子育てが終わってから後悔しても遅い!子育てを楽しむための1つのありかたと4つの必要なこと

pop-1561906_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

中近東を旅していた先日、旅を楽しむことと、子育てを楽しむことは似ているなって思った出来事がありました。

そのとき、子育てが大変にかんじたり、しんどくなるのは、個人でいく気ままな旅ではなく、パックツアーの旅行みたいになってるからかもしれないなって思ったんですね。

その事から書いた 子育てを楽しむ秘訣。>>>  思わず笑ってしまう!子育てを楽しむ輝かしい秘訣を見せちゃいます 

今回はそのつづきで、じゃあ、その秘訣をいかした 子育てを楽しむために必要なことはなにか? を書いています。

 

結末は描きもらしている

確証はないけれど、旅を楽しめる人は、子育て(子育ち)も楽しめる、と思います。

言い換えれば、旅を楽しめない人は、子育て(子育ち)も楽しめないのかもしれないな? と思うようになりました。

なぜなら、どちらにも「自分以外の存在」がある からです。

 

海外に行って、異文化にふれて、、、みるもの、きくもの、日本と比べること自体は自然なことだと思います。言わずもがな感想を持つこともです。

しかしながら 旅を楽しめない人というのは、比べたところから、その物事に対してジャッジしだします(ジャッジしたあと自分の価値観や都合に正そうとする人はさらに楽しめない)。

 

期待に比べる

たとえばこんなことがありました。

「笑う門には福来たる」笑われることが怖くなかったら人生は楽になる 』で、「ルーム、ブルブル!」が伝わった、と書いた一件。あれには続きがあり、部屋が寒いことをフロントに伝えたら、掛け布団を貸してくれました。

あ、寝るときのことではなく、日中の話ね。

それを「あ〜よかった〜、もうこれで寒くないや」と思うのか、「こんな宿はあかん。けしからん!」と怒るのか。

(日中、ダウンジャケットの上から布団を羽織って過ごしてた。⇒ オイルヒーターはついていて24時間ぐらい経ったころから部屋は暖かくなった)

 

夜になって、リビング側の電球が切れていることに気づいたときは、「電球を替える係りの人は今はいない」(たぶんそんなことを言ったんだと思うw)といわれる。

そんなの日本じゃありえないし、日本だったらまずは丁寧に謝られるじゃないですか。

海外へ必ず持っていく物のひとつに懐中電灯があり、「持ってきててよかったね〜」と 海琳 さんと言い合っていました。

 

日本では通用する常識 + 自分が持つ常識でもって、自分の思い通りになるよう、相手に従わせようとすれば、そりゃあしんどい です。

支配服従関係の比較は、他者の存在を消し、「違い」を知るのではなく、「期待」に依存します。

 

個人でいく気ままな旅とパックツアーでいく旅行の違い

思わず笑ってしまう!子育てを楽しむ輝かしい秘訣を見せちゃいます 』で、子育てが大変にかんじたり、しんどくなるときは、

個人でいく気ままな旅ではなく、パックツアーでいく旅行をしているのかもしれません。ツアーでいく旅行にはゴールが先に設けられているから。と書きました。

 

この一文は、公の小学校へは行かなかった(不登校)当時の海琳さんが、修学旅行の参加を断った際、担任の先生に「公の学校とデモクラティックスクール(サドベリースクール)の違い」を尋ねられたときのもので、

以下が、AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『 小さな天才の育て方・育ち方 – 小・中・高に通わず大学へ行った話 』P.120 よりの全文です。

 

親と子で「いま ここ」をゆく、終わりが決まっていない「」の子育て(子育ち)か、

 

親がゴールをスタート前に用意し、ちゃんと無事にゴールまで連れてゆく「旅行」の子育てか。

 

そんなふうに置き換えて読んでいただけたら、と思い載せました。

(※ 海琳さんはこのときすでに何度も「旅」をしていて、乗り継ぎ便が飛ばなかったり、ストに遭ったりなど、たくさんのトラブルやハプニング、「違い」も経験していた)

旅行か旅か
小学校の修学旅行の参加を断ったときのことです。公の学校の担任の先生に、公の学校と、デモクラティックスクール(サドベリースクール)の違いを尋ねられた娘は、例えに海外旅行を出して、こんなふうに答えていました。

「行ったことのない海外に、パックツアーの旅行で行くのと、個人で行く旅との違いかなあ。ツアーは楽やん。申し込めば、あとは企画にのっかるだけやから。なにもかも決まってて、「楽しい」まで用意されてあるし。

いちばん違うなとおもうのは、ツアーは、ゴールがスタート前に用意されてあるとこ。トラブルやハプニングが起こらないよう注意して、ちゃんと無事にゴールまで行くことが大事。目的を達することが目的やん。

仮になにかトラブルとかがあったって、その処理は旅行会社の人がしてくれる。客は自分では何もしないで、文句は言うけど、でも指示を待ってる。個人やと文句言うてても始まらんから自分らで処理せなあかん。

宿だって、一軒一軒訪ねて、部屋見て、値段交渉して選んでいく。移動も調べる。なにもかもぜ〜んぶ自分らで決める。でもその過程も旅やん。気にいった町なら居たいだけ居たりして、終わりが決まってないねん。

デモクラティックスクールってそういうとこで、迷いながら、話し合いながら行く。それがおもしろい」

引用:『 小さな天才の育て方・育ち方 – 小・中・高に通わず大学へ行った話

 

「旅」の子育て(子育ち)

子育てを楽しむ秘訣は、子どもとの「いま ここ」を楽しむこと です。

たとえば、ピクニックに行ったところ急に天候がかわり雨が降ってきた(こういった経験は多くのかたがあると思う)

そんなとき、干してきた洗濯物のことが脳裏に浮かんだとしてもそのことは口には出さないで、雨を楽しむ。

大きくなった海琳さんといまでもやってるんですが、世界を白くするほどの強い雨が降ると、傘はささずに飛び出して、空を仰いだり、音に唄ったり、大地に寝転がったりして、雨に遊んでもらっています。

 

子どもとの「いま ここ」を楽しむために必要なことは、子育てを「」にすること です。

大人として2020年代、2030年代、、、を生きることになる、今は子ども年齢の人たち。

彼・彼女たちが、不確実な未来を生き抜く力を身につけ、しあわせな人生を切り開けるようになるには、これまでの「旅行」ではない。

 

旅行」の子育てから、「」の子育て(子育ち)に切り替えていくには、「」の子育て(子育ち)をしている人のそばにいくのがいい。

よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」とかね^^

salonbn

 

そうして、

  1. (下記)
  2. 仲間からよい刺激を受けられる環境に身を置く
  3. 視野を広げる
  4. 冒険していく

 

この、4.の冒険 というのは、これまでしたことのなかった「怖いこと」を一日一個していってみたらいいなって思う。

「怖いこと」
たとえば、

  • 500円するチョコレートを買ってみるとか
  • 好きなことをはじめてみるとか
  • 想いをネットにあげてみるとか
  • 「◯◯やっといて」という夫に「NO」を言ってみるとか
  • 子どもの担任に思っていることを話すとか、とか、、、

 

そしてなんたって いちばんの要は、

  1. 睡眠!!

 

これは「旅行」も「」も関係なく、すべてにおいて、なにより大切ですよね。

侮るな。お料理や、おそうじを手抜きしてでも、睡眠はとろうね。

 

今日の本

今日から怒らないママになれる本!/川井 道子

イライラの毎日にさようなら! 子どものダダ、わがまま、ぐずり、やる気のなさ、などなど「とにかくなんとかしたい! 」とアタマを抱える問題も子育てコーチングを使うとすっきり解決! 怒るよりもずっと効き目のある方法で、子どもがみるみる変わっていきます! 子育てがいつのまにかラクになって、子どもの悩みもしっかり受け止めて、子どもを伸ばしてあげられる、そんな子育てコーチング、はじめてみませんか?

 

自分の時間を取り戻そう/ちきりん

仕事よりも、自分優先で生きる方法を教えます!
残業ばかりで限界の管理職、正樹。家庭と仕事の両立に悩む母親、ケイコ。働きづめのフリーランス、陽子。会社が伸び悩んできた起業家、勇二。多忙で余裕のない4人の物語からわかる「忙しさの本質」と「日本で働く人たちの問題点」とは? そして今、世界中で進みつつある「大きな変化」とは? 2つの視点から明らかになる、1つの重要な概念と方法論。超人気“社会派ブロガー”が「現代を生きぬくための根幹の能力」を解説する、大好評シリーズ第3弾!

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です