価値観の違うひととの会話で得られる能力




am3

こんにちは、

AI-am(アイアム)の
よっぴー です。

 

異なる価値観の人とのおしゃべり。

コミュニケーションを上手に取れると見えてくるのはむしろ自分という、人間の欲求です。



価値観の違う人との会話

自分と違った意見や、異なった価値観を持つ人と話をするのはおもしろいですね。自分は持ち合わせていなかった視点や、感じかた、考えかたを知れるじゃないですか。

自分と同じ価値観の人からだと少ない驚きも、「ああ、なるほど〜。そういうふうにおもうのかあ」とか、「そういう見方があるのか」と、いろんな世界を見せてくれて、視野を広めてくれます。

なんていうのかな、居ながらにして世界旅行に連れていってくれるかんじ。異国の文化を知っては、「へえ〜」、「わあー」の連続です。

 

価値観に正解はない

事実はひとつだけど解釈は無限大だなあ、とおもいます。

だれもが世界をあるがままに見ているのではなく、自分なりの解釈で、あるがままに見ている。

だから「自分のあるがまま」に置き換えた正しさを押し つけたり、「相手のあるがまま」を否定したりしないで受け入れることができたとき、コミュニケートは質の高いものとなっていきます。

 

価値観の洗い出し

でもさらにおもしろいなとおもうのは、異国の文化を知れば知るほど見えてくるのは、むしろ自分という塊だということです。
海外を旅すると日本が見えてくる、なんて言いますが、それと似ているなあとおもいます。

 

価値観の異なる人とのおしゃべりは、自分という人間の欲求を明らかにします。

自分はなにを心地よいとかんじ、なにを不快とかんじるか。なにをよろこび、なにを苦痛にかんじるか。子どもやパートナーになにを求め、どんなとき充実した気持ちになるのか。

自分がみえてきて、「自分にとってのしあわせってなにか」ということが明確になってきます。

 

会話は学びの主要な要素

おしゃべりは学びの主要な要素です。

洞察力のほかに、物事を深く見通し、本質をとらえる、すぐれた判断力も育ちます。

自分の考えや望むことがしっかり見えてくると、「皆がこうするから自分もこうしなければならない」という基準で動くことはなくなります。

周囲の枠はちゃんと認識したままで、自分の思考や感じたことを基準に行動していく自信がうまれる。それが「自分が確立していく」という実感なのでしょう。

 

自己確立が成したもの

毎日の何気ないおしゃべり、たのしんでいますか?

子どもとの会話だって5時間はつづきますか?

 

AI-amのメンバーである まりんさん は、小学校、中学校、高校には通わず、高卒認定を経て大学に行きました。いっさいしていなかった小・中・高12年間の勉強を、2ヶ月半で習得してです。

関連記事 >>>  12年間の勉強が2ヵ月半?〜小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

 

どうしてそんな驚異的なことができたのですか? どうして大学に行けたのですか? といった質問をよく受けます。

そのこたえは「実力」でしょう。実力を発揮できる自己が確立していたからだとおもいます。おしゃべりは、その要因のひとつ。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点