「好きなことをするのはいいこと」と言ったくせに「ゲームはダメ」と言う親を子どもは信頼できない

people-3120717_640

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

親はけっこう、理不尽だ。
「好きなことをしなさい」と言ってまもなく「ゲームはダメ」と言ったりする。

こんなところに信頼関係は生まれるわけがないし、親子のあいだに必要なのは本音であって「うそ」や「建前」ではないと、わたしは思う。

親の理不尽さを子どもは知っている

親はときどき矛盾のかたまりになる。

「好きなことをしていい」「夢を持ってほしい」と言いながらゲームはダメとか、Youtuberはダメとか。
「生きていたらそれでいい」「元気で育ってくれればそれだけでいい」と言いながら成績で態度を変えるとか、口の悪さがどうとか

「言っていることが違う」ひととか、「本音を話してくれない」ひとには、他人どうしでも、安全のために心の距離をとるようになるもので、こういうのは、子どもとのコミュニケーションにはなおさら影響する。

 

子どもは親が本音で話しているかどうか、自分(子ども)のためを思って言っているのか親自身のために言っているのか、直感ではっきりとわかるし、そのうえ親は他人どうしの場合とは違って、子どもには高圧的だったり、威圧的だったり、過剰に感情を振り回したりする。

親って、けっこう理不尽だ。
で、幼い子どもは他人とちがって、その理不尽さから離れることもできない。

 

やんわりと強要する親を信頼することはできない

「好きなことをしていい」「夢を持ってほしい」と言いながらゲームはダメとか、Youtuberはダメとか。
「生きていたらそれでいい」「元気で育ってくれればそれだけでいい」と言いながら成績で態度を変えるとか、口の悪さがどうとか。

ほとんどの場合、「好きなことをしていい」という気持ちも「元気で育ってくれればそれだけでいい」という気持ちも嘘じゃないし、「ゲームは嫌」という気持ちも嘘じゃない

みんな好き嫌いはあるから、ゲームは嫌だな、と思ったり感じたりすることも、もちろん悪くない。

でも、「好きなことをしてほしい」「自分らしく生きてほしい」と言う一方で、
ゲームはダメ、Youtubeはダメでアニメもテレビもダメ、昼夜逆転も引きこもりもダメ、勉強はして、家の外に出ても恥ずかしくない身なりと言葉遣いをして、野菜も食べて、友だちをつくって、誰とでも笑顔で話をして……ということを、暗に強要する。

これで親を心から信頼しろ、なんでも素直に話して、というほうに無理がある。と、わたしは思う。

 

ちなみに、いわゆる根っからの「教育ママ」のいいところは、ブレないところだと思う。
こういう価値観の人間なんだな、ということを、子どもはよく理解できる。

わたしは「教育ママ」のもとで育ちたいとは思わないし、幼いうちはそれに従うしかないけど、抑えつけられたものが大きければ大きいほど、年齢を重ねれば大きな反発も脱出もしやすい。

でも、親自身も無意識な、理不尽な矛盾は、真綿で首を締めるようなもので、とてもくるしい。

 

本音だけで付き合う

よっぴーが以前、親子の信頼関係について書きました。

親子の信頼関係を築くためにはどうしていけばいいのか?前編。そもそも「信頼関係」って何?

2018.08.05

このなかで、わたしは「どういう親だったら信頼できるの?」という質問に対して、「うそがないこと」と答えました。
これは、強要や理不尽さをもたずに、「本音だけで付き合うこと」でもあると思う。

よっぴーは、子どもに対して「うそなく」「本音だけで付き合う」ことができるひとだったけど、それはとてもまれなことなんだと、あとから知りました。

純粋な、見返りを求めないメッセージはうれしいし、子どもはおなじものを返そうとする。

上記の記事のなかで、よっぴーは

条件を付けないと愛せない人は、子どもへの愛が不足しているんじゃない。 単なる経験不足 なんだと思う。

と書いているんだけど、これはまったくその通りだと思う。

「無条件に愛する」、本音だけで付き合う、ということを先天的に、本能的にできるひとも中にはいるけれども、ほとんどの場合はそうじゃない。
ほとんど誰もが、知っていることしか知らないし、知らないことは知らない。

 

「親と子がハッピーになるためのコミュニケーション講座」を見学していると、そりゃそんなふうに言われたら(聞かれたら)、子どもはコミュニケーションも信頼も諦めるよな、と思うことが多々とある。

「経験不足」という意味が、よくよく理解できる。

でも、子どもとしていまから経験することはむずかしくても、学ぶことはできて、
そしてそうしたいと思うひとが、少なくともわたしたちのブログを読んだり本を読んだり、講座を受けてくださったりトークライブに来てくださったりしているひとたちがたくさんいることが、とてもうれしい。

「そうしたい」、「なりたい」と思って行動に移すことが、何百歩も先に進むことなんだなと、思う。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です