なぜ人は謝るのか?コソボのペヤで会った野良犬の話。




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

なぜ、人は謝るのでしょうか?

謝れなかった後悔もあるけれど、謝ったことで自分を省みないこともある。

コソボのペヤという町で出会った一匹の野良犬との出来事と、その出来事から「謝る」についておもうことを書いています。

2020年1月12日 16:13(現地コソボ時間 1月8日 08:13)に綴ったfacebookより



ペヤで出会った一匹の野良犬

ペヤ(コソボ)の町に着いて、アパートまで歩き出していたときのこと。

一匹の野良犬が近寄ってきた。

 

「向こうに行きなさい」てな感じでコラコラってすると、ほんの一瞬、向こうに行こうとして、

向こうに行かずに、戯れてきた。

 

この「戯れる」が、

この町のノラの犬の加減をまだ知らないそのときは、こわくなった。

 

噛まれるんじゃないか?

バックパックの紐を引っ張ったりするんじゃないか?

 

海外の町々ではノラの犬は珍しくなく、ここコソボに限らず、これまで訪れた町では、犬と人間はいい塩梅な距離を保っていた。

その経験があるから、ノラの犬を必要以上にこわいと思ったことはなかったし、そもそも犬は好きだから存在に恐怖はなかった。

未知なるものはこわいけど、見えると(わかると)こわくない

が、このときは、こわくなった。

まったくもって向こうに行かないんだ。

泣きそうなわたしたちのすぐ後ろをついてくる。

 

だから犬に言ったの。

「後ろはこわいから、前を歩いてくれませんか」って。

 

するとどうだろう。犬は、前を歩いてくれた。

 

「すごいなぁ」
「なあ」
なんて言い合いながら、こわさが緩んでいくのを感じた。

 

未知なるものはこわいけど、見えると(わかると)こわくないのは、ここでも同じなんだな、っておもった。

胸が痛い

不思議なことに前を歩くその犬は、

わたしたちの行く先を知っているかのように、「あの角を右に曲がる」ときには、先に右に行く。

 

次の右折も同じだった。

 

やがてアパートに着いた。

わたしたちが言うまでもなく、犬は、アパートには入らず、そこでストップした。

 

アパートの部屋にわたしたちは入り、荷物をおき、各部屋や台所、お風呂場などを見てまわったあと、バルコニーに出た。

 

下を見ると、アパートの入り口で、犬は待っていた。

 

胸が痛くなった。

待っていることに対してもだけど、お礼を言わなかったことや、コラコラってしたことや、つれなくしたこと、あれこれに。

 

30分ほどしてバルコニーから見ると、雪の舞うなか、犬はまだ居た。

1時間後のぞくと、丸くなってまだ居る。

 

どんな気持ちで待っているんだろう?

どうして待っているんだろう?

 

降りていって、「ありがとうね。今日はアパートを出ないから、もうお行き」と言おうか、ともおもったが、わたしはそれをしなかった。

待ち人来たらず

ペヤに滞在中、その道路は幾度となく歩いた。

町をぶらつくとき、

スーパーに行くとき、

レストランに行くとき、

パン屋や八百屋、、、

そのたび、わたしたちはキョロキョロと犬を探した。

 

いなかった。

 

いてほしかった。

どうしてか?

「ごめんなさい」を言いたかったんだ。

 

でも犬は、どこにもいなかった。

どうして謝るのか?

ペヤ、最後の日。

バックパックを背負ってバスターミナルまでその道をラスト歩いた。

 

犬がいた!

 

まるでわたしたちがその時間、そこを通るのを知っていたかのように、

待っていたかのように、

座って、その犬が居た。

 

おもわず声が出た。

「あっ!」

 

犬はわたしたちの前を歩く。

 

犬にわたしはあやまった。

「あのときはごめんなさい」と。

 

犬は、わたしたちの横をも歩きだした。

わたしたちの後ろも歩く。

もう、ひとかけらのこわさもない。

 

まもなくしてバスターミナルに着いた。

バスはもう停車していた(すぐに出発するのではなく、しばらくの間 停車している)。

 

犬にお別れを言って、わたしたちはバスに乗り込んだ。

犬は、乗車口ギリギリのところまでついてきたが、やはり乗りはしなかった。

 

数分後、未練がましく乗車口をのぞくと、アパートのときとはちがった。

そこにはもう犬は居なかった。

バスから降りてあたりを見渡してしまったが、犬はどこにもいなかった。

 

バスは出発した。

わたしは思った。

どうしてわたしはあやまったんだろうか? と。

どうして「ごめんなさい」と言ったんだろうか? と。

 

良心の呵責から逃れたくて、人はあやまるのだろうか?

いまも考える。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点