子どもが起きない? 朝起きられない? わが家の子どもの起こし方




am3こんにちは。

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

わが家にあるものと、わが家にないもの。

第一弾、自由と責任について、わが家の朝の風景より。



目覚まし時計

「なぁ、ぼく用の目覚まし時計買って! 明日から自分で起きたいねん」

息子がそう言ったのは、年中(幼稚園)のとき。以来、一度も彼を起こしたことがありません。

息子は 小学生のときに公の学校へ行くのはやめました が、幼稚園はもとより、小学校に行っていた間も、親であるわたしが子どもを起こす、という行為はわが家にはありませんでした。

 

はじめての「起きてこない」日

ONのし忘れや、鳴ったアラームを消して、また寝て……などで寝過ごして、起きないと間に合わなくなる時刻になろうと、それでも起こしたことはありません。間に合わなくなったあとも、もちろん起こしません。

でも、彼が遅刻したのは1回だけでした。

 

学校に通ってたころ、彼は家を7時49分に出はるんですね。マンションの下で7時50分に友だちと待ち合わせています。

たいていは7時20分には起きてきますが、「起きてこない」を経験した初体験の日のことです。7時30分になっても起きてこない…、40分になっても起きて来ない…。

 

子どもを信頼する方法?

「どうしたらよっぴーのように、子どもを信頼できるのですか?」と聞かれることはよくあります。

小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話 にいただく感想のなかにも、「どうしたら子どもを信頼できるのですか?」といったご質問は目立ちます。

でもわたしは、はじめから子どもを信頼できていたわけじゃないんです。

7時30分になっても起きてこない…、40分になっても起きて来ない…。起こそうか、起こさないでいようか、迷ったことをよーくおぼえています。

 

迷いの正体

わたしは、「起きてこない」にはじめて直面したその日に、迷った結果、起こさなかっただけです。

なぜ起こさなかったのか?

「なんで起こさなきゃいけないんだろう?」と考えました。

「起こそうか、起こさないでいようかということを、なんで自分は迷っているんだろう? 迷いの正体はなんなんだろう?」と。

 

「人を信じる」という力

初体験のその日、息子は7時48分に起きてきました。

起きてきて、トイレへ行って、電光石火の早業で服を着替えて玄関にむかう彼は、こう言いました。

「7時に目が覚めてんけど、なんか寝つかれへんかって、今朝まだめちゃ眠たかったから、アラーム48分にしてギリギリまで寝たった。いまのでぐっすり寝れたわー! 行ってきまーす!」

 

わたしを信頼してくれていた(お母さんは自分を起こさないでいてくれるという信頼)息子。

もし起こしていたら…。

 

頼まれたら起こします

夜、「もう寝なさい」も言ったことがありません。

(それは娘である星山まりんさんも同じで)彼・彼女らは、「なんで起こしてくれへんかったぁん!」と言ったことがありません。

「もし(わたしが)起きてたら、○○時に起こしてもらえる?」と頼まれ、その重役を引き受けたときは、声かけますが。まあそれでも、起きとったらね。

 

自由と責任

昨日、11時から会議があったんですね。そのため家を10時に出る。。。

目覚めたら11時40分でした (つ﹏<)・゚。

子どもたちは起きていて(というか昨日は家に居てて)、わたしが10時に家を出なきゃいけないことも知ってました。

「なんで起こしてくれへんかったぁ~ん。起こしてくれたらええのにぃぃぃ!! 」は、ここには無い。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点