ヨコの関係を象徴する「話し合い」の本質を知るVol.1話し合ったつもりになってない? – 子どもが約束を守れない理由はここにある –勉強会レポート

amam

こんにちは、AI-am(アイアム)です。

オヤトコ発信所と勉強会、

Vol.1 話し合ったつもりになってない? – 子どもが約束を守れない理由はここにある – を、

・2018年10月21日(日)、東京 神田

・2018年11月11日(日)、滋賀 長浜市

・2018年11月18日(日)、大阪 心斎橋

・2018年12月20日(木)、愛知 津島市

・2019年1月20日(日)、沖縄 宜野湾市

で開催しました。そのレポートです。

 

Vol.2 子どもとヨコの関係になろう! – 「よい家庭」ではなく「大好きな家庭」 – のレポートは↓↓↓

ヨコの関係10ヵ条と対等の重しVol.2子どもとヨコの関係になろう! –「よい家庭」ではなく「大好きな家庭」– 勉強会レポート

2019.01.29

 

Vol.3 怖れを手放して「愛する」をはじめよう – 本当の反省 – のレポートは↓↓↓

少しの信念しかなかったら少ししか愛せない。Vol.3怖れを手放して「愛する」をはじめよう –本当の反省– 勉強会レポート

2019.01.29

 



こどもが約束を守らない?

いろんなご相談を受けて、

で、逆にこちらが尋ねるんですね。「そのこと、こどもさんには話しましたか?」と。

すると、Noの返事がかえってくる。

 

たとえば、

「こどもがゲームをやめなくて、かくかくしかじかで困ってるんです。どうしたらよいでしょうか」てなとき。

だったら、わたしたちに話してくれたそのことを、こどもさんに話して、こどもさんと、どうするか、話し合っていかれたらいいよね〜とお伝えしたりします。

 

しばらくして、ご連絡がきます。

「話し合って決めたのに、こどもが約束を守らないんです」と。

 

どんなふうに決まったんですか? と尋ねると、

「一日に30分だけしてもいいことにしました」。

 

って、

そんなん、なーーーんも話し合ってないやーん!!

 

それ、単なる押し付けやん。

 

話し合いって…

 

「話し合い」って、どうやら、めんどくさいものだと思われています。

話し合う過程もめんどくさいし、話し合った結果だって、自分が不利になったり、やっかいなことを押しつけられたり、しぶしぶ納得させられるだけだと。

 

つーか、そもそもわたしたちは「話し合い」のしかたを知りません。

 

今回の勉強会では、

  1. 「話し合い」とはなにか?
  2. なぜ、話し合うと、言い合いやケンカになってしまうのか?
  3. 話し合っても、「話し合い」にならないのはなぜか?
  4. 「話し合い」でもっとも重要なものはなにか?
  5. 「話し合い」に必要なものはなにか?
  6. どうやったら話し合えるのか? 話し合いを可能にする条件は?
  7. そもそも「話し合い」の前にしておく、親子、家族の関係のありかたとは?

を知り、

話し合いをするための5つのポイントと
もっとも重要な1つのこと
を知り、

すぐにケンカになって「話し合い」にならなかった理由も知り、

じゃあ、どうしたら話し合えるようになるのか、ということを勉強しました。

 

話し合ったつもりになってない?

縁あって、ひとつ屋根の下に住む家族だもんね。

ヨコの関係を象徴する「話し合い」の本質を知って、いっしょに学び合いました。

 

 

以下、チラシより

「話し合い」って、どうやら、めんどくさいものだと思われています。

話し合う過程もめんどくさいし、話し合った結果だって、自分が不利になったり、やっかいなことを押しつけられたり、しぶしぶ納得させられるだけだと。

 

「タテの関係」の家庭が理想なら、正直、話し合いなんてまったく必要ない。
誰もが納得するルールをつくるのではなく、校則とおなじで、どんなルールにも従う子どもをつくるほうが大事です。

でも、そんなのはいやだ、という気持ちを強く持っているなら、話し合おう。支配や押しつけではなく、対等に、ひとりとひとりが心地よくいっしょに暮らす家庭を、創造していこう。

 

タテの関係で持ち出される「話し合い」は、無価値なものばかりです。

だって、話し合いとは名ばかりで、話し合いを持ちかけた側にははじめから結論が用意されていて、いかにそれを受け入れさせるか、みたいな、遠回しな押しつけだから。こんなのは、子どもが守れないのも当然です。

 

ほんとうの結論は、みんなで創りあげるもので、ほんとうに話し合うことから、ヨコの関係はつくられていきます。

「ヨコの関係」を象徴する「話し合い」を、言葉ではなく体感で、いっしょに勉強しましょう。

 

いただいたアンケートより

自分をみる目、子どもをみる目が変わりました。やりたいことがめっちゃ増えました!

 

自分が暮らしの中で嫌だと思っていないことは問題視していないことがとてもハッとした。

 

話し合いが楽しいもの! となるように、少しずつ関係をヨコにしていく。まずは自分から!!

 

話し合いについて、こんなふうに勉強したことがなかったのでとてもありがたかったです。
なんとなく知っていだけど、きちんとはわかっていないことばかりだと感じたので、より具体的に実践していけそう!

 

子と対等に話し合ってルールを決める大切さを知れたので、今日から練習したいと思いました。

 

話のたとえがわかりやすくて面白かった!具体的な「話し合い」の方法が理解できた。

 

100%、自分が強制したコミュニケーションの取り方をしていたと気づけた。

 

具体的な話がたくさん聞けたので、より腑に落ちました。できることから、楽しくTryしてみよーと思います。時間をかけていいんですね。

 

自分の中の、「何で子どもに威圧的になってしまうのか」がわかった!

 

一方的に自分が決めることが「話し合い」という形にしていた。

 

話し合いをする中で、お互いのことをよく理解でき、自分も気持ちよく過ごすことができ、相手にどう言えば伝わるかのプレゼン能力まで身につく。絶対にやっていった方がいい!! と思いました。

 

話し合い、以前と比べてわりとできるかなあと思っていたけど、よっぴーさんの話を聴いて、まだまだだなあと思った。
感情的になって相手を責めないよう、気をつけていきたい。

 

話し合いとはこういうものなのかという全体像みたいなものがつかめたので、話すときに今日学んだことを実践してみよう!と思っています。

 

こうなってほしいという親の理想、エゴからの発言ではなく、子どもの話をしっかり聞こうと思いました。
家が嫌いになるような生活ではなく、家族みんなが心地よく過ごすための話し合いをしたいと思いました。

 

話し合いが話し合いになってなかった!
どんないいことを学んできても、うまくいかなかったのは、話し合いになってなかったから! とわかったことが、衝撃でした。やっと腑に落ちました。全ての基礎!

 

我が子との会話を俯瞰して見れて、しかも、よっぴーが話していた問題点がバッチリ当てはまってることに気づけました。。

 

話し合いをするということすら、私自身が面倒くさがって避けているところがあったので、全てが新鮮でした。
子どもたちも、話し合いをするということに慣れていないのも当然だと思います。

 

なんだかんだ言って、我が家は私の独裁政権だったかも? と思いました。

 

今までは、子どもや夫にイライラして、イライラしたままスタートする話し合いでした。
みんながHAPPYになるための話し合い、ということを頭において、幸せになるために意見を出し合いたいです。

 

家族、とくに子どもとの話し合いでは、「どうさせたいか」が頭にあるため、話し合いというよりも「いいくるめ」でした。
数をこなして、本当の話し合いに一歩ずつ近づけたらいいなと感じました。

 

もっと丁寧に、人に甘えず、相手を敬って話し合いをしようと思った。

 

2018年10月21日(日)、東京 神田会場のレポート

10月21日に開催した東京会場 & web

 

10月21日に開催した東京会場のレポートはこちら
↓↓↓
すぐにケンカになって「話し合い」にならないたった1つの理由とは? 勉強会のレポート

 

 

2018年11月11日(日)、滋賀 長浜市会場のレポート

11月11日に開催した滋賀 長浜会場

 

11月11日に開催した滋賀会場のレポートはこちら
↓↓↓
話し合いにもっとも重要なものはなにか?答えはいたって簡単なもの。「話し合い」勉強会のレポート

 

2018年11月18日(日)、大阪 心斎橋会場のレポート

11月18日に開催した大阪会場 & web

 

11月18日に開催した大阪会場のレポートはこちら
↓↓↓
家族の話し合いは話し合ってハッピーになるような議題から!クリスマスケーキどうしようか?みたいなさ。「話し合い」勉強会のレポート

 

2018年12月20日(木)、愛知 津島市会場のレポート

12月22日に開催した愛知会場

 

12月22日に開催した愛知会場のレポートはこちら
↓↓↓
愛知会場 AIをありがとう。「話し合い」勉強会のレポート

 

2019年1月20日(日)、沖縄 宜野湾市会場のレポート

1月20日に開催した沖縄会場

 

1月20日に開催した沖縄会場のレポートはこちら
↓↓↓
1月20日・沖縄会場。「話し合い」勉強会のレポート

 

 

Vol.2 子どもとヨコの関係になろう! – 「よい家庭」ではなく「大好きな家庭」 – の勉強会レポートは
>>> こちら

 

Vol.3 怖れを手放して「愛する」をはじめよう – 本当の反省 – のレポートは
>>> こちら

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点