子どもの説明書はいらない

toddler-1484693_640
amm

こんにちは、AI-amの星山まりんです。

わたしたちの書籍、このブログのなかでも「信頼」や「待つ」ということばを使用していますが、このことばの表面だけを受け取るのはもったいないです。もったいないし、まずい。それよりも必要なのは、体感することだと思う。

 

ことばの表面

ことばの表面に左右されるのは考えものだなあ、と、ときどき思います。
ことばっていうのはほんとうに豊かですばらしいけれど、それを方法論やマニュアルとして受け取ってしまうのは、まずい感じ。

信頼ということば。
わたし吉田晃子 は、書籍のなかでも信頼ということばを使用しましたが(『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』 ←ぜひぜひ読んでください)、これを字面どおりに「じゃあ子どもを信頼してみるか」というノリがあったりするのを、耳にします。ごくたまにですが。

それで、「どうやって信頼すればいいですか」ということになる。
「信頼は「する」ものじゃなく「ある」もの」というふうにも書きましたが、これはことばの、まずい作用のひとつなんだな、と気づかせてくれます。

 

信頼は「する」ものじゃなく「ある」もの

そういう働きの起こらないようなことばを使うことが必要なんだなあとも思うし、説明書を読んでいるんじゃないんだから、自分なりに解釈して落としこむという行為も必要だと思う。

 

「待つ」ことと「待ってあげる」こと

「待つ」にも似たような作用が。

「待つ」ことと「待ってあげる」ことはほんとに、まったく、違います。
信頼するとか待つとか、そういうものをさも説明書で読んだように実践すると、それは「信頼してあげる」とか、「待ってあげる」という状態になる。
それは対等でもなんでもない(と、こういう「対等」ということばもまた、よくないかもしれません)。

 

ましてや関係にはそれぞれ大きく、小さく、きれいにいびつに、いろんなちがいがあるし、一度そうだと思ったものが、日ごと変化もする。

じゃそれはどうすればいいのかっていうと、それは、体感するってことだなあと、感じています。
子ども(人間関係)についてもそうだし、「知識として知りたいこと」や「ことばとして知りたいこと」でないかぎりは、ことばの内側にあるものを感じなければ自分のものにはならない。
そうしてあとからついてくるのが、ことばになった信頼とか、待つとか、そういうもののような気がします。

だから、自分がいいなとおもうものをもっているひと、やっているひとがいるならそこへ行く、話をきく、というのはすごく自然で、ある意味とても合理的で、たしかなことだと思う。

 

 

今週末、5月13日(土)は岩切弥生さんと吉田晃子のトークライブがあります。
岩切弥生さんは『見てる、知ってる、考えてる』を書かれた中島芭旺さんのお母さんですが、そういう自然な、合理的な、たしかなことをする中島芭旺さんはやっぱりすぐれているひとなんだなあ、と思う。

そして、(何百年も名前が残る稀代のナントカというようなひとでなければ)子どもの環境というのはどうしたって家族に左右されるもので、すてきで美しい子どもがいるのは、すてきで美しい生き様をもつひとが親だからです。

子どもたちよりも、そのお母さんから受け取るべきものが、たくさんたくさんあるなあと思う。
信頼関係や待つ行為も、子どもはそのままのものを返せるけれど、はじめにどんなものを生むのかは母親次第なので。

たくさんのかけらが散りばめられたトークライブになります。
きっととっても楽しいので、ぜびせひ5月13日は目黒へお越しください。

 

(お子さん連れでも大丈夫です。当日その場にいるみなさんが心地いい形で、お話をきくことができたらいいなと思います。)

岩切弥生 × 吉田晃子トークライブ「流動と不変(生まれてきてくれてありがとう)」

0513

2017年5月13日(土)
14:30開場/15:00開演
(トーク2時間、その後は質疑応答を1時間ほどを予定しています)

料金:4000円(予約制・12歳(小学生年齢)以下無料)

場所Impact HUB Tokyo
東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階

 

*参加お申し込みについて

このトークライブは事前に、先着でご予約を受け付けます。
下部の「今すぐ購入」(Paypal)ボタンよりお進みください。

お支払完了後、Paypalからのメールとは別に、AI-amからメールをお送りいたします(24時間以内)。
このメールをもちまして、ご予約成立となります。
万が一、24時間以内にメールが届かない場合は、お手数ですが aiam.life365@gmail.com までお問い合わせください。
※Paypalに登録されているメールアドレスへご連絡いたしますのでご注意ください



 

☆12歳以下(小学生年齢)のお子さんもお越しになる場合は、aiam.life365@gmail.com まで、申し込み者のお名前とともにお子さんの年齢・人数をお伝えください。
☆Paypal以外でのお支払(銀行振込)をご希望の方は、aiam.life365@gmail.com までご連絡ください。
☆キャンセルに伴うご返金はいたしかねますので、ご了承ください。

(担当:星山)

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です