「学校に行かなくちゃいけない理由」の答え

smart-725843_640

ammこんにちは、AI-amの星山まりんです。

今回は、学校はほんとうに必要なのか? 学校教育についてあらためて考えてみたいと思います。

子どもが不登校になって、本人やその親御さんが苦しむ理由ってなんでしょう?
最も大きな理由のひとつが、「学校は行かなくちゃいけない場所」という固定観念だと思っています。

「学校は行かなければいけない」は迷信

わたしは小・中・高校へ通いませんでした。
正確には、小学校一年生と二年生のうちはたまーに通っていましたが、でもそれからは、一回も学校の門をくぐっていません。

でもいまは現役の大学生で、ごく一般的にアルバイトもしましたし、12年間ちゃんと学校に通った子どもと比べてなにか大きく劣る部分があるのか? というと、自分で言うのもなんですが、そんなことはなにもないと思っています。
むしろ、わたしは自分にとって最良の選択をしたつもりなので、心から「よかった!」と思えることばかりです。

 

「どうして学校に行かなければいけないのか?」ということを、あらためてよくよく考えてみると、はっきりした答えが浮かんでくる方は少ないかもしれません。なぜなら、「行かなくてもいい場所」だからだと、わたしは思っています。

 

ところで、義務教育の「義務」とは

signals-962665_640

よく聞く、「義務教育」という言葉。でもこの「義務」が、誰に対する、どんな義務なのか? ということは普段あまり耳にしません。

「子どもが勉強をする(=学校へ行く)義務」だと思われがちですが、実際には「保護者が子どもの教育環境を用意する義務」なのです。
つまり、子どもに対する義務ではなくて、親に対する義務。しかも、教育を受ける義務ではなくて、子ども自身の教育を受ける権利を守る義務です。

 

教育の目的に関しても、『 「我」の世界と「我々」の世界を生きることのできる人間を育てることが必要 』という素晴らしい一文が文部科学省から出ています。

学校へ行くという行為そのものが重要なのではなくて、そんな人間に育つことが重要なんだ、ということですよね。小学校や中学校も、そのためのひとつの手段に過ぎないわけです。

 

選択肢はたくさんあります

clothespins-43231_640

わたしは、みんながそれぞれ自分に合った選択をするのがいちばんいいと思っています。どんな教育観の学校へ通うか、あるいは通わないか、ないなら自分でつくったり、つくらなかったり。

住む家や職業、着る服だとかごはんのメニューだとか、学校以外の生活のことに対しては最低でもいくつかの選択肢をもっているのに、学校だけが、いまの時代を生きる人たちの頭のなかからすっぽり抜け落ちてしまっているのです。

 

いわゆる国の学校のほかにも、学校(=学ぶ場所)はたくさんあります。大きなところも小さいところも、どんどん増えつづけています。

わたしが通っていたサドベリースクール(デモクラティック・スクール)もそのひとつです。ほかにも、有名なものではシュタイナー、サマーヒル、モンテッソーリ、フレネ、etc…といったように、いろんな教育理念によって学校がつくられています。

日本のオルタナティブスクール一覧/不登校はもう古い!フリースクールや学校以外の選択

2017.04.04

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

1 個のコメント

  • 日本に多い「みんな行ってるから行かなければいけない」という考えは同じ理屈で表すと「みんな人を殺してるからお前も人殺しをしなければいけない」という理屈と同等なんですよねぇ。

    みんなが人を殺してるからといって自分もやらなきゃいけないのか?それは違いますよね。
    よく自分をしっかり持てと教育しますが、これこそが矛盾なんですよねぇ。

    みんながやってるからという理由は理由にならない。
    これが分っている日本人がどれだけいるのやら・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です