学びは手段ではなく目的。成果へ先回りせずに子どもと遊ぼう




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

小中高には行かず、好奇心に身を任せて「やりたいことをやる」「やりたくないことはやらない」をしてきた星山海琳(まりん)さんの「学び」「学び方」が顔をだした会話から、おもったことを書いています。



カリキュラムや評価がないところで育ってきた人の「学び」「学び方」

昨日のこと。

まりんさんが牛乳の紙パックを開けているときに、これまでに行った海外のいろんな牛乳容器のことを思い出して、あそこはあーやったな、こーやったなと、牛乳の開け方の話になり、、、

あー、海外いきたい! ってなったんですね。

 

 

このときのおしゃべりは、単純に旅好きだから、もういいかげん日本の外に出たいぞーって話だったのだけど、

まりん さんが話している牛乳パックの開け方のことって、他者が定めたカリキュラムや評価がないところで育ってきた人の「学び」「学び方」であり、

やりたいという気持ちを自分の内側にもっていた人/自分の内側にもっている人 の話だなあ、と思ったのでした。

内発的動機付け – 学ぶ意欲は自分の内側にもっている

この「やりたいという気持ち」は学ぶ意欲のことであり、とんでもなく、すっごく、すっごく大事なものだと思うんですね。

ちいさな年齢のこどもなら、だれもがもっています。

学ぶ意欲を、自分の内側にもっています。

○○したい! ◇◇したい! その動機は、学ぶことそのものを目的とする内発的動機 (好奇心や探究心など自分の内側から沸き起こる欲求)です。

 

ところが年齢があがるにつれて、内発的動機からくる「学びたい欲」は薄められていくんですよね。

外から、上から、させられることが増えてきて。

小学校に行けば、(学習指導要領に沿って)宿題もあるしね。

外発的動機付け – 学ぶ意欲を切り落とす

こうして、学ぶ意欲の動機は、学ぶことを手段とした成果や評価を得るための外発的動機 (報酬や評価、罰則や懲罰といった外側からの働きかけによる動機付け)になっていきます。

テストの点数がよかったらゲームを買ってもらえたり、わるかったらスマホを取り上げられたり、ってやつね。

受験で合格したあと、燃え尽き症候群のようになってしまったり、、、なんてのもありますね。

 

そんなじゃね、そりゃあ、学ぶことがおもしろくなくなります。

小学校では、その漢字を習うまでは、(ほんとはもう漢字を知っている)自分のなまえでも、ひらがなで書かなきゃいけないじゃないですか。

ああいうのって、学ぶ意欲をしょげさせられちゃう。

 

なにかに興味をもった。それは、牛乳パックを開けてみたいといったような、とてもささいなことかもしれないけれど、

内発的動機からきた知的探求は、それ自体がよろこび なんですよね。

 

自分が欲していること、やってみたいこと、知ってみたいこと、そういったことをこども本人自らが感知して、知っていく、やっていくことは、本当に大切なことです。

「学ぶ」をさせようとして親が先回りをすると、やがて内発的動機からくる学ぶ意欲を切り落とすことになってしまいます。

「やりたいという気持ち」学ぶ意欲が消えていく

仮に、こどもがいろんな国の牛乳パックを開けてみたいから、いろんな国に行ってみたい。連れていってほしい」と言ったら、どうだろう?

はあ? しょーもな、って思っちゃう大人がいるんじゃないかな。

あるいは「いろんな国の言葉を知ってみたいから、いろんな国に行ってみたい。連れていってほしい」と言ったら、どうでしょうか?

 

海外旅行にかぎらず、どこかに行ってみたい、なにかをやってみたい、習ってみたい、などなどをこどもが言うとき、親は、その動機や目的に焦点をあわせ、YES/NO を決めがち です。

親の価値判断になってしまっているんですよね。

そして、NOが続けば、やがてこどもは「〜してみたい」とは言わなくなっていきます。どうせまた、「そんなしょーもない理由じゃダメよ」って言われるんだろう、と。

子どもと遊ぼう

親はよく、「学ぶ」を先に持ってくるけれど、

「学んだ」は、いつもあとからついてきているもの です。

 

親心で、あれを学ばせてやりたい、こんな経験をさせてやりたい。そんな意図でもって海外旅行へ連れて行ったり、動物園に連れて行ったりします。

けれども、親が想定したことをこどもが学ばなかったら、せっかく連れてきてあげたのに、っていらついちゃったり。

以前の勉強会で、わたしが息子のことを話したのもまさにそれでしたよね(次回の勉強会のお知らせは こちら です!)

 

「学び」を先に用意せずに、こどもと遊ぼう。

自分の思い込みを超えて、子どもの姿から愛を学んでいこう。そう思います。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

ABOUTこの記事をかいた人

1996年生まれ、25歳。小・中・高へ通わず、デモクラティックスクールで育ち、一切の勉強もしてきませんでした。 17歳のとき、2ヶ月半で高卒認定試験に合格し、現役で大学へ入学。