世界が選択肢!せっかく学校に行かないのだから好きなことをしたらいい。

am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴーです。

 

不登校でも、家で学校の勉強をしてくれたらいいのですが、なかなか勉強しないんです」

と、悩まれている方がいらっしゃいます。

これはわたしの考えですが、学校の勉強(やりたくないこと)をしていたら、学校ボケになっちゃいますよ。

 

学校ボケ

不登校でも不登校じゃなくても、そんなことはどーでもいいんだけれど、

せっかく学校に行っていないんだから、子ども自身 やりたいことをやればいい

やりたくないことをやらせようとしないで、子どもがいまやっていることを、やっているのがいい!

やりたくないことをやらせていたら、学校ボケになっちゃうよ。

 

ドラムはダメだけど、英語ならオッケー

やりたくないことをやらせるのって、学校の勉強以外にも、

 

  • 読み書き計算を教える
  • 時計の読み方を理解させようとする
  • 外に連れ出そうとする
  • 習いごとをさせようとする
  • 友だちと遊ばせる
  • 規則正しい生活を守らせる
  • 昼夜逆転を禁止する
  • 運動を誘導する
  • 漫画ではなく、為になる本を読ませる
  • 高校進学をすすめる
  • バイトをすすめる

 

などなど、たくさんあります。

高校に行かなくなった子どもが、ドラマーに憧れて「ドラムを買って!」 と言いだしてもダメなのに、親 習わせたい英会話なら、その授業料を出していたり。

 

学校ボケになる理由

やりたくないことをやっていたら。。。

 

  • 直感力やアンテナが鈍る
  • 自分(魂)が分離する
  • 感じる力が貧しくなる
  • 想像力が乏しくなる
  • 考える力が衰える
  • 判断力が弱まり、決断力も痩せる
  • 自分がなにをしたいのか、わからなくなる
  • 「自分」を見失っていく

 

だれかの指示や強要、強制されたことをやっていたら、自分の内にある欲求に気づけなくなって、萎んだ脳だけが膨らんでいく。

 

そのうえ、子ども自身が自分に評価を下すのではなく、

「よくできました」
「もっとがんばりましょう」

と、他者のものさしによる評価を、他者が子どもにぺたぺたと貼っていく。

 

気力を奪われ、関心には水を差され、感動することも忘れた少年・少女は、

無気力無関心無感動無責任な人間に育てあげられ、学校ボケになるんです。

 

こどもは自分に必要なことを学んでいる

不登校でも、不登校じゃなくても、本来はそこに境界線なんてものはありません。

好奇心に身をまかせて、地球の上を動き回ればいい。

 

zu-1

 

学校で勉強することと、外で鬼ごっこをすること、広場でバスケをすること、どれもが遊びで、自分に必要なことを学んでいます

 

学校の国語の授業で「おおきなかぶ」のお話を知って、かぶの収穫を体験しに行き、アオムシのことも知ったり…。

アニメからヴェネツィアを知り、ヴェネツィアへ行ったり、イタリア語を覚えたり…。

ストーリーも、ルートも、ゴールもないマインクラフトで建物を建てたり、オークやシラカバなど建築資材を揃えたり…。

 

遊びのなかから「勉強」だけを切り離している

教育は “生” すべてにつながっています。

それなのに学校は、その「 “生” すべてにつながっている」まあるいなかから、

学校で勉強をする

だけを取り出し、格付けをして、三角形の価値観に変形させています。

 

zu-2

 

やりたくないことをやらせていたら、学校ボケになっちゃうよ。

世界を選択肢にして、自分の好きなことをしたらいい。自分を制限することはない。

「させられる」ことではなく、「やりたい」ことは、「どうやって?」を考え、工夫していきます。想像力を超えた創造力で。

投げ銭はこちら

Paypal.Meの画面を移行後、「送信」よりお進みください。
金額はおいくらでも、と言いたいところなのですが、手数料が差し引かれてしまうため、すみませんが300円〜でお願いします。

この記事がよかった役に立ったオヤトコ発信所を支援したい・応援したいと思ってくださった方は、よろしければ投げ銭をお願いします!

心の支えにさせていただくとともに、これからの活動に役立てていきます。