学校が嫌で行きたくない小中高生31人の声と、多様な教育を実現させる重要性

he

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

学校に「行く」と「行かない」は、対等な選択肢のひとつであり、

不登校、苦登校は、子どもの問題ではなく、子どもの人権を尊重しない教育自体の問題です。

 

親を不安にさせる錘

子どもが学校に行きたくないと言ったり、学校に行けない、、、行かない、、、どうしたらいいんでしょうか?

無理に行かせるのは嫌なので、しばらく様子を見つつ休ませているのですが、それでもいいんでしょうか?

といったメッセージを LINE@ にもよくいただきます。

 

これってね、親が不安になるのは当たり前やん って思うんです。

だって「学校は行くもの」という社会通念があるんですから。

しかも、学校とは、公の学校だけを指してるんですから。

 

まだまだ学校以外の学び(の場)は知られていなくて(認められていなくて)、

多くの方々が、「学校教育」という枠組に、強くとらわれてしまっています。

 

現実と関係のない言葉

小学校・中学校・特別支援学校小学部・中学部で学ぶ代わりに、
オルタナティブスクール
フリースクール 等」
「ホームエデュケーション」
「ホーム外エデュケーション」← いま創ってみた言葉w 旅とか、仕事とか。
といったがっこうで学んでも、公の学校以外は「不登校」扱いになるのが現状です。

 

もし、「公の学校(一条校)に通う」
「オルタナティブの学校に通う」
「フリースクール等に通う」
「ホームエデュケーションにする」
など教育の対等な選択が認められていて、

社会の見解においても、「どういったタイプの学校に行くのか、子ども本人の自由」となっていたら、先述のような不安は生まれません。

 

子どもが学校に行けない/行かない/休みがち、、、となると、親はそれを「不登校の問題」として捉えます。

学校の先生も、それを「不登校問題」とします。

 

だけどもそうじゃなくて、
それって問題は不登校なんじゃなくて、多様の教育が認められていないことが問題なんです。

親自身が受けてきた子ども時代の環境とか、今現在のあなたの育てかたのせい、ましてや子どもが原因ではありません。

そこんところに親や大人が気づいて、意識を「不登校問題」から「教育問題」に変換させていくことが、すごくすごく大事です。

小沢健二著『企業的な社会、セラピー的な社会』を読んで納得した「不登校問題」という言葉

2018.03.08

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

2016.02.22

 

子どもは「学校」の抑圧性に辟易している

以下は LINE@ に届く子どもたちの声の一部です(小中高生)。

  • 学校に行く意味がわからない
  • 先生の授業を受ける意味がわからない
  • 授業がつまんなくて我慢できない
  • 先生がウザい
  • キモい
  • かったるい
  • 声が小さくて聞こえない
  • 先生の書く字が読めない。読める字を書いて
  • 何回言ったらわかるんだ、って(先生は言うけど)一回でわかるようにしろよ
  • もっとわかりやすく教えて
  • 進むのが速すぎる
  • ほかの先生にかわって
  • 教科書にのってることを先生は言ってるだけ
  • 眠気との戦い
  • 時間の無駄
  • 人生の無駄
  • 怠い
  • 先生の言葉遣いが汚い
  • 大きな声をださないで
  • 暴力的な音をださないで
  • 物を雑に扱わないで
  • 生徒相手に威張らないで
  • 点数で人を判断しないで
  • まじめにやれ! ってお前がな
  • 宿題いらない
  • テストいらない
  • 生徒といい関係になる努力をしてほしい
  • 給料もらってるんだよね?
  • 恥をかかすのが仕事?
  • 先生何様?
  • 先生、もう帰るね
  • etc

 

学校批判、授業批判はつづきます。

これらの意見を尊重できる先生ってどれぐらいいるんだろう?

「権威・権力」を批判することの大切さを説く先生ってどれぐらいだろう?

多くは、怒ったり、否定したり、落ち込んだり? なかには泣き出す人もいるかもしれませんね。

 

民主主義教育であるはずの学校で、授業が権力関係の中で行われていることに気づくべきです。

先生は「権力」を捨てることです。

主体は、生徒(と保護者)にあるんです。このことを現行の教育制度は忘れています。

 

よくデモクラティックスクール・サドベリースクールはぶっとんでるなんていわれるけれど、な〜んもぶっとんでなんてない。
「ぶっとんでる」というのなら、むしろ、子どもの人権を無視して子どもたち個々人の自己を喪失させている現行の学校のほうじゃないかな、って思う。

>>> 『 サドベリースクールにある教育のすがた

学校で人権という概念を根付かせないで、いったいどこで根付かせるっていうの?

 

歩く花

通知表をなくし、通知表が「入試」と一切の関係がなくなれば、こぞって不登校するんじゃないのかな?

おもしろくもない学校には誰も行かないでしょう。

 

不登校になった子どもを助けるって、なんなん? て思う。

「不登校になった子」を助けるんではなくて、登校・不登校関係なく、子どもは自分が生きたいように生きる権利があること、そのことを大きく伝えていきませんか。

 

大人は、支援とか応援とかいう形で、社会的弱者にあたたかい声をかけてやることが好きだ。
でも、その行動こそがときどき「弱者」をつくりだしていることには、あんまり気づかない。
子どもは気づく。

⇑ ⇑ は、冊子ありのままで 〜 しあわせな不登校のすごしかた 〜に寄稿した「歩く花」の冒頭ですが、

冊子のご紹介、および、「歩く花」全文はこちら ⇓⇓ に掲載しています。

「不登校・多様な学びへの理解を深めるメッセージ集」へ寄せた全文と冊子プレゼントのお知らせ

2018.06.08

 

大人が支援をすればするほど、子どもたちの声は消えていきます。

不登校問題を解決したがるのは大人ばかり。「当事者(子ども)の声を聞こう」って、何様だろう?

2018.03.06

 

HOT NEWS!!

子どもたちがつながる場をつくります!
学校に行っている/行かない/行けない子どもたち自身でつながる場を鋭意製作中です。
乞うご期待!

 

差別から自由になる

LINE@ に届いた子どもたちの声は、直接、教室で、先生にむけて発せられるようにならなきゃいけない。

 

そのためには、先生には先生の役割があり、親であるわたしたちにはわたしたちの役割があります。

わたしたち親の役割は、わが子を、自律ある子どもに育てていくこと。

親の権威・権力を捨てて、子どもが自由に自分を表現すること、自由に行動することができる環境と関係を家庭で築き上げることです。

子どもが親に意見を言える、言い合える関係になること。

 

で、そのためには、自己をとりもどして、

母と娘。親の支配から脱して自由になろう! 』の記事でも書いたように、「やさしい娘」から「しあわせな娘」にならなきゃいけない。

10月21日(日)に開催します「話し合い」の勉強会 では、「やさしい娘」から「しあわせな娘」になるその根本のところを学んでいきますので、いっしょにしあわせになっていこう。

 

個々の人格と学ぶ権利を尊重すること、尊重した場が必要です。

不登校が問題なのではないのです。

差別をなくそうと! なんて言いながら、現行の教育には選択の自由はなく、学校は今日も成績をつけているのだから。

【保存版】義務教育の意味と児童憲章-「不登校」は法律違反ではなく学校に行かない子どもは義務教育に反していない

2017.10.13

 

今日の本

バカをつくる学校/ジョン・テイラー・ガット

集中力を育てない「チャイム」、対立させる「クラス分け」、敗者だと自覚させる「競争」、階級を意識させる「成績評価」、自分の頭で考えない人間の生産工場…それが義務教育。日本の教育もまるで同じ惨状だ!!ニューヨーク州最優秀教師の全米覚醒のベストセラー。

 

民主主義と教育〈上〉/J. デューイ

教育とは直接的な経験から出発し、これを絶え間なく再構成・拡大深化してゆく過程である。従って、それは子どもや学校の問題にとどまらない。とすれば民主主義社会における教育とは何か。教育に関する在来の学説をこの観点から根本的に洗い直し、デューイ自身の考え方を全面的に展開し世界の教育界の流れを変えた20世紀の古典。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です