「考える力」「生きる力」が育つ勉強はココにあった!臆病にさせられない経験がポイント

am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー です。

 

親に「勉強しろ!」と一度も言われたことがない。

こどもに「勉強しなさい!」と言ったことがない。

…というご家庭に共通しているのは、こどもが「勉強嫌い」にならなかったってことだとおもいます。

 

しかしその「勉強」を、どこまでもしなかったら?

 

そこに評価がなければ、こどもは「勉強好き」のままで育ちます。

地頭のよい人に育っていきます。

 



「もっと勉強しておけばよかった」

もっと勉強しておかないと、お母さん/お父さんみたいになるよ。後悔するよ。てなかんじで、

もっと勉強しておけばよかった」と言う大人がいる。

 

「もっと勉強しておけばよかった」とその人は言うけれど、

教科勉強をもっとしておけば、いまある目の前の問題が解決するのか、というと、そうじゃない。

 

的確な表現は、もっと経験しておけばよかった、なんだとおもう。

 

そこをわかってて、

でも的確な言葉を考え、選びだすのがめんどいから、「もっと勉強しておけばよかった」という表現をつかっている人もいるんだろうけど、

けっこうね、まじにね、「もっと勉強しておけばよかった」の「勉強」は、教科勉強をさしている人もいたりする。

 

経験とはなにか?

もっと経験しておけばよかった の「経験」とは、なにか?

 

次から次、目の前に現れる「問題」を、

頭ひねりながら、

迷いまくりながら、

試しながら、

自分で考え、選択して、決断して、行動にうつしていく、その経験です。

 

失敗しながら、、、

笑われながら、、、

後悔しながら、、、の あの経験。

 

海外旅行に行くとか、自分で家を建てるとか、んな大きなことじゃなくって、

もっと、もっと、ちっちゃな、ちっちゃなこと。

目的のまえの、かたちもまだない目的の、ちっちゃなこと。

 

よい経験、わるい経験の違いは、臆病にさせられるか否か。

たとえば、教科書を忘れたとして。

「教科書を忘れました」と先生に言う。

先生は軽く注意して、「となりの子に見せてもらいなさい」と言う。

教科書を忘れたその子は、それに従い、何事もなかったかのように、時は過ぎる。という場面で、

(このあと先生の「はいはい、では37ページを開いて… 」なんて言葉とともに授業が始まっていく)

 

「教科書を忘れました」と先生に言うと、

「そっかあ。じゃあ、どーする?」と振られたらどうだろうか?

 

考えるよね。どーするか。

で、考えた(または、ひらめいた)ことを「言う」(伝える)よね。

 

で、そこで、そのとき、

その方法が、大人からみると、ずいぶんと滑稽であったとしても、

笑われない、

怒られない、

否定されない、だったらどう?

どう、おもいますか。

 

自分の「考えること」「言うこと」が、間違っていないか」という他者からの評価基準におびえることなく、安心して考えていける。

 

考える力 は、ぐんぐん育っていく。

「言う」という行為もこわくない。発言力 もいきいき育っていく。(人前で話す「発言力」とはまた別のものです)

判断力決断力行動力実践力 だって、どんどんたくましくなっていくのは、想像できるよね。

 

ヨコの3部作
このことをより詳しく、具体的に学べる動画は こちら
↓↓↓

>>> https://ai-am.net/vol1-3release

 

経験とはこういうこと。

あらゆる力をふるわせて、自分で足場をつくっていく。

 

それが、「ああ、勉強しとけばよかった」の勉強なんである。

(教科)勉強してたら、学べないのである。

 

自由学校=フリースクール

そういった、自分を生きる経験

次から次、目の前に現れる「問題」を、

頭ひねりながら、

迷いまくりながら、

試しながら、

自分で考え、選択して、決断して、行動にうつしていく、その経験を、

赤ちゃんは、

幼児は、

1日のうちで、何十回、何百回と繰り返している。

それが 学ぶ力

 

この力をじゃまされずに、自分で足場をつくってきた6歳のこどもは、

「教科書を忘れました」と先生に言うと、
「そっかあ。じゃあ、どーする?」と振られたらどうだろうか?

考えるよね。どーするか。

の前に、

そもそも、「教科書を忘れました」とは先生に言わないだろう。

すでに 考えてる。どーするか。

すっごい 集中力 でもって。

躊躇いのない 独創力 でもって。

 

 

とね、もうひとつ、この例題で言うとね、

「教科書を忘れました」と先生に言うと、
「そっかあ。じゃあ、どーする?」と振られたらどうだろうか?

考えるよね。どーするか。

でも公の学校教育の教室では、この子が自分のこたえが出るまで考える(考えさせてもらえる)ことは、なかなかできない。

 

人材力より、人間力が先! って人は、自由学校が向いている。

不登校だから、フリースクールへ。なんて発想じゃなく てね。

 

就学前後の年齢のこどもで、ぼくは/わたしは、自分のやりたいことより、やりなさいと言われたことをやるほうが好きです と言うこどもをわたしはまだ一人も知りません。

けれども、やりなさいと言われたことをやってきたこどもで、思春期ころになって、ぼくは/わたしは、どうしたらいいですか? と、他者軸の「正解」を求める人 は何千人と知っている。そういう大人も。。。

 

 

※『 たとえばプロフェッショナルな仕事をされている珈琲豆屋さんのように 』で書いたフリースクールの更新作業ね、週末も、いまも、がんばってるんですが、
各スクールのブログを読んでてね、民主主義のモクラティックスクール・サドベリースクールではないけれど、
こういうスクールが(スタッフが)「 自分を生きる学校 」なんだよっておもうところが何カ所もある。

 

学校の勉強は、本人が必要としたときや、したい! となったとき、します。こども自ら。

たとえば、12年間の科目勉強を2ヶ月半でやったまりんさんのように。↓↓

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です