フリースクールの作り方。資金と人はどうやって集めるか?とこれからの時代に応じた「フリースクール」の創り方

lifree

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

サドベリースクール・デモクラティックスクールや、フリースクール、フリースペース等の作り方について、個別でご相談を受けたり、LINE@ にご質問をいただいたりします。

 

前回の、『 フリースクールを作るのに必要不可欠なものは何か?何から始めればいいのか? 』につづき、

今回は、
フリースクールの作り方
資金と人はどうするの? そのノウハウについてです。

と、

これからの「フリースクール」についておもうこと。

 

資金と人

フリースクールを作るのに必要不可欠なものは何か?何から始めればいいのか?

2018.08.17

↑↑ で、
どうやったらフリースクールが創れるか?
なにから始めればいいのか?

のご質問に、
子どもさんと本気で遊んだらいい と、こたえました。

フリースクールを作るのに必要不可欠なのは、本気力のあるスタッフだ、と。
お金ではありません、と。

 

で、まあ、そのうえで、
具体的にどうやって資金と人を集めるのか?

 

資金はどうするのか?

CCD04FD7-3832-435E-893A-DFEE94048136

いただいたメッセージにはつづきがあり、

この方は、わたしだったら「こう答えるな」と思うことは、すでに実行されています。

 

  • 近隣のフリースクールにお話を聞きにいく

 

でもって、そこで資金についてのこたえをいただかれています。

  • 自己資金でやる
  • 助成金を得る
  • 寄付金を募る
  • 給料は無給(人件費はゼロ)

 

足すとしたら、

  • 補助金の申請
  • クラウドファンディングの利用
  • 出資者や後援者(パトロン)をさがす
  • 融資を受ける・借金をする

あたりでしょうか。

 

この方は、あと、

  • フリースクール全国ネットワークのフリースクールスタッフ講座も受ける

とのことだったので、もうね、わたしがこたえることはないですー。

講座がどんなだったのか、むしろ聞いてみたいです。

 

フリースクール開設・開校資金

  • 自己資金でやる
  • 助成金を得る
  • 寄付金を募る
  • 補助金の申請
  • クラウドファンディングの利用
  • 出資者や後援者(パトロン)をさがす
  • 融資を受ける・借金をする

 

必要なのは開設・開校資金より、開校後の維持費

メッセージには、

「ラーメン屋を作るにはどうしたらいいか、世の中にはいろいろ情報もありますが、フリースクールを作るには、具体的にどんな手順を踏んだらよいか?」

とありますが、

ラーメン屋さんもフリースクールも手順は同じです。

 

ラーメン屋さんをしようと思ったら。。。
すべき準備を書き出して動いていきますよね?

  1. お店のコンセプト
  2. 開業資金はいくら必要
  3. 繁盛店や競合の調査
  4. 店舗物件の調査
  5. 事業計画の立案
  6. 物件契約から内装・外装の施工
  7. メニュー開発
  8. 仕入れ先の選定
  9. 人材採用
  10. etc

 

ラーメン屋さんは、個人事業の屋台であったとしても、リヤカーや備品、食材等がいりますが、

フリースクールの場合、上記の1番があれば、はじめられます!

自宅や公園、川、町、神社、図書間、、、地球のフィールドをつかって、どこでだって活動できます。

開校はしたものの、メンバー(子ども)がひとりもいなくっても、

または、自分ちの子どもだけであっても、財政難は免れ、スクールをつづけられます。

 

問題は、2〜10番を軽視して、固定舎を借りる、または購入した場合です。

メンバー(生徒)が0人であっても、家賃・光熱費等の経費が、毎月必要になります。

また、自分以外のスタッフを雇うのであれば、人件費が必要です。

フリースクールの場合、開業資金は、極端な話、0円で済みますが、その後の維持に財政難を抱えます。

 

給料は無いと考えてください。

 

人はどうやって集めるか

どんな商売であれ、最大の悩みは集客ですよね。

の事業計画の立案に含まれる売上予測を詳細に、根拠がある数字を出してオープンしたラーメン屋さんでさえ廃業していく店舗はたくさんあるじゃないですかー。

 

フリースクールも同じです。

思いついた数字や、理想の数字を出して、子どもさんが来る見込みがないのに始めちゃうのは、厳しいです。

信頼ゼロからのスタートであればなおさらです。

 

新しくできたラーメン屋さんなら、まあ、気軽に入ってもみれるけど、フリースクールはそうはいきません。

フリースクールの場合、オープンするために人を集「め」るのではなくて、(オープンを望む)人が集「ま」っているからオープンするんです。

 

A町にあるフリースクールでスタッフとして関わっていたけれど、
C町やE町から2時間以上かけてくる4人の子どもたち・親たちの要望から、E町にもフリースクールを作ります。

とか、

わが子が不登校したおかげで入会した親の会で出会った仲間(3組の親子とか)と、
◯◯で、△△な、そんなフリースクールを作ります。

とか、

不登校している子どもたちと家庭教師などなんらかの関係で関わっていて、
「他の子どもたちとつながりたい」と望む子ども(親も)たちが5人ほどいます。

などなど。

 

開校する前から、あなたに「人」がついている。

あなたが開校するスクールに「入るよ!」と言って待ち望んでいる「人」をつくることです。

 

3つの協和音がこれからの「フリースクール」を創っていく

上述で、

> 思いついた数字や、理想の数字を出して、子どもさんが来る見込みがないのに始めちゃうのは、厳しいです。

と書きました。

 

これね、子ども(生徒)がいないと、なにが厳しいかっていうと、

スタッフ意識が育たない、ということともうひとつ、

経営者(運営者)意識が育たないことです。

 

不登校のほとんどがフリースクールに通わない理由は3つ以外にもあった! 』の記事で、

フリースクールに通っている不登校は、わずか2~3%程度で、その理由には3つのハードルがあることプラス、

デバイスは9割がたスマホの時代に、スマホで見たときのデザインを考えていない、フリースクール業界のウェブサイトの古さのことを書きました。

 

♫ カサブランカ ダンディじゃないけれど、「あんたの時代はよかった〜」んであって(教育的情熱の高い人で成り立っていた)

これからの時代に、

信頼ゼロからのスタートで、

ましてや、運営が成り立っていくだけの売り上げの目処(つまり生徒数)がたっていないのであれば、経営力は必須です。

 

教育理念を実践する力のある人と、経営理念を実践する力、ほかにももうひとつあるけど、それぞれの情熱の高い者たちが不調和音を出さなかったら、

これからの時代に応じた「フリースクール(自由な学校)」が生まれていくんじゃないのかな、と思っています。

※ フリースクールの本来の意味は、自由な学校という意味でした。

 

不登校している子どものためだけではなく、「多様な教育のひとつ」を、ふやしていくためにも。

 

☆ 各スクール設立等のご相談も承っています。
人を集めるといっても具体的に何人ぐらいをいわれているのか、、、
どのような理念やモデル、ビジョンをもたれていらっしゃるのか、、、
また、都心で開こうと考えられているのか、自然豊かなところでなのか、
何歳ぐらいの子どもを対象にされているのか、
ブログやSNSの活用はされているのか、SEO対策はできているのか、etc、

役立つ情報提案や解決策になるよう、こちら >>> これからの学びについての個別相談 で詳しく聞かせていただいています。

 

今日の本

はじめの一歩を踏み出そう/マイケル・E. ガーバー

職人タイプの経営者が本物の経営者になるために参考とするには最善の書であり、スモールビジネスに関心のある人にもおすすめしたい。
本書によると、米国では毎年百万人以上の人たちが会社を立ち上げる一方、1年目に40%、5年目で80%以上が姿を消しているという。その多くは「事業の中心となる専門的な能力があれば、事業を経営する能力は十分に備わっている」という誤った仮定で事業を始めるからだ。実際には専門的な仕事をこなすことと、事業を経営することは全く別の問題だと述べる。帳簿をつけたり、人を雇ったりと、これまでに経験がないような仕事がわき出してきて、本業に手が回らなくなる。そうならないためには、収益を生み出す事業を定型化して、パッケージにしてしまうことが大事だ。つまり、自分がいなくても、ほかの人が同じように事業を回せる仕組みをつくることだという。そして、「どうすれば、ほかの人に任せても、事業は成長するだろうか?」などの質問を投げかけ、目標設定や組織戦略、人材戦略など、具体的なノウハウを解説していく。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です