コミュニケーションを大げさに考えてない? 不登校や盗みがなくなる方法は「他人軸から自分軸へ」




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー (吉田晃子)です。

 

親の財布からお金を盗む子ども-なぜ盗む?背景と理由と心理と対応 』の記事から、

盗みがとまる方法や、不登校を問題とする思考から脱する方法は、「他人から自分へ」軸を戻すことなんだなあとおもったことと、

「それって問題(児)をつくってないか?」について書いています。



子どもが親のお金を盗むその行為に考えられる3つのケースと、共通の原因

親の財布からお金を盗む子ども-なぜ盗む?背景と理由と心理と対応 の記事では、

どうやったら盗みをしなくなるのか? その対応と、

そもそも子どもがなぜ親のお金を盗むのか… その背景や理由、心理について、わたしが考える意見を書きました。

まとめると以下です。

 

子どもが親のお金を盗むその行為に考えられる3つのケース

  1. 親の関心をひきたい=愛されたい
  2. 所有欲(物欲)に負ける
  3. 金銭の強制搾取(カツアゲ)にあっている

 

考えられる3つのケースの共通原因

ズバリ! 親子のコミュニケーション不足 が原因です。

  1.  親の関心をひきたい=愛されたい も、
  2.  所有欲(物欲)に負ける も、
  3.  金銭の強制搾取(カツアゲ)にあっている もぜんぶ。

 

 

たとえば 2.の「所有欲(物欲)に負ける」にしても、

お菓子やカード、ゲームソフト、ゲームセンター、服や鞄、交際費など、欲しいものがあるけれど、親に言っても買ってもらえない。

遊びに行くのにお小遣いが足りないけど、言えば怒られるだけで、理由など訊かれて超ウザい。

だから、「ちょっと失敬」する

 

親子のコミュニケーションができていれば 、盗癖には至りません。

カツアゲにしたって、遭った時点で子どものほうから話すことができます。親にとっても子どもにとっても、それがいちばん心地いい関係です。

 

家のお金を「ちょっと失敬」する子どもたち

記事をあげたあと、さらに考えていました。

家にあるお金を盗むのって、子どもにとってはたいして悪気があったわけではなくて、

ちょっと「もらった」
ちょっと「パチった」

ぐらいの感覚でいることも多い。最初は特にそうでしょう。

 

子どもがそういう軽いノリでいるときに道徳をもちだすことは、「悪」を植え付け、自己否定感につながる生き辛さを抱えさせはしないでしょうか?

 

なぜ悪いことをしてはいけないのか?

道徳に普遍性がないこの世界で、即座に答えられるおとなはそう多くありません。

 

不登校をすることについて、友人が言います。

そうそう、学校に行かないことに悩んでいないのに、まわりがうるさく言うと、だんだん自分は悪いことしているって思ってしまう。恐怖で語る人もいたり。

(略)

もっと他人から自分へ。

私が最近気づいたことは、私って他人軸に生きていたなーって。

他人に許可してもらわないと何もできないと。

 

時間がないからコミュニケーションがとれない?

親子のコミュニケーションが不足してるからだよ〜、なんて言われると、「わたしは専業主婦じゃないから時間がない」と言うお母さんがいます。

「俺は仕事で忙しい。そんな時間がどこにある」なんて怒るお父さんもいます。

 

そんなとき思うんです。コミュニケーションを大げさに考えてないか? って。

 

india-1235870_640

たとえば、この写真の子どもたちに「オッス」と言われたら、「オッス」と返しませんか?

「いや君たち、挨拶というものはだな、年上の者にはウンタラカンタラでだな…」とは言わない ですよね(たぶん)。

「オッス」と言ってる子どもたちに、「オッス」と返すことなく、「君たち、靴はどうした?」とは聞かないですよね?

 

でも、わが子には してる。。。

 

親と子のコミュニケーションなんてのは、「オッス」と言われたら、「オッス」と返す関わり、それだけ。その積み重ねです。

ジャッジではありません。

 

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座
「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」が新しくなりました!

この講座では、相手をジャッジせずに、聴き、伝え、話し合う方法を学びます。

詳細はこちら

 

 

他人軸から自分軸へ

ある講演先で、「まりんさんは学校に行かなかったことに劣等感は感じなかったんですか?」と聞かれていました。

まりんさんはこたえます。
「親が劣等感を持っていなければ、子どもは感じようがないと思います」

 

コミュニケーションがとれないのは、時間に余裕がないからではなく、心に余裕がないからです。

じゃあ、なんで心に余裕がないのか?

忙しいのは本当。24時間、四六時中、子どもを最優先できないのも本当。でも根本的な理由は、

他人軸で生きているからです。

じゃあ、なんでこうも実に多くのおとなが他人軸で生きているのか?

・・・ 「考える」はどこまでもつづきますね。

 

どうして他人軸で生きているのか?

デモクラティック教育精神のエッセンスが漂うおうちをつくっていくオンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」では、つぎはぎの技術ではなく、自分を見つめなおし、「なぜ」を掘り下げるところから学んでいきます。

詳細はこちら → https://ai-am.net/iifune1127

 

>>> 関連記事
親の財布からお金を盗む子ども-なぜ盗む?背景と理由と心理と対応

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点