不登校が絶対に治らない理由




amm

こんにちは。

AI-am(アイアム)
星山 海琳 です。

 

よく「不登校はこうすれば治る」「不登校を治す方法」…と表現されますが、不登校は治りません。

なぜなら、不登校は治すものではないし、異常な状態でもないからです。

では、どうすれば不登校は解決するのか?



不登校は病気?

よく耳にする「不登校を治す」「不登校の治し方」といったフレーズ。

「治す」「治る」というと、どんなものをイメージするでしょうか?

わたしは、病気とか、ケガなどが思い浮かびます。日常的なものなら、風邪を治すとか、腰痛が治らないとか。

 

病は、正常・平常ではない状態を指しますよね。しかも、そのせいで弊害があるものについて使います。

たとえば風邪には、鼻みずやくしゃみが出るとか、熱、咳が出る、などなどの困った症状があります。病は、治すべきもの。それらの症状がない状態へ戻すことを目指します。

 

そうでなければ、ただの変化にすぎません。

たとえば体重は日々増えたり減ったりするものですが、これは病気ではなく変動です。

でも痩せすぎたり、太りすぎたりすると、体に弊害が起こってきて、病気になってしまう。

 

「不登校」を責めるのは無駄

「不登校」は、絶対に治りません。

不登校」は治すものじゃないし、異常な状態でもない からです。
だから、治す方法も、正す方法もない。

 

本人や家族が不登校をはじめると、家庭内にはしばしば、「責める」という行為が発生します。

なにか/誰かに責任を負ってもらいたい、責めていたい、と思うのは、その事柄を嫌悪しているからです。失敗だと感じるから、マイナスなことだと感じるから。

 

そうして、夫婦間で相手を責めたり、学校や先生を責めたり、なんなら本人に責任を追及したりもします。本人もまた、まわりの誰かや、自分を責めたりする。

これは悪循環です。責めて解決するわけはないし、学校に行けないことは失敗じゃない。

それに、失敗であるかどうかは、そもそも関係がありません

 

不登校を解決する方法

たとえば、

「学校には行きたい。でも、通学路にあるお家の犬にいつも吠えられて怖いから、行きたくない」

という悩みを解決するなら、いろんな方法を考えつくかもしれません。

道を変える、その家の人に相談する、耳栓をして通る、いっそ犬と仲良くなる、etc…。

なにかを解決したいなら、どうすれば解決できるのか? ということを考えなくてはいけません。決して、責めるのではなく(「なぜ犬が怖いのか」と責めたって、意味がないですよね)。

 

「不登校」は、まったく問題じゃない。

「不登校」という状態そのものには、なんの問題もありません。

「不登校」が問題になるのは、「不登校」を問題にしたときです。

 

この問題を解決するベストな方法は、学校に通うことではなく、「不登校は問題じゃない」と思う自分になることです。じゃあ、どうしたら問題じゃないと思えるんでしょうか?

 

なにが問題になっているのか考える

「不登校」のなにが問題だと思っているか、自分がどんなことにこだわっているのか、一度よく考えてみてください。

  • 勉強をしなくなる、できなくなる
  • 立派な学歴がつかない
  • とりあえず高校、または大学までは出てほしい
  • 就職ができなくなる
  • 引きこもりやニートになってしまう
  • 友達がいなくなる
  • 世間体が悪い

 

などなど、ひとによって、ほかにもたくさんあると思います。

そして次に、「ほんとに勉強をしなくなるのかな?」とか、あるいは「どうして勉強が必要だと思うんだろう?」とか、

「就職って、ほんとにできないのかな?」などなど、イメージや現在の知識にとらわれず、とにかく考えてみたり、かたっぱしから情報を調べてみましょう。

 

すると、案外、そのどれもが問題ではなくなってしまったりします。実際は大丈夫だよ、りっぱな大人になれるよ、という安心材料を見つけてしまったりする。

でも、それですぐに納得できるひとは少ないかもしれません。「そうは言うけど」と、やっぱり納得しきれないものがある。

 

不登校はギフト

最終的な答えはひとそれぞれですが、そういう自問を何度も繰りかえしたのちに、問題の根本は固定概念だ、という答えに行き着くことがほとんどです。

わたしたちがこれまで出会ってきた方々、お話をしたりご相談を受けたり、デモクラティックスクール(サドベリースクール)に通っている当時に見かけたりしてきた方たちは、ほとんどそうでした。

「学校は行かなくちゃいけないところ」という固定概念、常識。それらが問題を作り出している。

 

そうなったとき、もう「不登校」は、それほどの問題ではありません。はじめから問題は、固定概念や常識にしばられていること、だったからです。

そして、具体的な問題(弊害になること)があるなら、それについて正確にアプローチすることができます。

むしろ不登校は、自分に気づきを与えてくれる、そのきっかけです。

 

>>> 関連記事
不登校のからくりを知ると、学校と自由に付き合える!

新学期がはじまる前に読みたい、不登校関連の記事まとめ

行き渋りや不登校の解決方法でしてはいけないこと!すべきこと!根性論・精神論ではなく考える

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点