不登校の将来が不安でなくなった理由と、どうやって気持ちを切り替えたか?の答え

am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

トークライブでは、いつもご質問をたくさんいただきます。

今回は、時間がなくてそのときお答えできなかった「不登校するにあたり、将来への不安な気持ちをどうやって切り替えたか?」にお答えします。

(ほかにもたくさんあるので、カテゴリーの「みなさんからの質問に答えます」にて順次お答えしていきます!)



「お日様は東から昇り、西に沈んでいく」当たり前さ

ご質問

娘が不登校になったとき、自分の気持ちは「学校に行かせよう」というので一杯でした。
小〜高校まで行かなくて、その間、親としてパラダイスと言われてたけど…。
この先どうなってしまうのだろうと不安でなかったですか? どうやって気持ちを切り替えましたか?

 

あくまでわたしの場合はって話なんですが、

まりんさんの上に息子がいて、その息子が学校に行かなくなったとき、わたしは天と地がひっくりかえりました。

 

それはどうしてか?

学校に行くのがあたりまえだと思っていたからです。

 

どれぐらいあたりまえと思っていたか? というと、

「お日様は東からのぼり、西に沈んでいく」ということを、“信じる” と意識して信じているのではないほどに信じているじゃないですか? たぶんみんな…。

そんなかんじで “信じていた” ぐらいに、あたりまえと思っていました。

 

そんなだったわたしが、どうやって気持ちを切り替えたか? と言うと、気持ちを切り替えたのではなく、切り替わったのでした。

 

1週間で「不登校」が不安ではなくなった理由

気持ちを切り替えたのではなく、切り替わった。

このことは新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の第1章「わたしが1週間で不登校が不安ではなくなった理由」で書いているのですが、

義務教育の義務はこどもにない ことを知ったわたしは、その足で図書館に行き、ずらぁ〜と並ぶ教育関連書のなかからピーンときたタイトルの本『学校を疑う』(佐々木賢・著)を手に取り、読みました。

 

そこには知らなかったことと、うすうす感づいていたことが書かれていたんですね。

知的欲求がムクムクとわきでていたわたしは、『学校を疑う』を読んだあとも、その本に載っていたほかの本をはじめ、たくさんの教育関連の本を読みました。

 

※ 『学校を疑う』に載っていた本 ↓↓↓

 

 

もうね、不安になってるヒマがなかったんです。

気持ちを「切り替えた」のではなく、

知らなかったことを知っていくおもしろさ ➖ たとえば義務教育の「義務」のことや、自分の内を観て、自分の内にあるこわさ(たとえば自分はどうして「学校に行かせよう」とするのか)と対峙していくことで訪れる学びのよろこびをからだで知るおもしろさ ➖ を体験していくうちに、考える視点が切り替わっていたのでした。

 

日々是好日(にちにちこれこうにち)

ふりかえっておもうのは、「学校を疑う」なんてタイトルにピーンとくるところが、「わたし」だったんでしょうね(笑)

学校を休むことへの不安や、抵抗みたいなものは、もともとなかったです。

 

わたしたちは、今日はよい日だったとか、わるい日だったとかっていうときに、ついついその判断は、優劣・損得・是非にとらわれた考え方でしてしまうけれど、

人生には雨の日もあるし、晴れの日もあるわけじゃないですか。

雨の日は雨をたのしみ、晴れの日は晴れをたのしむ。

雨の日に、雨をかなしみ、晴れを乞うているうちは、雨が教えてくれる正直さは聴こえてきません。

楽しみのあるところにある楽しみをたのしみ、 楽しみのないところにない楽しみをもたのしむ。

 

「お日様は東からのぼり、西に沈んでいく」ことには1ミリたりとも疑いをもったことがなかったのだけど、雨の日は太陽がみえないだけだってことは知っていました。

 

「不登校」がパラダイスだったわけ

日々是好日といわれるとおり、

お天気だけじゃなくって、よい一日だとおもうのも、わるい一日だとおもうのも、すべて自分次第なんだと教えられた。。。

好日の「好」は、好悪(こうお)の好ではなく、積極的に生きる決意の “よし” がこの好なんだと教えられた。。。

苦しい状況に置かれても、これ好日、結構なことですと、カラ元気でなく、心から味わえさせてもらえた。。。

だから、「不登校」はパラダイスだったんです。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点