いまを「それなりに過ごしている」ということ




am3こんにちは。

AI-am(アイアム)
星山 海琳 です。

 

不登校になって伸びた7つの能力の本文、よっぴーが書いたことから考えました。

不登校をしていたわたしは、かつて「将来」とみなされた現在を、「それなりに」過ごしています。
それは、安心や不安にたよらない、現状を「わたしのもの」にしてしまわない言葉です。

 



今その「将来」を、楽しく、心地よく、それなりに

わたしたち、よっぴーまりん(吉田晃子・星山海琳)の著書不登校になって伸びた7つの能力 』の本文を、何回かに渡って(まったく未定!)解説していきます。

第1回の今回は、
第1章・親が得したこと ①
「不安からの解放」
p.23 より。

 

よっぴーはここで、学校に行かなくなりはじめた子どもに向かって、親がつい言ってしまっている5つの「心ない言葉」「心ある言葉に言い換えよう」と書いています。

5つめの「心ない言葉」は、「将来はどうするの?」

この文章は、こんなふうに締めくくられています。

 

将来より今日のいのちです。
その「将来」ってやつは、子ども自身が考えます。
小・中・高と行かなかったわが家の子どもたちは大きくなって、今その「将来」を楽しく、心地よく、それなりに過ごしています。

 

引用:『不登校になって伸びた7つの能力』p.23

 

 

これ、本で読んでくださった方、安心しました? それとも不安になりましたか?

 

「それなりに」≒ 「ぼちぼちでんな」

最後の「それなりに」に、なんだか微妙な感じがした人もいるかもしれません。よくはないんだ、みたいな。

でも、この言葉があらわすものは、安心でも不安でもないんです。

この「それなり」って、ようするに関西弁における「ぼちぼちでんな」なんですよね(よっぴー本人には確認してませんが)。

 

関西弁の「ぼちぼち」を正しく翻訳するのはむずかしいんだけど、よく言われる「ものすごくいいわけではないが、ものすごくわるい状況でもない」「可もなく不可もない」、「それらの中間」といった説明は、「それなり ≒ ぼちぼち」の持つニュアンスとはちょっと違います。

 

言い換えれば、「まあ生きていればいろいろあるけれども、今日も米はうまいし、こうやって会話できているのもありがたいことだし、犬猫ものんきにしているし、こんなもんでしょう」、と、そんなところ。

 

不登校をすることはゴールを失うことではない

「ここに到達すれば成功だ」というゴールがなければ、人は成功者だとか幸福を掴んだとか、そんなことを強く意識する機会はないはずです(明確な成功は、同時に明確な失敗を生み出すんですが)

掴めるものではなく、実感するものとして、わたしの達成や幸福はある。振り返れば今日までなんだかんだ生きてきたなあとか、こういう瞬間ってなんかすごく幸せだよね、とか。

 

不登校をすることは、この頼りがいのある明確なゴールへの道を失ってしまうことだと思われがちです。
でも、不登校をすることでほんとうに得るのは、もともとゴールなんて幻想でしかないと気づくこと。

 

いい/わるいの矮小化

「それなり」は、現状をいい/わるいで判断しない言葉です。

実際、日々にはうれしいこともあれば悲しいこともあるし、いくつかの視点を持てば、いい面だってわるい面だってあるでしょう。
学校で皆勤賞をもらっても、逆皆勤を達成しても。どんな人生を歩んでいても。

 

だいいち、わたしが幸福かどうかはわたしの主観ひとつだけれども、わたしの現状の良し悪しなんて、自分で決められることでもないと思う。

時間の流れの上に、「楽しく心地よく」過ごしているわたしがいる。

これをよいと捉えたり、わるいと捉えたりするのは、妙なコントロール精神の働きじゃないですか? 安心を信じたり不安にすがったりするのは、ずいぶん身勝手じゃないですか。まるで力の及ばない、アングルの多彩なものを、一枚きりの写真のなかに囚えるなんて。

 

このコントロールから離れたところで、喜びも悲しみも同居させたまま、一つひとつの出来事に対応しながら、良しも悪しも眺める。

そしてわたし自身はその環境を「楽しく心地よく」感じながら寝ては起きる、それが「それなり」に過ごすということです。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点