< 12/26・27 > オンライン勉強会「こどもが信頼する親 ー 愛するひとにあたたかい毛布をかけ続けるために」開催のお知らせ




amam
こんにちは、

AI-am(アイアム)のよっぴーまりんです。

 

2020年12月26日(土)、12月27日(日)、オンライン勉強会「こどもが信頼する親 ー 愛するひとにあたたかい毛布をかけ続けるために」を開催します!

 

こどもはどんな親なら信頼するんだろう?

自分のなかにある本当とウソを受け止めて、こどもも親もあたたかい、愛のなかで毎日を暮らしていきませんか。



親がこどもにおくっているものへのお返し

こどもが、摘んできた葉や花を「はい、これあげる!」と親にくれるのって、どうしてなんでしょう。

そこには、なにが満ちているんだろう?

 

それは、親が日ごろからこどもにおくっているものへのお返し なんだと思うのです。

わたしたちはじゅうぶんにこどもを愛しています。だからこどもは、すてきだと思った葉や花を摘み、わたしたちにおくってくれる。

 

愛すること、愛しきること

子育ては、「この子をどう育てるか」ではなく、「この子との関係を築いていく」ということ。

こどもとのその関係をつくっていく「言葉」は、時にあたたかい毛布にも、冷たいナイフにもなります。

 

愛するこどもに冷たいナイフを投げかけてしまう瞬間が、なぜあるんだろう?

 

こどもを信頼することは、簡単です。むずかしいのは、「信頼しきる」こと。

愛も同じ。愛することは簡単、むずかしいのは「愛しきる」こと

愛しているひとを愛しきるためにわたしたちは、自分のなかにひそんでいる、冷たいナイフを溶かしていく必要があると思うんです。

あたたかい毛布をかけ続けるために

親はみんな、こどものためのあたたかい毛布を持っていて、それをこどもにかけています。だからこどもは、自分がすてきだと感じたものを、親に分けてくれたりもする。

でも、親はときどき疲れたり、焦ったりして、愛するこどもに冷たいナイフを向けてしまう

 

「親だって人間」というのは、もちろん、本当です。

けれど、「だから冷たいナイフもしかたない」のではありません。親になってはじめて親の気持ちがわかる、ともいうように、「親も人間だったんだな」とこどもが思えるのは、ずっとあとの話。

3歳や5歳、10歳、15歳のこどもにとって、そうは思えません。

こどもがいつかわかってくれたら、それはそれでいいかもしれない。けれど、それまでのあいだに親から子へ向けられた冷たさを、なかったことにはできません。そんな冷たさは、必要ない。

親だって人間だからこそ、人間として、親になるんですよね。

 

毛布なら探さなくても、みんな持っている

ときどき、あたたかい毛布ではなく冷たいナイフを向けてしまうのは、自分のなかにそのナイフがあるから。なら、そんなものは溶かしてしまえばいい。

そうしたら、いつだってあたたかい毛布をかけ続けてあげられる

愛したい、愛しているひとを、愛しきることができる。

毛布なら探さなくても、みんな持っているからです。それは、親自身にとってのよろこびでもあります。

 

この勉強会では、「自分のなかにひそむ暴力性に気づき、受け入れ、溶かしていくこと/言葉のなかでこどもが育っているということ」について勉強します。

こどもはどんな親を信頼するのか、こどもが健全な「大人」になるために親がするべきことはなんなのか?

非暴力によってよりよい関係をつくっていくということ、こどもは自動的に「大人」になれるわけじゃないということ、親自身が自分の感性を信じること……。

 

自分のなかにひそんでいる暴力性、攻撃性、支配欲。それらは時には必要かもしれない、だけど愛するひと、家族、こどもとよりよい関係を築き、ともに生きていくためには、まるで不要なものです。

そのためにわたしたちができることを、またひとつ扉をあけて、一緒に考えあっていきませんか。

こんな方はぜひぜひ参加してね

  •  こどもの育ちを見守っていきたいひと
  •  こどもとともに育ちあっていきたいひと
  •  こんなとき、こどもにどう接すればいいんだろう? と思われているひと
  •  最近反抗的なこどもとの関わりに悩んでいるひと
  •  「ついつい言っちゃう」自分を変えていきたいひと
  •  自己肯定感の高め方に関心があるひと
  •  こどもに見られている後ろ姿を、いま以上に澄ましていきたいひと
  •  こどもへの言葉かけに関心があるひと
  •  子育てが大変、むずかしいと思っているひと
  •  子育てに迷っているひと
  •  自分の時間がなくて、子育てにいらいらしているひと
  •  これからも今の関係がずっと続いたらいいな、と思っているひと
  •  「友だち親子」や「仲のいい親子」ではなく、一人と一人として、誰よりも信頼しあえる関係でありたいひと
  •  今日の幸せが明日も続いてほしい、十年後もよりよくなって続いていてほしい、と思っているいひと
  •  「尊重ごっこ」「信頼ごっこ」をやめたいひと
  •  尊重する、信頼するってどういうことなんだろう? と関心があるひと
  •  これからもこどもとの過程を楽しんでいく支えがほしいひと
  •  これまでの子育ての日々に後悔があるひと
  •  前回の勉強会『引き出す親・寄り添う親-子育てとはこどもとの関係を築くこと』に参加してくださったひと

そのほか、ご関心のある方、興味をもたれた方、一緒に勉強してくださる方、どなたでも大歓迎です!

詳細・お申し込みはこちら

オヤトコ発信所と勉強会 Vol.5
「こどもが信頼する親 - 愛するひとにあたたかい毛布をかけ続けるために」

 

日時:2020年12月26日(土)・27日(日)
各日 5:00〜 オンラインにて視聴可能(各回・約60分)
【 1日目/12月28日(月)23:59
  2日目/12月29日(火)23:59
までご覧いただけます!】

参加費:4,200円(2日間通し・後日の動画メッセージ付き)

 

今回も、ご関心を持ってくださる方がご自分の予定にあわせてご覧になれるよう、リアルタイム配信ではなく、当日含め3日間はいつでも動画を観ていただけます。

オンライン開催につき、課題の提出をお願いしますので専用フォームから送ってくださいね(内容は本編でお話します)。

後日、みなさんからいただいたご回答へのお返事として、よっぴーまりんが動画メッセージをお送りします!

 

☆ 2日間を通しての勉強会となり、どちらか1日のみのご参加はできません。
☆ キャンセルや見逃しにともなうご返金はいたしかねますので、ご了承ください。

お申し込みは、以下、Paypal「今すぐ購入」ボタンよりお進みください。*お申し込みは12月25日(金)23:59まで

☆ 銀行振込をご希望の方は、aiam.life365@gmail.com へご連絡ください。

 

お支払完了後、Paypalからのメールとは別に、AI-amからご案内と確認のメールをお送りいたします(24時間以内※2)。
このメールをもちまして、ご予約完了となります。

※1 Paypalに登録されているメールアドレスへご連絡いたしますのでご注意ください。
※2 24時間が経ってもこちらからの連絡がない場合は、お手数ですが aiam.life365@gmail.com へお問い合わせください。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

ABOUTこの記事をかいた人

1996年生まれ、25歳。小・中・高へ通わず、デモクラティックスクールで育ち、一切の勉強もしてきませんでした。 17歳のとき、2ヶ月半で高卒認定試験に合格し、現役で大学へ入学。