ゲームやお菓子、子育ての方針は親自身の価値観を見つめなおすことからはじまる。

flag

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

子育てに、どんな方針をお持ちでしょうか。
どんな方針であれ、それが、不安が募るばかりに誰かから借りてきた方針では、子どもの関係は弱まる一方です。

たいせつなのは、自分の価値観による、自分の方針であること。

子どもを惑わせる方針

子育てって、いろんな方針がありますよね。

親御さんのそれぞれの価値観にもとづいて、いろんな良し悪しがあります。

価値観が多様である以上、どんな方針がいい、とは一概には言えません。
誰かにとっての好ましい方針が、誰かにとっては信じられないほど劣悪だったりする。

昔から、あそこは教育熱心だねとか、あそこは放任主義だから、とか言うし(「教育」って、「放任」ってなにか、ということはさておき)。

共通する正解がないからこそ、自分の価値観にそって生きれば、ひとと関わっていれば、それでいいと思う。

問題があると感じるのは、「自分の価値観」というやつをよく見失ったりそもそも自分の価値観がじつは自分のものではなかったりして、子どもを惑わせるときです。

 

こんなときは、誰かの方針が役に立つ

誰かの方針が、即席の助けになるってことは、とても危険です

なんらかの不安があるとき、自分の内部に答えを探しにいくのでなく、外部に答えや助けを求めることが、特に最近はとても多いなという気がする。

それはもちろん、そういう教育を受けてきたからで、各個人のせいではないのですが。

外部の力が役に立つのは、自分とおなじ価値観を持つ誰かが、自分よりもそれに長けているときです。
(あとは、自分を知るために、いろんな価値観を材料にしたいときにも。)

疑問や相談を、適した相手にたずねるとか。
弟子入りをするっていうのも、おなじことかもしれませんね。

で、これのなにが危険で問題なのかというと、たとえば、えーと、よく悩みの種になる、ゲームYoutubeタブレット、あるいはお菓子などの食べもの

 

ゲームやジャンクフード、お菓子に夢中の子ども

ゲームや、Youtubeタブレットといったインターネット関連のことはほんとうに、現代では切っても切れない悩みですね。

最近になって普及したものだし、ゲームといってもハードはどんどん新しくなっていくし、親である自分にとって未知のものに対して不信感を抱くのも、当然のことかもしれません。

食べものも、からだにいいものを食べてほしいと思っていても、子どもがジャンクフードスナック着色料盛りだくさんのお菓子を好むのでどうしたものだろう、ということがよくあります。

そしてたとえばこういうものを、どうしたらいいかわからないから、といろんな方針を取り入れると、子どもとしてはものすごく、困る

 

方針は標識ではなく旗

止められなければずっとゲームをしているような子どもが、

「ゲームはよくないから禁止」
「ゲームしててもいいって聞いたから、好きなだけしていいよ」
「そんなにずっとやるなんて思わなかった、不安だからやっぱりダメ」
「やっぱり1日3時間ならいいよ」

みたいなことを繰り返されると、正直とても、迷惑なわけです。

(そもそも子どもがやっているゲームに口を出すっていうのは、わたしの価値観にはないことなんですが、それはまた別の機会に。)

自分軸を育んでいこうとしていたり、学ぼうとしていたりするなかで、具体的な方針がずれることは、もちろん不思議じゃありません。

けれども、不安だけにもとづいて方針を取り入れていると、また湧き上がった不安に応じて、またまた別の方針を取り入れなければいけなくなる

 

方針って、標識のようなものじゃなく、旗のようなものだと思うんです。

意志をいつでも確認できたり、視覚化されたり言語化されることで、より自分に力をくれるようなもの。
それって、借りものでは力にならない

もちろん、旗があれば子どもにそれを押しつけてもいい、ということとは違っています。
でも、まずは、借りものではない自分がいないと、「自分そのもの」の子どもと向き合うこともできません。

自分の旗を見つけることは、自分軸をつよく育むということでもあって、子どもからの信頼を築くことでもあると思う(好まれるかどうかは、また別のはなし)。

 

今日の本

それでいい。/細川 貂々,水島 広子

「当たり前の気持ち」を受け入れると、人生がラクになる。そのヒケツは、対人関係のズレと役割期待にあり!! “ネガティブ思考クイーン”の漫画家・細川貂々が、精神科医で「対人関係療法」の第一人者・水島広子に会いに行く、等身大の成長物語。

「それでいい」はお守りの言葉になりました。そのままの自分を認められるのって楽なんです。安心出来るんです。今は「自分を認める練習」を始めて9ヶ月になるんですけど、ようやく「こんな自分がいてもいいのかも」と思えるようになりました。生きにくくて辛い人は自分を認めることから始めてください。過去は変えられないけど、未来はいくらでも変えられる。未来をどうしたいかは、今を大事に生きることで変わって来ます。今の自分を認めて大事に思ってください。著者より(細川貂々)

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です