りまざりながら、気ままな旅、楽しんでいます。

 

 バクー(アゼルバイジャン)⇒ トビリシ(ジョージア)の寝台列車

バクー(アゼルバイジャン)⇒ トビリシ(ジョージア)の寝台列車

写真、めっちゃ暗かったから、露出度あげまくってます。
旧ソ連のよかったとこの一つに、「シーツ」があるそうで、今もそのスタイルは引き継がれ、敷き、掛け、枕、それぞれに洗いたてのシーツが配られます。
あと、タオルも。

 

3等車両。座席の下に荷物を入れるようになっている。左側の白いテーブルはたたむとフラットにベッドとなる。

3等車両。座席の下に荷物を入れるようになっている。左側の白いテーブルはたたむとフラットにベッドとなる。

3等の車両。わたしたちはじゅうぶん寝れましたー。
そのうえパスポートコントロールも8時ころになるので朝までぐっすり。

 

バクー(アゼルバイジャン)⇒ トビリシ(ジョージア)の寝台列車から見た朝陽

バクー(アゼルバイジャン)⇒ トビリシ(ジョージア)の寝台列車から見た朝陽

 

トビリシの夕焼け

トビリシの夕焼け

 

上の写真、トビリシの夕焼けを撮った場所と同じところからの夜景。

上の写真、トビリシの夕焼けを撮った場所と同じところからの夜景。

 

トビリシのまちなみ。旧市街と新市街をつなぐKoto Afkhazi St

トビリシのまちなみ。旧市街と新市街をつなぐKoto Afkhazi St

ワイン発祥の地ジョージア。いたるところにワイン屋さんがあって、「飲んでいき〜」って言ってくれるから、お店入って、試飲してます。
で、ベロンベロンになるよっぴー。

 

 トビリシ旧市街のまちなみ。「MS Hostel」が建つ Anton Katalikosi St

トビリシ旧市街のまちなみ。「MS Hostel」が建つ Anton Katalikosi St

 

トビリシのまちなみ。 旧市街と新市街をつなぐKoto Afkhazi St の終わり(始まり)。この先が Liberty Square

トビリシのまちなみ。旧市街と新市街をつなぐKoto Afkhazi St の終わり(始まり)。この先が Liberty Square

 

 ショタ・ラステーブリ・アベニューに面した新市街、トビリシのメトロLiberty Square駅周辺の露天商の本屋さん。

ショタ・ラステーブリ・アベニューに面した新市街、トビリシのメトロLiberty Square駅周辺の露天商の本屋さん。

こんなふうに、本を売ってる露店があちこちにある。
こういう町、大好きなんだ!

 

 ジョージア国立美術館(ナショナルギャラリー)の前にひろがる公園にて

ジョージア国立美術館(ナショナルギャラリー)の前にひろがる公園にて

自撮りの練習をしてるよっぴー(笑)

 

1月25日/トビリシの地下鉄のエスカレーター

>>> Facebook 1月25日

トビリシの地下鉄のエスカレーター、めーーーーーちゃ速くて、乗るの すっごく怖い!!

日ごろ、エスカレーターが「怖い」と思ったことないねんけど、ここのは(今んとこ)世界一怖い!

でも、乗ってみて思った。

乗るときにお湯を入れたら、降りるとき、カップヌードルが出来上がってるぐらい乗るねんな(めちゃくちゃ長くて、この写真で半分ぐらいの地点)

そりゃあ、ゆっくりやったらのびてまうわなって。

 

ジョージアのトビリシのメトロのエスカレーター。写真はアブラバリ駅

ジョージアのトビリシのメトロのエスカレーター。写真はアブラバリ駅

 

1月26日/旅は毎日が初体験!

>>> 親と子が対等であることを肌で知るベストな方法はゼロに立つこと

いま、ジョージアという国のトビリシに居る AI-amのふたり。

重たかった尻をあげて、今日はこの町をでようとしてたんだけど、オペラが今夜、開催されることを知り・・・

今夜、オペラを見に行きます!!!!!(『ロミオとジュリエット』)

わたしも海琳さんも初めて!

チケットを取ることから、服装のことまで、、、なにからなにまでが初めての体験です。

 

どんな服装だったら最低限OKなのか、、、

なにせ、足元スニーカーで、Gパンにダウン。その上にゴアテックのジャケットという着た切り雀での旅なもんで、駅前にあった「H&M」に行きましたーーー!

 

「H&M」に入るのも、そこでお買い物をするのも初めて!

トビリシのメトロLiberty Square駅にある「H&M」。ファッションビルになっていて他にもたくさんのショップが入っている

トビリシのメトロLiberty Square駅にある「H&M」。ファッションビルになっていて他にもたくさんのショップが入っている

 

海琳さんはタイツをはくのも初めて!

かかとのある靴も初めて!

(これだったら、なんとかなるかなあ〜?)

トビリシ(ジョージア)にある「H&M」で買った服とタイツと靴。

トビリシ(ジョージア)にある「H&M」で買った服とタイツと靴。

↑↑ 海琳さんが買った服。

 

トビリシ(ジョージア)にある「H&M」で買った服とタイツと靴、その2

トビリシ(ジョージア)にある「H&M」で買った服とタイツと靴、その2

こちらはよっぴーが買った服。

 

1月28日/トビリシ・オペラと大衆メシ屋

>>> Facebook 1月28日

オペラ行ってきたー!

めーーーーーっちゃよかった!!

 

オペラ劇場って舞台からみて半径を描くように左右上階にボックス席みたいなん あるやん?

その席を取ったんだけど、入るときドアを開けてくれるんだね。

なんか「ほぇ〜」やった。

 

そうそう、宿で、オペラに行くとき降りていったら、フロントにいつもいる宿主に爆笑された!

腹抱えて笑いはったから、わたしも大笑いしたけど、そんなに へん〜? 笑。

 

「H&M」で買った15ラリ(日本円 約600円)のワンピース。馬子にも衣裳というやつかな。感慨深いや。

:

地元のめし屋さんみたいなとこで、ジョージアの料理も食べたーーー!(ファミリーファンタジーじゃなくて笑)

地元の通りを歩いて見つけた一軒。

「ここ、ぜったい ええで〜」と思って入ってみたんだけど、やっぱ直観は裏切らないよね。(※ 帰国後調べてみました。Racha(ラチャ)という名まえのレストラン)

ヒンカリ(ジョージアの代表?メニューのひとつ)が売り切れてたのが残念だったけど、何書いてるのかわかんないメニューみながら適当に注文したどれもが、めっちゃおいしかった!!

 

「H&M」で買った服

「H&M」で買った服

部屋をでるまえに撮った1枚。レストルームで撮っているのは部屋の照明じゃ暗すぎたから。

 

「H&M」で買った15ラリ(日本円約600円)のワンピースと40ラリ(日本円約1600円)の靴

「H&M」で買った15ラリ(日本円約600円)のワンピースと40ラリ(日本円約1600円)の靴

馬子にも衣裳! 600円衣装でなんとかなりました〜。

 

ジョージア トビリシにあるオペラハウスにて

ジョージア トビリシにあるオペラハウスにて

 

ジョージア トビリシにあるオペラハウス

ジョージア トビリシにあるオペラハウス

東京にあるオペラ座には行ったことがあるから、造りは見たことあったんだけど、やっぱ、「わぁ〜」ってなった。
開演前。次々と観客がやってくる。

 

 ジョージア トビリシにあるオペラハウス。迫力!

ジョージア トビリシにあるオペラハウス。迫力!

 

ジョージア トビリシにあるオペラハウス。上階だったからオーケストラも見えた

ジョージア トビリシにあるオペラハウス。上階だったからオーケストラも見えた

 

ジョージア トビリシにあるオペラハウス。 休憩中にて

ジョージア トビリシにあるオペラハウス。 休憩中にて

 

ジョージア トビリシにあるオペラハウス

ジョージア トビリシにあるオペラハウス

部屋(ボックス席)に通じる廊下。初のレッドカーペットを歩いたぞ笑。

 

ジョージア トビリシにあるオペラ劇場の入り口前

ジョージア トビリシにあるオペラ劇場の入り口前

 

トビリシ Mikheil Lermontovi St にあるレストラン「Racha(ラチャ)」

トビリシ Mikheil Lermontovi St にあるレストラン「Racha(ラチャ)」

路地裏の食堂「Racha(ラチャ)」。Mikheil Lermontovi St にあるんだけど、ちょっとわかりずらいかも?
鉄道駅近くには日本人に人気なレストラン「Churri」がある。

 

 レストラン「Racha(ラチャ)」のメニュー

レストラン「Racha(ラチャ)」のメニュー

 

トビリシ Mikheil Lermontovi St にあるレストラン「Racha(ラチャ)」の店内とママ

トビリシ Mikheil Lermontovi St にあるレストラン「Racha(ラチャ)」の店内とママ

ママ。チャーミングで、すごく人当たりのやわらかい人だった。

 

 トビリシ Mikheil Lermontovi St にあるレストラン「Racha(ラチャ)」で食べたお料理

トビリシ Mikheil Lermontovi St にあるレストラン「Racha(ラチャ)」で食べたお料理

頼んだメニューは写真に撮っといたけど、いかんせん読めない笑。
スープとサラダとポテトの上に乗ってるのはハンバーグみたいなかんじのもの。

 

ヒンカリ

ヒンカリ

これは違うお店で食べたヒンカリ。めーーーーーーっちゃくちゃ美味しい!!
小籠包に似てる。

 

1月29日/「旅」と「旅行」と深話

>>> 思わず笑ってしまう!子育てを楽しむ輝かしい秘訣を見せちゃいます

部屋の居心地がよすぎて長居していたジョージア・トビリシからやっと尻をあげ、アルメニア・エレバンに向かおうとバスの出発を待っていたときのこと。

あ、バスといっても

bus-306857_640

↑↑ こういうのではなく、
こういうの ↓↓

鉄道駅にて。トビリシ➡︎エレバン行きの乗合いバス、「マルシュルートカ」。

鉄道駅にて。トビリシ➡︎エレバン行きの乗合いバス、「マルシュルートカ」。

 

ようは車ですね。

これは乗合いバスで、旧ソ連地域では「マルシュルートカ」と呼ばれるそうです。

 

乗合いバスは、人数が集まったら出発します。

出発時間がきても、人数が集まらないと出発しません。

※ 海外ではよくある乗合い。人数が集まるまで出発しないけど、逆に人数が集まったら定刻より早くっても出発しちゃいます。そのため、定刻に間に合うようにバスターミナルに来たのにバスはもう出たあと… なんてこともざら。

 

つづきはこちら

思わず笑ってしまう!子育てを楽しむ輝かしい秘訣を見せちゃいます

 

1月31日/大金持ちになっちゃうイラン

>>> Facebook 1月31日

アルメニアからバスに揺られること24時間。山、山、山、、、ひたすら山を越えてイランに着いた〜。

寒いし、お酒のまれへんし、スカーフせなあかんし、ヒップラインも隠さなあかんからめんどくさいけど、楽しい!!

:

そうそう、こっちにいると大金持ちになるーーー!(笑)

イランは国内のATMやクレジットカード会社のみだから、観光客等が使用できるのはイラン通貨(リアル)だけなんですね。(日本での両替もNG)

こっちに着いて、持ってきてた200ドルをリアルに変えたんだけど、インドネシアルピアと同じで、リアルは数字(単位?)がデカイから、なんと! 札束の厚みが4〜5センチもあったー!

財布に入らない? (1リアル 約0.003円)

 

紅茶を頼んだら 50.000リアル。

地下鉄1回乗るのが 98.000リアル。

宿なんて 3.000.000だよー。

ゼロが何個もついてるから(そんな数字に慣れてへんから)いち、じゅう、ひゃく、せん、、、って数えやなわからん笑。

つか、数字までペルシャ語やから、パンひとつ買うにも値段がわかんなくて、数字だけは覚えた!

 

まだまだ厚みのあるお金(笑)ポケットに入れて、ふたたび散歩に行ってきまーす。(ネット やっとつながった)

 

イランリアル。100000リアル、約300円

イランリアル。100000リアル、約300円

100000リアルを山ほど持ってるねん! 大金持ちや。
ちなみに100000リアル、約300円(笑)

 

イランリアル。50000リアル札と硬貨の5000リアルと2000リアル。

イランリアル。50000リアル札と硬貨の5000リアルと2000リアル。

♡の反対、かわいい!
これは数字の「5」で、「・・・・」が「ゼロ」の数。50000とか、5000とかの意味。

 

ペルシャ語の数字

ペルシャ語の数字

「いくらですか?」って聞いて、言葉わかんないから いつもはメモに数字を書いてもらうんだけど、ペルシャ語で書かれてもわからん?
ほんま、必要なもんは学ぶ!
ペルシャ語の数字だけは、なんとか覚えたぜ!

 

イラン語、ヘイリーマムヌーン「ありがとう」とサラーム「こんにちは」

イラン語、ヘイリーマムヌーン「ありがとう」とサラーム「こんにちは」

カンニング。
「ありがとう」と「こんにちは」をいつもこうやって手のひらに書いてるねん。

 

イラン(テヘラン)地下鉄メトロの切符

イラン(テヘラン)地下鉄メトロの切符

イラン(テヘラン)地下鉄メトロの切符はペラペラでレシートみたい。

 

アルメニア(エレバン) ⇄ イラン(テヘラン)を走るバス

アルメニア(エレバン) ⇄ イラン(テヘラン)を走るバス

ジョージア ⇒ アルメニアとは違って、アルメニア ⇒ イランはこのでっかいバス。
24時間ほど乗るんだけど快適で苦にならず。

 

アルメニア(エレバン)→ イラン(テヘラン)を走るバスが昼食タイムを取った休憩所

アルメニア(エレバン)→ イラン(テヘラン)を走るバスが昼食タイムを取った休憩所

めーーーちゃくちゃ高い山々を見おろす、さらに高い山のてっぺん。
空まで近かったーーー!

 

アルメニア(エレバン)→ イラン(テヘラン)を走るバスが夜食タイムを取った休憩所

アルメニア(エレバン)→ イラン(テヘラン)を走るバスが夜食タイムを取った休憩所

アルメニアからイラン行きのバスでの休憩レストランにて。
長い時間乗っていると、わたしたちのほかに5人しか乗っていなかったのもあって、みんな親しくなって修学旅行みたいだった。

 

大衆レストランで食べたイランのご飯

大衆レストランで食べたイランのご飯

上の、アルメニア(エレバン)→ イラン(テヘラン)を走るバスが夜食タイムを取った休憩所のレストランで食べたイランのご飯。
ビーフ(ハンバーグみたいな味)がライスの下にズズーんと横たわってて、その上に このライスがドカ〜んとのる。
で、ライスの上にバター?みたいなものがのってて、それをライス全体にまぜて食べる。
おいしい!
ただ、写真じゃわかりにくいかもだけど、すっごい量です! 3人分ぐらいの量。

 

 イランのレストランのメニュー兼伝票

イランのレストランのメニュー兼伝票

伝票にレストランのメニューが全部載ってあって、これ合理的だよね。
ただ、なーーーーーんもわからん。バスで一緒だった人たちが親切にいろいろと教えてくれて、注文とかもしてくれた。
で、食べたのが上の写真のん。

 

2月1日/世界一美女が多いといわれているアルメニア

>>> Facebook  2月1日

コーカサス3国のアルメニアもよかったよー!(コーカサス3国・・・アゼルバイジャンとジョージアとアルメニア)

アルメニアは世界一美女が多いといわれてるそうで、「ほんと、そうだと思う! 」と頷けるほど、ゆく人、ゆく人、めーーーちゃくちゃ美人さんだった!

(3日ぐらいアンパンマンみたいに顔かえてみたいわ。でも、そしたら戻ったときショックやろなあ。笑)

 

以前イスラエルに行ったとき、アルメニア人地区も訪れてはいたんだけど、アルメニアは世界で初めてキリスト教を国教とした国で、歴史を読むと興味深い。

そのアルメニアとアゼルバイジャンは国同士の仲がすごく悪く、特にアゼルバイジャンのほうが嫌ってる度合いが強い。

そのため、この3国を回るのであれば、アルメニアの後でアゼルバイジャンに行くのは避けたほうがいいそう。

ジョージアは、アゼルバイジャンとアルメニアとは仲がいいけれど、ロシアとはダメで、アルメニアはトルコと不仲。

。。。。。

。。。。。

アルメニアで初めてシェアタイプのアパートに泊まった〜。

これ、おもしろい!

3組が泊まれるのね。で、わたしたち含めて3組がこのときも泊まってたんだけど、たまたま3組とも似たり寄ったりの英語力なもんだから、話がはずむ、はずむ(笑)

 

ほかには物価が安くて、写真にあるレストランで「もう食べられない!」ってほど食べて、飲んで、ふたりで1000円ほど(ジョージアも安い)

まちなか至るところに広場があってね、すごく綺麗な町だったー。

オペラもあったんだけど、滞在中はやってなくて残念!

 

アルメニア・エレバンのメイン共和広場の夕暮れ

アルメニア・エレバンのメイン共和広場の夕暮れ

 

Saint Gregory The Illuminator Cathedralの夕暮れ

Saint Gregory The Illuminator Cathedralの夕暮れ

 

エレバン、リパブリック・スクエアにあるガバメント・オブ・ザ・リパブリック・オブ・アルメニア

エレバン、リパブリック・スクエアにあるガバメント・オブ・ザ・リパブリック・オブ・アルメニア

エレバンの建物は地元産のバラ色の凝灰岩を使った建築物で、印象的な街並みをつくっている。

 

正面がエレバン・オペラ劇場

正面がエレバン・オペラ劇場

 

エレバン・オペラ劇場の横にあるアイススケート場

エレバン・オペラ劇場の横にあるアイススケート場

 

エレバンにある「5th Floor Guest House Yerevan」

エレバンにある「5th Floor Guest House Yerevan」

矢印のところが借りた部屋。エレバンにある「5th Floor Guest House Yerevan」、気に入ったー。

 

エレバン「5th Floor Guest House Yerevan」のなか

エレバン「5th Floor Guest House Yerevan」のなか

 

エレバン「5th Floor Guest House Yerevan」のキッチン

エレバン「5th Floor Guest House Yerevan」のキッチン

 

エレバン「5th Floor Guest House Yerevan」で借りた部屋

エレバン「5th Floor Guest House Yerevan」で借りた部屋

部屋のなかを撮ってなかったから、まりんさんのしごと姿を(笑)

 

エレバンにある「Artashi Mot」。「5th Floor Guest House Yerevan」のすぐ近く

エレバンにある「Artashi Mot」。「5th Floor Guest House Yerevan」のすぐ近く

「Artashi Mot」のお兄さんと店内。

 

エレバンにある「Artashi Mot」のお料理

エレバンにある「Artashi Mot」のお料理

このスープ、すっごくおいしかったー。
横に写ってるのはジョージアでも食べた「ヒンカリ」。これ、ほんとにおいしい!!

 

肉を直火で焼いてくれる「Artashi Mot」。注文したのはチキン。

肉を直火で焼いてくれる「Artashi Mot」。注文したのはチキン。

直火で焼いてて、めちゃおいしい。チキンの下にあるナンみたいなのがこれまたおいしくて、これに巻いて食べたりします。

 

「Artashi Mot」のメニュー。これがアルメニア語の文字体

「Artashi Mot」のメニュー。これがアルメニア語の文字体

 

2月1日/「海外あるある話 その5」ぐらいの話。イラン編

>>> Facebook  2月1日

スーパー(といっても今の日本にあるようなスーパーではなく、20年ぐらい前までは都心にもあった『ヤマザキ』みたいな、パンや雑貨が売ってる小さなお店)で、お菓子とお水を買ってんな。

128.000リアルやったから、130.000リアル払ったら、お釣りの代わりにガムが手のひらに乗せられた。

:

お釣りがないのって海外ではよくあるじゃないですか。

なんで日本じゃありえないんだろうね。

「国民性」っていうこたえが欲しいんじゃなくて、それがなんでなんだろう? と思う。

 

ちなみに、2000リアルは約6円。

日本のような国はほかにもあるのかな?

 

テヘランのミニミニスーパー。日本のコンビニみたいなかんじかな

テヘランのミニミニスーパー。日本のコンビニみたいなかんじかな

 

 愛知県名古屋市西区にある丸川製菓株式会社のフーセンガム

愛知県名古屋市西区にある丸川製菓株式会社のフーセンガム

手のひらにのせてくれたガム。
懐かしいのと同時に「ええーーー」ってなった。イランでマルカワのガムと出会うなんて、なんかすごくない?

 

2月3日/ただいまー

>>> Facebook  2月3日

ただいまーーー!

よっぴー、まりん、無事に帰ってきました!!

 

行ったことのない国に行くと、服を着た自分や、着ている服の種類が、否応にもくっきりと見えだしてくる。

それは「傲慢」だったり、「常識」とかいうやつだったり…。

つまんないのは「繰り返される毎日」ではなく、厚着してしまっている自分に気づけないから。

 

悲しくなるのは生きてる証だし、嬉しい気持ちになるのも生きてる証。

おなかが減るのは最もたるもので、(わたしにとっては)最大の証は「ドキドキ」すること。

 

行ったことのない国は、その「ドキドキ」の連続。

ドアの開け方がわからないんです。

だからこそ、こ〜かな? あ〜かな? と四苦八苦して(=着ていた服を脱ぐこと)ドアを開けられたとき、ドアの向こうにある真っさらな自分と出逢える。

真っさらな今日と出逢える。

 

ドアは意識なく ひらくものじゃなくて、自分の手でひらいている。

 

27459294_550069892028202_6432941838426983841_n

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です