悩みを解決したいなら、思考を遮っているものに気づこう




ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山 海琳  です。

悩んでいるときは、悩む、という作業しかできません。

わたしたちは、はじめから答えを持っている。
なにかを解決・解消するなら、悩むよりも、答えを見つけ、取り出せるようになろう。



やめちゃった話

前にこんなことがあったので、

1111n-1

↓↓↓ 約2時間後 ↓↓↓

1111n-2

ずいぶん間が空いたけど、このとき思っていたことを書きます。

 

悩んでいるうちは問題は解決しない

世の中いろんな悩みがあるけど、わたしは、悩むっていう経験があんまりないんですよね。
それは、なんか困ったことが自分には起こらないってことじゃなく、悩むという段階をあんまり必要としないってこと。

ここでいう悩みってなにかというと、物理的な問題というよりは、考えようや心のもちよう、自分の行動だけで解決したり解決しなかったりするようなもののことです。

もちろんすべてを例に出すことはできないけど、

「反りがあわない上司/仕事相手」とか「仕事をやめたい」とか、
「険悪な夫婦関係」「どうにも困った友人のこと」
「体型のこと」「性格のこと」、「将来への漠然とした不安」とか、
はたまた「学校に行けない自分」「学校に行けないこども」とか。

悩むことで答えを出すものだと思うかもしれないけど、悩んでいるあいだっていうのは、悩むという作業しかできない
悩むっていうのは、解決をしたり、答えを出すことそのものではないと思うんです。

 

答えを遮っているもの

わたしたちは賢くて、問題が問題じゃなくなる「答え」にあたるものを、はじめからわかっている。たいていの場合。

なのになぜ悩むかというと、その答えが、目に見えないからです。
答えはとっくに持っているけど、何本もの木や枝やに阻まれて、見えない。見えていない。

ちょっとした(根深い)感情とか、正解/不正解とか、固定概念とか常識とか、評価されることとか、そういうものが、木のかたちをしている。

 

木を眺めてうんうんと唸る。練り歩く。
林のむこうにはずっと前から答えがあるけど、見えないから、林を眺めながらぐるぐると同じところを歩くしかない。

それは枝をかき分けて進むことでも切り倒すことでもなんでもないんだけど、必死に歩くあいだ、なんとなく「やってるぞ」って感じがしませんか。疲れるし。

「悩む」って、そんな状態のことじゃないんだろうか。

 

自分のための答えを選ぼう

問題とか、障害とか、困ったことを解消するときにやることは、答えを出すことじゃなくて、(もともとある)答えを見つけて取り出すってことです。

根をはった感情や正解/不正解、固定概念、常識を介さずに、あるいはそれらをちょっとかき分けて進んで、自分が持っている答えを。
その作業は悩むこととは別の作業だし、なにかを悩むほどやみくもなことでもありません。

 

いろんなことに制限を受けたり、身近な誰かや通りすがりの誰かや社会からの評価に頼っている自分が、ほんとに自分のための答えを出せるものだろうか? 悩みはいつも自分のものなのに。

鈍くならないと生きづらい世の中かもしれないけど、わたしたちは本来どおり、賢いままでいいんだと思う。

 

今日の本

「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント / 水島 広子

「友人が少ない人、つまらない人と思われたくない」
「みんな自分のことをブスだと思っているに違いない」
「キャラを演じなくては嫌われる」「メールには即返信しなくては」……。
現代人はなぜこうも「他人の目」を気にするのか? 
要因となる“プチ・トラウマ”とその正体、克服法を精神科医が語る。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点