6年分の算数を3日でクリア!小中高には行かないで大学に行った娘の話(算数篇)




am3こんにちは、

AI-amの
よっぴー です。

 

小学校、中学校、および高校も魅力を感じなかったため通わず(学校側からみれば不登校)、高卒認定から大学受験に挑んだ娘、星山まりんさんの話。算数篇です。



世界一素敵な学校、サドベリーバレースクール

アメリカ・ボストンにある学校、サドベリー・バレー・スクールについて書かれた『世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語』という本のなかに、

算数をマスターしたいとおもった12人の子どもたちが、6年間かけて学ぶはずの算数を、24時間で習得したことが書かれています。

1回につき30分、週2回。これが24週。トータルすると24時間。

サドベリー・バレー・スクールのスタッフであるダニエルさんたちは、ある種の奇跡のようにもおもえた成功に驚き、打ち上げパーティを開くほどのよろこびだったそうだ。

 

1週間後、初等数学教育の専門家で、長年にわたり公立学校で教えてきたアラン・ホワイトさんと話をする機会があり、ダニエルさんは驚異の算数のことを語って聞かせた。

ところが、アランさんは別に驚くことでもなんでもない、と言う。

「教科それ自体は、そんなに難しくないんです。

では何が算数を難しく、ほとんど不可能にしているかというと、嫌で嫌で仕方ない子どもたちの頭に、無理やり教科を詰め込んでいく、あのやり方のせいです。

毎日毎日、何年もの間ずっと、少しずつハンマーでたたき込んでいけば、さしもの子どもたちもいずれ覚えるだろう、というあの考え方です。

しかし、うまく行くわけがない。

だから、見てごらんなさい。この国の6年生の大半は、数学的な意味で文盲じゃないですか。

結局、わたしたちがなすべきこと、それは、子どもたちが求めたとき、求めるものを与えることなのです。そうすれば、まあ、20時間かそこらで、彼・女ら、きっとモノにしてしまいますよ」。

(引用:『世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語』)

 

ダニエルの文は「今や、わたしもそう考えています。」と続き、以降、サドベリーバレースクールではそれ以上の時間がかかったことはないと書かれている。

 

サドベリーバレースクール

 

算数は3日もあれば習得できる事実

わたしも、いまではそう確信しています。

 

足し算・引き算からはじまって、かけ算・わり算、分数に小数点……。

小学校で習う算数を、3日で終えたまりんさん。

初日は12時間ぶっ通しでした。翌日は4時間。翌々日は3時間ほど。時間にすれば約20時間です。

 

つまりは、6年間かけて学ぶはずの算数は、じつは、たった20時間で! わずか3日で! クリアできるものだったということです。

 

好奇心の虜になれば、時計はなくなります。

あるのは、ただただ完全なる集中。

目の当たりにした集中力や吸収力は、すごい!! の一言でした。

 

高認試験(旧大検)

魅力を感じなかったため、小学校、中学校、および高校には行かなかったまりんさんが、大学に行こうと思い立つ。

 

高校を卒業していないひとが大学にいくためには、高校卒業程度の学力を有することを認める「高校卒業程度認定資格(以下、高認試験)」が必要となります。

そうして高認試験に合格すると、高校を卒業したひとと同様に、大学受験ができるしくみです。

 

高認試験の合格に必要な科目数は、8科目~9科目(※平成25年度まで。平成26年度からは8~10科目)。

必ずしも学校で身につける必要はない、という実例

彼女は、数学、英語、国語、 世界史B、地理A、現代社会、生物Ⅰ、地学Ⅰ、この8教科を選びました。

この8教科を、2ヶ月半の期間で勉強し、8教科すべてを一発で合格 したのですが、7+8=? この足し算がわからないレベルからのスタートでした。

 

それでも20時間たらずで算数をクリアし、2ヶ月半で全8科目の合格をはたしました。

小学校一年生から学校へ通わず、一切の勉強をしてこなくても、学力(学ぶ力)があれば、12年間の科目勉強は2ヶ月半でできる、という実例でもあります。

まとめ

8教科のうち、英語、国語、 世界史B、地理A、現代社会、生物Ⅰ、地学Ⅰの7教科は独学だったのですが、数学だけは数学の先生から教わりました。

数学のうち、算数はわたしと勉強したので、3日、約20時間かかりましたが、数学が大好きなプロに教えてもらえば、もっともっと短時間で習得できたとおもいます。

なぜなら、教えてもらった 中学、高校で習う数学にいたっては、わずか12時間で習得 したからです。これ、スゴいなっておもう。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点