親と子どもの海外旅行は「対等な関係」をはぐくむ




am3こんにちは。

AI-am(アイアム)
星山 海琳 です。

 

「親と子どもで海外を旅行するのって、やっぱりいいと思うなあ」と言うよっぴー(親)に対して、
兄(息子)は、「親子で旅行したからって、なんかええことあるか?」と言います。

真逆のように見えて、実は同じことを言っている二人。

親と子どもの海外旅行がはぐくむ、対等な、ヨコの関係 について。



「親子で旅行したからって、なんかいいことある?」

Facebookを開くと、「1年前の思い出」が!

 

 およそ100時間越しの到着、半紙に包まれたケーキ、朝からワインと2Lビールを飲む……な当時の旅行記はこちら

 

空港のベンチで15時間待ち、11時間待ち、バスを乗り継いでさらに6時間待ち……というめちゃくちゃな移動を思い出して笑ったりしつつ、だらだらと家族そろって話していると、

「親とこどもで海外を旅行するのって、やっぱりいいと思うなあ」と、よっぴー。

それに対して兄は、「親子で旅行したからって、なんかええことあるか?」と不思議そうにいいます。

「一人旅ならなんでも自分だけで決められるけど、誰かと行くときは、いろいろ一緒に決めやなあかんから、面倒やん。親と行ったから特別いいことって、別にないわ。誰と行っても変わらんやろ」と。

 

兄と、その母親であるよっぴー、お互いによくわからんなあという顔をしている二人は、わたしから見て、ようするに同じことを言っているなあ、と思うのです。

旅は「している」ではなく「する」の連続

親子や家族に限らず、友だちや好きな人と旅行をするのは楽しいもの。でも、親子間には特別な影響があることも確かだとわたしは思います。

 

手のつけようがないほど関係が悪化している(?)親子はともかく、そこそこ良好か、

これからもっと良好であれたらいいな、ヨコの関係であれたらいいな、と思っているような豊かさのある親が、こどもといっしょに海外旅行をするのは、すごくいいと思う(もちろん、「したい」のが前提ですが)

それは、「している」ではなく「する」の中に身を置くことになるからです。

 

「ヨコの関係」って?

こどもが、ほかの誰でもない「その子」自身として育っていくために大切なのは、
家庭から 権力=タテの関係 を取りはらい、こどもとヨコの関係になっていくこと。

ひとつ屋根の下で暮らす家族、その誰もが心地よく暮らしていける家庭をみんなで築いていく。

オヤトコ発信所では、話し合いなどについての勉強会 や、デモクラティック教育を家庭にも取り入れていく オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」で、みなさんと勉強を続けています。

 

親の日々では、食事ひとつとっても、利用するスーパー、その時間帯や経路、購入するメーカー、ごはんの時間、外食の選択肢、さまざまな習慣と定型があります。

低年齢のこどもは、それらのルーティンに、ほとんど関与しません。

別に「あえて関与させていない」というわけではないのですが、どれだけ対等に話し合って決めていくといっても、ある程度、こどもは親の選択の範囲で生きています(上記のような食事の習慣、住まい、洋服を買うお店、etc)。

 

海外を旅行するということは、そうした設定が白紙になっているところで、一日一日を過ごすということ。

「親との旅行は、親についていくものだった」

わたしたちの場合は、旅先で普段ととくに変わらない時間を過ごします。だから、滞在中に「非日常」の感覚はあまりないし、帰国後に「日常」の感覚もありません。

けれど、確かにちがう。

電車やバスに乗る、きっぷを買う、部屋の鍵を開け閉めする……。「やる」ことは同じだけれど、いつものように無意識に「やっている」状態ではいられません

 

こどもとは、「ひとり」と「ひとり」でいたい。
それぞれが「あなた」と「わたし」として独立した人間であり、その上で「ふたり」としてともに暮らしていきたい。

そんなふうに思う親でも、日ごろの「無意識」をすべて「意識」することはできないし、いちいちそうしていたら、生活も立ち行きません。

 

でもそんな親が、「より多くの、より根本的な事柄を、ふたりで考え、失敗し、発見していく」をやりやすいのが、海外旅行だと思うのです。

特に、はじめての、不慣れな街では(わたしたちのように、日本語以外はさっぱりわからない親子だけで行くと、なおさら!)

 

 

よっぴーは、自分がこどものころを思い返して、「親との旅行っていうのは、親についていくものだった」といいます。

「友だちと行くのは楽しいから、親と行くのは親がお金を出してくれるから」「わたしは、いいご飯やいい宿を目当てにしてるだけで、自分“たち”の旅行じゃなかった」と。

 

対して兄は、友だちも親もいっしょくたにして、「誰かと行けば、自分ひとりでは決められない」という(そういう過程を面倒に感じるかどうかは、それぞれの好みと目的と気分によりけりですよね)

それで、「親と行ったからって、特別なにかいいことがあるわけじゃない」と、たいへん不可解そうな顔をします。

 

>>> 関連記事
ベルギービールを飲みに行った、兄とよっぴーのベルギー旅行記

親と子どもの海外旅行がはぐくむもの

親と子どもの海外旅行がはぐくむものは、まさにこの感覚 だと思うのです。

親と旅行をすることは、特別に楽しいことでも特別にめんどくさいものでもない。
ついていくものでも、ついてくるものでもない。
親だから一緒に行くのではないし、親だから一緒に行かないのでもない。

「一人旅」と「誰かとの旅」、大きく分けたその後者のなかに、親も友人も恋人も知り合いも全員入っている、という感覚。

 

もっとも、よっぴーにはそうした意図があったわけではなく、ただただ「海外に行きたい人どうしで海外に行く」を天然でやっていただけなんですが。

でも、意図があったらいけないなんてことはもちろんなくて。こどもとヨコの関係でいたいと思う人が、ひとつでもタテを取り払っていきやすい環境に身を置いたり、

わざわざそんな体験をしてみるのは、とても価値のあることだと思います(海外旅行の場合は、全員が興味を持っていることが前提ですが)

 

……なんてことを昼下がりにだらだらと話しながら、この約一年間、結論はつねにこうです。「ああ、早く旅ができるようになってほしい」。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点