子どもが不登校になったことを親(祖父母・義父母)に言うべき?なんて話す?どう伝える?

grandmother-1807515_640

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

不登校のことを、まだ親(祖父母・義父母に話せないでいます。

どのように言えばいいですか?

 

子どもが学校に行けなく/行かなくなったことを、親(祖父母・義父母にどう伝えたらよいか、といったご質問をよくいただきます。

 

これ、「話したい」っておもってるんなら、すでに話してますよね?

「話さなければいけない」って思い込んでいるから、この悩みが生まれちゃうんじゃないのかな?

 

子どもが不登校していることを親(祖父母・義父母に言うべきか、いなか

 LINE@ にも、

来月、実家に帰るのですが、子どもが学校に行っていないことを、親にどう言えばいいか…。

先に電話で話しておいたほうがいいですか?

 

親に本当のことを話すべきか、嘘ついておくか、悩んでいます。

話してわかってくれる母ではないので、言えばこちらが辛くなるのは目に見えてて。

 

言うなら、なんて言えばいいですか?

よっぴーさんはどのように伝えたのですか?

 

などなど、帰省の時期でもあり、このご質問が多くとどきます。

 

この、親(祖父母・義父母に言うってやつね、わたしの考えは、「べつに言わんでもええやん」です。

やりたくないこと、やらんでええやん

と、

もし言うんやったら、それって子どもからやん?」って思っています。

 

不登校は「そんなこと」だから、べつに話さなくてもいい

冒頭でも書いたように、「話したい」っておもっている事柄なら、すでに話してますよね?

「お母さん! たろうが歩くようになったのよ!」

「お母さん! たろうがトイレでうんちをしたのよ!」

「お母さん! たろうがお遊戯で主役のおひめさま役をするのよ!」

「お母さん! たろうが大学合格したわよ!」

などなどと。

 

こんなふうに、事あることに話したくて話している人だったら、なんて言おうか考えるまでもなく話していると思うんです。

「お母さん! たろうが学校に行かなくなったのよ!」と。

 

でもさ、これまでいちいち そんなこと 話さなかったのに、なんで学校に行っていないことだけは話さなきゃいけないの?

不登校なんて そんなこと 程度のものなんだから、 そんなこと いちいち話さなくってよくない?

 

(祖父母・義父母に本当のことを話すべきか、嘘ついておくか、、、 とあるけれど、「話さない」でいるだけで、

嘘ついてないしね!

嘘ついてもいいしね!

 

それにさ、「不登校」ってね、自然消滅するんだよ!

どういうことかっていうとね、

小中高と行かなくても、高校卒業する歳になると、「不登校」も終わります。

 

学校に行っていないのは親じゃなくて子どものほう

子ども自身からみて、「まあべつに僕/私のこと勝手に話されてもええけど…」っておもえることなら、親バカ寛してねってとこだけど、

そうじゃないんなら、「勝手に言うなよ」だよね。

 

 LINE@ にも、「親が自分(子)のことを勝手に話す」(ブログやSNSに勝手に書く、も含む)といった内容のメッセージをいただきますが、これ、ほんと、そうおもう。

浮気といっしょでさ、やるなら(話すのなら)バレずに!!(笑)

 

学校に行っていないことを祖父母に言うんなら、それ、子ども自身からですよね。子ども自身のことなんだから。

(祖父母に言う必要などかんじていない子どもは多いとおもいますが)、

そのうえで、子どもが「お母さんから言って」とあなたに頼んできて、「いいよ」と引き受けたのなら、そこではじめて、

(とはいったものの、、、)わお! なんて言おうー」になる程度のことで。

 

わが家の場合

わが家は、わたしは言わず、子ども(息子)から言ってました。

 

息子
(平日に)おばあちゃ〜ん、温泉行くけど行くかあ?

 

おばあちゃん
あれ、学校は?

 

息子
あぁ? ああ〜行ってないー

てな感じでした。

 

ちなみに、小中高に行かなかった まりん さんが、大学には行ったことも言ってません。

どーでもいいことだから。

 

名言(笑)

(祖父母・義父母に言うのであれば、

子どもが学校に行っていないという事はあらたまって言うようなことではなくて、たわいないおしゃべりのなかで、さらりと言うぐらいでいいとおもうから、

たろうの学校生活はどうなの? 的な会話にでもなったときに、

 

「お母さん(祖母のこと)いまね、たろうは学校に行ってなくて、そのことで大切なことを教えてもらえてる日々なの。しあわせな日々なの」とでも言っとけ、イットケ。

↑↑ わたしが言ったせりふであったりする^^

 

「Doing」や「Having」から「Being」への転換

オンラインサロン「お母さんのがっこう365」 でも、この種の話はちょこちょこ出ます。

先日も、「どうしたらいいですか?」と尋ねるお母さんに、不登校をマイナスに捉えていないお母さんたちが、「うちはこうだったよ」、「わたしはこうしたよ」と経験談を話される。

 

でね、「お母さんのがっこう365」がおもしろいなあ、学びがあるなあ、と好いているのは、

ご相談されたお母さんが、みんなの経験談や意見をきかせてもらって、参考にしつつ、自分はどうするか考えて、、、の前に、

 

なぜ自分は「どうしたらいいか?」というふうにおもったのか(なぜそのようの思考回路になるのか)

なぜ「話さなきゃいけない」とおもっていたのか

視点がそこにいかれるとこなんです〜。

 

こたえ(やり方)だけを求めていたことに気づかれて、そもそも… の根本に目がいくようになる。

「Doing」や「Having」から「Being」への転換。

 

Being(自分の存在そのもの)が確固たるものになったとき、親になにを言われようと、わかってもらえなかろうと、親のことを愛し、ケラケラ笑っていられる自分になるんだと思います。

 

Beingに、価値をかんじることができるようになれば、より心は安定して、らくに生きることができるようになると思います。

 

そんなあなたの姿をみた親(祖父母・義父母が、わかっていく、と思います。

そんなあなたの姿をみる子どもも、わかっていく、と思います。

「自分自身を大切にすること」を。

 

今日の本

あるがままに生きる/足立 幸子

累計25万部超えの大ロングセラー! 「波動」「直観」という生き方を人々に浸透させた必読書! 新しい時代の生き方のお手本になる1冊です。
波動をあげる三つの条件(本書より)
「《あらゆるこだわりを取り除く》ことですね。お金に対する執着、物に対する執着など、あらゆる〔こだわり〕をどんどん取り除いていくのです。欲は、全部捨てる必要はないと思います。これからの〔悟り〕は、昔のように欲を全部捨てて仙人のようになるのとは違うと思うのです。」
「《行動に移す》ということです。ただ頭で考えている方は、これからダメなのですね。知識があって頭で考えているだけの方は、これからどんどん時代の流れに置ていかれます。とにかく「行動に移したり、表現する」ということが、大変大事になってきます。形に表わしたり、言葉に出すことも表現しているわけですね。」
「《深い部分の自分(神我・真我・本当の自分)が望んでいることをやる》ことです。本当にやりたいことをしている人は、生き生きして輝いていますね。《深い部分の自分》が本当に望んでいることを見つけますと、波動はどんどんあがってしまいます。」

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です