「一度決めたことをやっぱりやめる」はダメなことなんだろうか?(後)




ammこんにちは、

AI-am(アイアム)の
星山 海琳 です。

 

昨日の記事(「一度決めたことをやっぱりやめる」はダメなことなんだろうか?(前))のつづきです。



「簡単にやめられないこと」

4月のうんざりをあやすのがゴールデンウィーク(かも)で、そもそもどうして「うんざり」が起きるかというと、おそらくそのどれもが「簡単にやめられないこと」だから、という話でした。

学校や会社っていうのは、なんだか、そうそうの理由じゃやめられない。そんな決まりはないけど、なんとなく、そういう感じ。

でも、ほんとうに「簡単にやめられないこと」なんだろうか?

考えがころころ変わる

たしかに、会社や学校を「行くのがめんどくさいからもうやめる」は、短絡的すぎるのかもしれません。

でも自分がそれについて抱く、意味とか、価値、効果、そういうものを「めんどくささ」とかいった 「いやな気持ち」が上回ってしまうなら、それでいいんじゃないでしょうか。学校だって、会社だって。

「いやな気持ち」を上回る意味や価値があるなら、なんやかんやと愚痴を言いながらも、本気でやめようなんて思いません。

 

自主的にやめた会社や学校に対してやっぱりもう一度働きたいんですけど、通いたいんですけど、と言ってもなかなかむずかしいだろうし、親にはびっくりされるかもしれません。

びっくりというより、責められるかもしれない。

でも、「一度決めたことをやっぱりやめる」っていうのは、だめなことなんだろうか?

 

日常でもなんとなく、わるいイメージがあるような気がします。

昨日はみんなで海に行くって話に決まったのに、次の日にやっぱり山に行きたいとか言い出すと、なんとなく顰蹙を買う。さっきと今で言ってることが違う、とか。口に出る考えがころころ変わるタイプ。

ひとは変わるもの

必ずしも、なんでも素直に言うのがいい、ということはないかもしれません。「よけいなこと」っていうのもまあ、少なからずあります。

でも基本的に、ひとの気持ちとか考えっていうのは変わるもので、変わって当然だし、変わらない部分があるのもきっと当然です。

食べものや衣服の好みが変わる。昔はそんなにいいと思わなかった小説や映画を、時が経って好きになる。

 

ひとは生きているし、街も時代も生きているから、季節や草木も変わるし、さっき誰と話したか、どんな音楽を聴いたか、朝なのか夜なのか、たっぷり眠ったのか全然眠れなかったのか、いつでもまったくおなじ自分なんてはずがありません。

仕事や学校が楽しみだったけど、あるいは楽しかったけどイヤになったとか、きらいだったひとをなにかの拍子に好きになったりとか、もちろんその逆だって、なんにもおかしくない。

対象がどんなものでも。十人十色とかいって、ひとそれぞれの答えがあるというなら、ひとりの人間のなかにも、無数の答えがあって、あっちを向いたりこっちを向いたり、ときにはどっちも姿をみせていたりする。

変わることがいいこと、というわけではないけど、変わっちゃいけないものなんて、ないように思います。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点