しっかりした子はいい加減な母親から育まれる




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

ストレスフリーで能天気だったり、常識に縛られていなかったり、真面目すぎなかったり、、、

親がテキトーだと、子どもも、のびのび、いきいき、しっかり育ちます。

子育てに「しつけ」は不要なんだから、むずかしく考えないで、肩の力を抜いて子どもとの暮らしをたのしもう。



こどもの自発性や自主性が育つとき

子どもが起きない?! 朝起きられない?! わが家の子どもの起こし方 の記事を読んでくださった方から質問がきました。

どうして、こどもさんは自分用の目覚まし時計を買ってって言ったのですか? と。

 

あいや〜
そこですか?
そこ ふれちゃいますか?(笑)

 

なぁ、ぼく用の目覚まし時計 買(こ)ぉて! 明日から自分で起きたいねん

おとなになった息子がそう言ったのは、幼稚園年中のとき。

以来、一度も彼を起こしたことがありません。

 

当「オヤトコ発信所」の子のほう、まりんさんが書いた記事↓↓↓

あわせて読みたい

親はなぜ朝、子どもを起こすのか? うちに「家族を起こす」がない理由

 

為すことによって学ぶ(Learning by doing)

その日の朝、寝過ごしたんですね、わたしが。

 

お母さん、お母さん! ピンポーンなってるよー

息子の声で飛び起き、玄関を開けると、、、

幼稚園の先生がそこに立っていた(幼稚園はバス通園で、バスの乗り場にわたしたちが居ないので、先生は家まで来てくれた)

 

あっちゃー! やってしまった。

先生に「3分だけどうか待ってください」とむちゃなお願いをして、ダーーーッシュです。

 

2147941分半で作った夢も希望もないお弁当をリュックに入れ、なにごともなかったかのような満面の笑顔で、バスが見えなくなるまで手をふり見送りました。

そう、この日は遠足だったんです。

そしてなにを隠そう前の日も寝過ごしていました。つまり2日蓮ちゃんだった。

 

降園した息子が言いました。

なぁ、ぼく用の目覚まし時計 買(こ)ぉて! 明日から自分で起きたいねん

 

いやほんと失敗は経験のもと

ジョン・デューイ(哲学者)じゃないけど、為すことによって学びますね。

 

こどもというのは4歳からは「おとな」だとおもっているよっぴーが書いている記事↓↓↓

あわせて読みたい

4歳というのは、母と子が入れ替わる時

 

子どもにとっての『自慢』の母親になる方法

自分の失態は棚に上げて言いますね。

こどもをちゃんと育てなくちゃとか、「母親」をがんばらなくちゃとかいう気負いはいりません。

 

わたしたち親子(吉田晃子・星山海琳)の共著『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』 で、

まりんさんが書いている「子どもにとっての『自慢』の母親になる方法」の章のところが好きなんですね。

その通りだなあ、とおもう。

親を敬わない子どもがいるとしたら、それは親が子どもを敬っていないからじゃないかとおもいます。
(中略)
もし母親が、子どもが持って帰ってきたテストの点数とか、成績とかいったものに誇らしさを見出すのなら、子どももきっと、たとえば料理が上手だとか、きちんと掃除してくれているだとか、あるいは「やさしい」「きれい」とか、そういうことでもって母親を誇らしくおもうんじゃないか、という気がします。夫婦関係でもおなじかもしれません。
それは、その人自身ではなく、その人がもたらす効果、能力を見ているということです。

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』69ページより

 

優劣ありきではなく、先に、母親・父親、子どもの存在ありき。なんですよね。

 

 

親なんてテキトーぐらいがちょうどいい

親の存在は軽いにかぎるよね、ってことを綴った記事 で、心配しちゃダメな理由をくわしく書いているのだけど、

完璧を求める子育てをしている人は、「子育て」と「しつけ」を履き違えているのかもしれません。

ちゃんとしなかったら◯◯に笑われるとか、後ろ指さされるとか言うけれど、笑ったり、後ろ指さしたりしているのは世間ではなく、自分自身です。

 

子育てはむずかしく考えない。

「〜ねばならない」から卒業して、肩の力を抜いて子どもとの暮らしをたのしも、ねっ。

 

関連記事
>>> ねこと暮らすように、こどもと暮らそう
>>> 制服は征服!「母親」という制服を着ていると子どもにも「子ども」という制服を着せてしまう

 

地毛ではありません。カツラです。

地毛ではありません。カツラです。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点