教育は誰のためにある? 誰のための教育なのか?

restaurant-449952_640

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

子どもの豊かさをまもる会話術とあわせて、子どもと遊ぶというのはどういうことか。教育とは誰のためのものなのか。そういったことを書いています。
 

ヨロコビわけあたえてくれるレストラン

6年ほど前の春のある日のこと。ヨロコビわけあたえてくれるレストランに出逢いました。

レストランは公園の砂場です。

 

砂場で腕をふるうシェフ(女の子)は、差し出したお料理の出来をお客さん(その女の子のお母さん)に尋ねています。

お客さん(母) 「おいしーです。チーズが口の中でとろけて絶妙なハーモニーですわ」

シェフ(子) 「満足してもらえてうれしいわ。じゃあ次はキャベツをあえたパスタね」

 

眺めるわたしの視線にシェフは、プロ意識を弛まさず声をかけてきました。

「空いてますよ。いらっしゃいますか?」

はい、と即答し、注文をお願いしました。

「わたしもキャベツのん、お願いします」

 

このお母さん、言わなかったんですよ。

「こらこら○○ちゃん、やめなさい!」とか、「どーもすいません。ほんと この子ったら…」とかのせりふを。

それにね、してなかったんですよ。

「そこにいてるだけ」や、ケータイいじりを。

 

遊ばせてる.じゃなくて、遊んでた。

「一緒に居る」というのは、<今 ここ>に心が一緒に在るときをいうのだとおもうのです。

 

遊びと会話は学びの要

「教育 (education)」という言葉の元来の意味はラテン語から来た言葉で、“ 無知から導きだす ” という意味だそうです。

でもそれは、おとなが子どもを無知から導き出す、というものではなく、子ども自身が(おとなもだが)自分で自分を導くもの。そう考えるわたしは、人生を通じて遊びほど大事なことはない、とおもっています(あと、「会話」と)。

なぜなら遊び(&会話)は学びの要なのだから。

だから子どもがなにかして遊んでいるときに、それを妨害する、なんていうのは、 ― たとえば宿題だったり、お風呂だったり、、 の他の行動(たいていは親がしてほしいとおもっていること)をするよう言ったり、助力を求められていないのに、口出ししたり、手を出したり、etc…  当たっていた宝くじをパァ~にするより残念なこと。つーか、罪でしょ。学びの権利を奪うなんて。

 

寝食も忘れてゲームをしている…。

そう、遊びによって学んでいるもの、それは集中する能力。焦点を絞る能力。

失敗しても失敗しても途中で投げ出さない ひたむきさや、倦むこともなければ急ぐこともない いちずさでもって。

 

問題解決能力が伸びる遊びは、豊かな知恵を生む貴重な財産

キャベツをあえたパスタができたとき、「あ゛あ゛あ゛~ なんかちゃうねんなぁ」と独り言をつぶやいた女の子。

シェフ 「お味のほうは いかがですか?」

わたし 「ん~~~ なんかね、クリームの味が勝っちゃって春キャベツが かくれんぼしてるみたい?」

シェフ 「あーーー やっぱり!(中略) ねぇ、明日も来れる? おいしいの作れるようになりたいから!」

 

遊びは常に未知の世界が広がっていきます。

自らが自らに評価を下しながら、どんどん自分で難しいことを増やし、さらなる高度なものを目指して。

最大の遊び道具、想像力を超えた創造力をもって。

 

「学びたいこと」からスタート

やりたくない!! と「 我の世界 」は知っているのに やっていること、たとえばそれが学校の勉強ならば、やりたくない勉強をしている暇があったら やりたいことをやれ!! なのであります。

教育は誰のためにある? 誰のための教育なのか?

親が決めた、そして国が決めた「教えるべきこと」から学びはスタートしていますが、「学びたいこと」からスタートすれば、自ずと自分の本当の姿や職業というものに辿り着きます。

学ぶ人が学びの主役です。

 

砂場のレストランでシェフが「キャベツ どれにしよ~」と言ったとき、そのお母さんはこう言いました。

「キャベツをどれにするのか、考えているのね」

豊かにさせる美しさは、親としてのプロ意識の高さで、自分花を咲いていた。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です