一人で生きられる人が二人で生きられる < 3/25 >よっぴー・まりんのオールナイト座談会 Vol.5 in岐阜県郡上市レポート

amam

こんにちは、AI-am(アイアム)です。

3月25日夜〜3月26日朝まで、岐阜県郡上市にて、Vol.5 オールナイト座談会を開催しました。

主催してくださった三島明日美さん、ありがとうございました。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

 

※ 主催者さんとの写真や集合写真、おしゃべりしているときの写真、オールナイト座談会用に撮っているレコードを入れられるジャケットを前にした(わたしたちは後ろ向きの)写真を撮るのを忘れています。あしからず。

 

無関心の「一括り」は多様を無視する

たとえばこどもが、ウサギになりたくって、ソファーの上でぴょんぴょん飛び跳ねているとして、
で、親に訊く。
「ねぇねぇ、何番目の跳びかたがいちばんウサギに近かった?」

親は驚く。
そして困る。
「跳んでいる」としか見ていなかったもんだから、全部いっしょなのだ。1番目と12番目のちがいなんてわからない。3番目と4番目のちがいもわからない。

 

夜も似ているな、っておもう。
これまで越してきた夜も、どれもいっしょじゃないのに、昨日と今日をいっしょにする。

 

夜通しおしゃべりをする、オールナイト座談会。5回目の今回は、

1番目と12番目の跳びかたも、3番目と4番目の跳びかたもどれも「一括り」にしないで見ようとされている明日美さん(主催者さん)のAIをいただきました。

 

一人で生きられる人が二人を生きられる

毎回ね、異なるオールナイト座談会。

それこそね、一括りにできるもんじゃないから当たり前なんだけど、やっぱりね、ほんとにね、えらくちがうんです。

主催してくださる人、その人が醸し出す色、匂い、ことば、気、、、それらが場をつくり、集まる人たちの息つかいが空気に溶けて、ひとつのオリジナルな夜になっていく…。

 

4回目のオールナイト座談会を開いてくださった野田智美さんのとき もおもったことなんだけど、

集まった面々によって会の空気が変わるところが魅力のひとつであるオールナイト座談会。

たくさんの人、たくさんの価値観にふれることで、「こうでなければいけない」という枠がぐっと広がり、なおかつ自分が「好きなもの」「きらいなもの」も掴んでいくことができます。

親自身がそんな体験をしていくことで、子どもにもその世界の幅は伝わっていくんだなあ、と思います。

引用: 楽しんで無駄にした時間は無駄じゃない

 

今回ね、

よっぴー・まりんが想う「オールナイト座談会」をやろうって人(主催者さん)は、「ソファーは座るもの」という自分の価値観は脇におく人/おける人/おこうとしている人なんだな、とおもったのでした。

 

ソファーの上でぴょんぴょん飛び跳ねているこどもが、

「ねぇねぇ、何番目の跳びかたがいちばんウサギに近かった?」と訊く以前に、

「『ソファーは座るもの』なんだから、跳ぶのはやめなさい」とは言わない人

 

ソファーの存在理由は、ひとつじゃないじゃないですか。

 

価値観の押しつけが失うもの

「何番目の跳びかたがいちばんウサギに近かった?」とこどもが訊く以前に、「『ソファーは座るもの』なんだから、跳ぶのはやめなさい」なんて言いかたをしちゃったら、

⬇︎
⬇︎

なんで跳んでたのかがわからないまんまになる。

⬇︎
⬇︎

相手(他者)を「知る」ということができなくなる。

⬇︎
⬇︎

わたしの頭はいっそうかたくなる。( → 「学ぶ」ということがストップする

⬇︎
⬇︎

ふたりの関係はうすれていく。

⬇︎
⬇︎

「ウサギになりたくって跳んでいた」ことを知ったときの、自分の反応や感情はどんなだったかを知る術もない。

 

一人で生きられる人が二人を生きられるんだとおもいます。

 

「わかりあえる」のは、内緒ばなしや大切な話をするからではなく、くだらないことを話しながら、大切な時間を過ごすから

オールナイト座談会がもたれるきっかけとなった記事『家族と朝まで、はなしをしよう。』のなかで、まりんさんはこう書いているんですよね。↓↓

夜というのはふしぎなもので、だれかといっしょにいると、朝や昼よりもずっと、相手と親近感を共有することができます。

あるいは、自分と自分も、そうかもしれません。

びん詰めしたように中身をころころ転がしながら活動している朝や昼とちがって、夜の自分は、内がわと外がわがひっそりと身を傾けあっている。

引用:『 家族と朝まで、はなしをしよう。

 

晩ごはんのあと、なんとなくはじまった会話から、話題はあっちへそっちへ。
よっぴー と、兄、わたし の三人で、よくそんな夜(から朝)を過ごしていました。

夜が親近感を生むなら、深夜はより深く、朝がたには、秘密基地を共有するように「わかりあって」いる。
内緒ばなしや、たいせつなはなしをするからではなく、くだらないことを話しながら、たいせつな時間を過ごすからです。

おしゃべりは年齢を重ねたらできなくなるものではないし(子どもが男でも女でも)、関係性だっていつからでもつくることができます。

でも、冴えた十代のいわゆる思春期、視ることや感じることに長けた年ごろにむすばれる信頼関係は、とても特別な価値をもっている。

引用:『 家族と朝まで、はなしをしよう。

 

直球なことばそのものではなく、時間を共有することで、親が無条件な理解者であることが、時間をかけて、子どものなかで疑いのない事実となっていきます。

道をしめしてほしいのでも、手をひいてほしいのでもない。
小さなたいまつのような、明るい光があればよくて、それが親であることは、とても心づよい。

引用:『 家族と朝まで、はなしをしよう。

 

なんで跳んでたんだろう? ってことがぼんやりとわかってくる夜明け前。

夜は朝のためにだけあるんじゃないってことを知る。

 

生まれて20820回目の夜に

そんななかの1回(一晩)、今回は、なななんと、よっぴーの誕生日でした。

57歳の夜が何回目か、電卓で計算していたら、息子に「うるう年いれたか?」って聞かれ、計算しなおしてもらった(笑)。20820回目なんだって!

でね、なにがすごいって、たくさんの人が集まってくれて開くお誕生日パーティーを、はじめて経験させていただきましたー!

 

バースデーケーキを用意してくれてたーーー! イエーイ!! パチパチパチ〜 ↑リボンをほどいたとこ〜

 

↑箱をあけるとこ〜

 

あれ? 開かない⁈  「よっぴー、セロテープがついてるよー」

 

みんながね、歌をうたってお祝いしてくれたーーー!

 

ふう〜のとこ

 

 

オールナイト座談会をやる! って決められたあと、開催日はいつにしようか? ってなって、

薪ストーブを味わってもらえて、、、だけどももう雪はなくって(ノーマルタイヤでも可能)、、、となると、3月おわりころかなってなった。

でね、だったらよっぴーーの誕生日に、、、ってなった。

 

平日にもかかわらず、ご参加くださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。

したごころあって、参加されたのだけどね(笑笑)↓↓

薪ストーブ!! つか、薪ストーブもある超すてきなログハウスをみたくて、、、

 

ご一行さま〜 2階はこんなですよ〜(笑) みんなでモデルハウスみたいに見せてもらいましたー

 

AIをありがとう

おいしいごはん、

おいしいおさけ、

おいしいじかん、

おいしいくうき

おいしいえがお、

おいしいAIをありがとうございました。

 

主催してくださった三島明日美さんと、こどもたち(上の子、ふたり)

 

よっぴーのバースデーケーキに合わせて、コーヒーを入れてくれている明日美さんちのいちばん下の子と、おなじく働いている参加者さんちの子↓

 

個人的ちょと話
薪ストーブもログハウスも、ポケットに入れて持ち帰りたいぐらい魅力だったけど、いちばん魅了してやまなかったのは、明日美さんちのこどもさんたちがつくった、おうちの前にひろがる創造製作!
一軒家で、建物(家そのもの)の前に車を止めたりするじゃないですか? 庭というか、敷地。その敷地に、ダムがつくられてあったり、川が流れてあったり、橋がかかっていたり。
一面穴ぼこだらけ、お山だらけで、ぐる〜と回らないとおうちのドアのとこに行けないの。さいこうーーー! 写真、ここでも忘れたけど ^^;

 

よっぴー&まりんのオールナイト座談会

よっぴー&まりんのオールナイト座談会、次回はゴールデンウィークの5月5日、石川県は千里浜の先、中能登町で開催です!!

こんどはね、
(縁側+蔵+納屋)×古民家=ある暮らし
想像と創造を持ってみる暮らし
をされているおうちだよ♪

 

行きたいんだけど夜は弱いから、、、っていうんなら、パジャマでおいでよ!
なんたってこの日は、新月
「新月の願い事は叶う」そうだよ。

詳細・お申し込みは、近々UPします。

 

正解するために生きているんじゃないんだから! よっぴー&まりんのオールナイト座談会 Vol.1 in兵庫県佐用郡レポート

 

あたまのふくれたこどもたちがいない保育園で よっぴー&まりんのオールナイト座談会 Vol.2 in神奈川県川崎市レポート

 

やりたくないことは誰かにやってもらうことができる。やりたいことは今しか僕にしかできない よっぴー&まりんのオールナイト座談会 Vol.3 in兵庫県宝塚市レポート

 

楽しんで無駄にした時間は無駄じゃない よっぴー&まりんのオールナイト座談会 Vol.4 in福島県福島市レポート

 

主催してみたい、ここでもやってほしい、という方は、

aiam.life365@gmail.com

までご連絡ください!

よっぴー・まりんはどこへでも行きます。
講演会とあわせて開催していただくのも大歓迎。

 

よっぴー&まりんのオールナイト座談会、全国、あちこちどんどんやりたいです!!!!!

よっぴー・まりんとあそぼー!
だからね、よんでくださいー!

お気軽に aiam.life365@gmail.com までご連絡ください。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です