ねこと暮らすように、こどもと暮らそう




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

ねことの暮らしと、こどもとの暮らしは似ているなあ、とおもいます。

ねこを飼っている人や、飼ったことがある人は、こどもとの関わりもねことのようにすれば、「子育て」はとってもラクになる。



ねことの暮らしと、こどもとの暮らしは似ている

ねこと暮らすようになってつくづく思うのは、「ねことの暮らしと、こどもとの暮らしは似てるなあ」です。

お家にねこがいる方なら「そう、そう!」ってなるとおもうのだけど、ねこと暮らしていて、ねこが自分にとって困ることや、手を焼かされることでも、腹が立ったり、イライラしたりしないじゃないですか。

「なんでこんなことするの💢」とか、「何回言ったらわかるの💢」とか言って、ねこを怒ったりしない(しつけない)

 

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』でわたしは、「こどもを怒ったことがない」(叱ったり褒めたりもない)と書いています。

だもんで、そのことについてトークライブ等で「どうしてですか?」や「どうしたらこどもを怒らなくなりますか?」と訊かれるのだけど、それって、ねこに対して怒らないのといっしょでした。

ねこもこどもも、しつけは要らない

甘えたいときに甘えてきたり、要求があるとき自分の要求を伝えてきたり、、、

そうかとおもえば、溶けだした春のように満足して駆け出していったり、、、

「育ち」を見ていると、うれしい。

 

ねこもこどもも、しつけは要らないですね。

怒らずに話せばいいだけで、こどもに対して怒るのは、百害あって一利なしです。

 

どうしてこどもを怒ってはいけないの?

どうしたらこどもを怒らなくなるか、、、
どうしてこどもを怒ってはいけないのか、、、については、オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」で、根っこから勉強しあっています。

詳細はこちら
>>> https://ai-am.net/iifune1127

たとえば、マスク

ちょうど昨日、こんなことがありました。

布マスクの、耳にかけるひもを一部分、わが家の吾輩さん(ねこ)に食べられちゃったんですね。↓↓

 

吾輩は、ひもが大好き!

登山家、ジョージ・マロリーの「なぜ、山にのぼるのか。そこに、山があるからだ」じゃないけれど、吾輩はそこにひもがあると食べちゃいます。

そのことを知っていながら、ついうっかり机のうえに出しっぱなしにしてました。

 

こんなの、「なんでこんなことするの💢」と言って怒るようなことではないじゃないですか。

わたしのすることは、吾輩を怒ることではなく、説教したりでもなく、ひとえに「置かない」。これに徹することです。

たとえば、救急車

「何回言ったらわかるの💢」には、こんなこともありました。

先日、息子の具合がわるくなり、救急車をよびました。

いつもは、スーパーに行ってくるね、今日は zoom があるよ、あの音はヘリコプターの音だよ、など、吾輩に逐一話すんだけど、このときリビングでぐっすり眠っていた吾輩に、「いまから救急隊員の人が家に来ること」を話すのをすっかり忘れていた。

吾輩が受けるであろう恐怖を、すこしでも軽くすることも忘れていた。

 

救急車が止まり、リビングで横たわる息子へ向かって、ドタドタと危急の風が吹いたとき、吾輩はパニックを起こした。

(ねこと暮らすようになってからはじめての救急車で、このときになってやっと、吾輩には事前に、いつものような穏やかさで事情を話して、別の部屋に移ってもらわなきゃいけなかったことに気づいた)

幸い、吾輩は息子の部屋に飛んで逃げていったので、そのまま部屋の扉を閉めた。

 

息子とわたしが乗った救急車が去ったあと、家にはまりんさんが残り、

まりんさんはすぐさま息子の部屋に行ったが、吾輩がどこにいるのかまったくわからない。

名まえを呼んでも、返事はない。

ベッドの下も、ふとんのなかも、押入れも、、、どこをさがしてもいない。

 

吾輩さんは用心深いねこで、保護されたとき、近くに吾輩のきょうだいとおもわれる仔猫たちが、あたまを食べられたりして死んでいたそう。

きっと、どこかに隠れていたんだろう。その警戒心の強さが吾輩のいのちを救った。

 

なんども、なんども、名まえを呼びつづけていると、やがて吾輩がまりんさんのまえに姿をあらわした。

まりんは抱きしめ、やさしく、やさしく、事情をはなした。

 

翌日のこと。

窓のむこうで救急車がサイレンを鳴らして通り過ぎていった。

すると吾輩がまたこわがった。

こわがって、まりんの胸にからだをうずめた。

 

まりんは言う。

「こわいね、こわいね」と。

「だけどあの救急車はうちには来ないよ。今度もし、また救急車がくるようなときは、そのときは先に吾輩に話すからね」

 

その日、サイレンを鳴らした救急車が、何度か通りすぎた。

そのたび、おなじことがくりかえされた。

 

その翌日も、救急車はいそがしくしていた。

吾輩は、薄れてはきたが、それでもまだ恐怖に敏感でいた。

そのたび確かめ、甘え、寄り添い、偽りのないことばを交わす。

 

数日後。

ふと、救急車の音がきこえてきても、以前のように、いささかも動じない吾輩にもどっていたことに気づいた。

こどもは日々に新しい

このとき、おもったんです。
ねこもにんげんもおなじだなって。

相手(こども)にわかるようにきちんと説明することで、

相手が安心するまでしっかりとむぎゅ〜、することで、こどもの魂に「恐怖」は残らない

 

まりんさんは、一度だって吾輩に「だいじょうぶだよ」とは言わなかったんですね。

「救急車なんて、こわくないよ」とは言わなかった。

 

よくある光景に、

注射をこわがるこどもに、親が「こわくないよ」「痛くないよ」「だいじょうぶだよ」と言っているのがあります。

パパとママがけんかをしていて、こどもが「どうしたの?」と聞くと、「なんでもないよ」「だいじょうぶだから、あっち行ってなさい」ってのもあります。

 

だけど「だいじょうぶ」かどうかを定めるのは、自分なんですよね。親でもだれでもないです。

「その時」抱いた恐怖を、こども自らが「だいじょうぶ」とおもえるまで、お母さんのやわらかな胸(精神性や抽象的な意味も含む)にいさせてあげればいい。

 

こどもにイライラしたり、「子育て」がどうしていいかわからないのって、「ねばならない」思考が働き、

「子育て」しなきゃっておもうから。導こうとしちゃうから。

 

ねこと暮らすように、こどもと暮らそう。

ふと気づくと、わが子は安心して、また一足先に明日へ踏みこんでいきます。

 

関連記事 ↓↓↓

親子の信頼関係を築くためにはどうしていけばいいのか?前編。そもそも「信頼関係」って何?

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点