職業でモノを考えていると、想像力は狭まっていく。新しい仕事は生まれない。

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山 海琳  です。

子どもに「将来、何になりたい?」と聞く。
知り合ったひとに「何をされてるひとなんですか?」と聞く。

それは子どもの可能性や想像力を狭めていくことにほかならない。



わたしたちはいつか《 何か 》になる?

「(将来)何になりたい?」という質問は、子どもにだけ向けられる質問のなかでもとりわけ頻繁に起こる。

そして、なりたいものや将来の夢といった質問はもちろん、
絵が好きな子には「画家になるかもね〜」と言うし、サッカーがうまい子には「サッカー選手になれるんじゃない?」と言う。

 

多くの大人は、ほとんどの場合べつに彼らがほんとうにその職に就くかもと思って言っているわけではなくて、ようするに「それぐらいすごいね」という、褒め言葉のひとつにすぎない(そんな「褒め」ってどうよ、という話は、また)。

 

そんな日々で、わたしたちはごくごく小さいうちから、「いつか《 何か 》になる」という考えかたをしっかりと握らされていく。

大人たちにとっての《 何か 》は職業のなまえにほかならないということも、じわじわと理解していく。

 

職業でものを語っていたら、あたらしい仕事は生まれない

よくある、なりたいものランキング、みたいなやつ。

時代ごとの変化が顕著だっていいますよね。
移り変わりもそうだし、これまでにはなかった職業がランクインしていたり。

 

あれって、ほんとは職業名じゃなくたっていいわけじゃないですか。

大人が職業でものを語るから、子どもだって「どんな職業に就くか」を考えるようになる

いろんな肩書きが増えて、廃れて、変わって、増えてゆく時代の流れのなかで、いま現存する、知っている職業一覧から選ばせているようじゃ、子どもの可能性、豊かさ、はてしなさ、想像力は、狭められていくいっぽうだと思う。

少なくとも、あたらしい仕事なんて生まれやしない。

現にわたしたちは十代になると、自分は《 何に 》なろうかと思い悩む。

 

職業がその人間を表すんだって教えているようなものだ。

もちろん職業による傾向はあるけれど、人間はそれひとつでは表せない。
「よくある職業」では、とくに、わからない。

 

何をしているひとか、ではなく

初対面のひとや……あるいは誰かから誰かの話を聞いているとき、「何をしてるひとなの?」って聞くことがあるじゃないですか、わたしたちは。

それで、医者や弁護士だと聞くと、ははぁ、と漏らし、土方や運送屋だと聞くと、あ、そう……と話が終わる。肩書きで分類をする。そーいうひとね、と。
そんな場面は、いくつもある。

 

職業でひとを捉えるのって、確かにわかりやすいんだけど、でもそれをわかりやすいと思っていたら、わたしの、出逢った目の前にいる誰かをみる力、感じる力は、どんどん錆びていく。

《 何か 》になるまでもなく、というか《 何か 》になったところで、それは洋服や制服にすぎないし。
いいなと思った誰かでさえ、装いを着替えたら誰だかわかんなくなってしまう。

何をしているひとか、ではなく、どんなひとか、を、みていたい。
そうでありたい、と、思う。

 

今日の本

お金のために働く必要がなくなったら、何をしますか?/エノ・シュミット, 山森亮, 堅田香緒里, 山口純

2016年5月、スイス・ジュネーブの広場に巨大なポスターが現れた。
そこには、

What would you do if your income were taken care of ?
お金を稼がなくてよくなったら、あなたは何をしますか?

と書かれていた。
これは、世界で初めてベーシックインカムを求める国民投票を実現させたアーティスト、エノ・シュミットらによる「世界最大の問い」だった。
世界各地で導入の具体的な動きが広まるベーシックインカムは、社会や人間のあり方に何をもたらすのか。
2017年4月に同志社大学で開催されたシンポジウム「エノ・シュミットと語るコモンズ、フェミニズム、ベーシック・インカム」をもとに、4人の執筆者が「世界最大の問い」を考える。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点