「何年生?」「どこの学校に行ってるの?」「好きな教科は何?」と聞かれて学校へ行っていないと答えると返ってくる「なんで?」が面倒!不登校アルアルこんなときどうする?




am3こんにちは、

AI-am(アイアム)
よっぴー
です。

 

不登校をしているとき、「学校は?」「授業中じゃないの?」「何年生?」「好きな教科は何?」などと聞かれることがよくありますね。

正直に学校へは行っていないと話して、いろいろ事情を聞かれるのも嫌だし、面倒!

 

不登校アルアルですね。

こんこんなとき、どうする?

よっぴーやまりんちゃんは、どんなふうに伝えてきましたか? とご質問をいただきました。



「何年生?」「どこの学校にいってるの?」「クラスは何人くらいいるの?」「好きな教科は何?」などと聞かれて…

LINE@ にいただいたご質問。

LINE@ へのご質問

10歳の娘は幼稚園からフリースクールに通っていて、昨年秋にフリースクールにも行くのをやめ、いまは家で過ごしています。僕も妻もそれはそれで生き方の選択としていい、という考え方でいます。

よく人から「何年生?」「どこの学校にいってるの?」「クラスは何人くらいいるの?」「好きな教科は何?」など聞かれることがあり、正直に学校行ってないと話すと、なんで?とか、いろいろ事情を聞かれるのが嫌だし面倒で、在籍してる学校の名前を出して、サラッと流してきました。

でも、つい先日、その場面で見せた娘の複雑な顔を見て、娘は自分が嘘をついているような気持ちになっていたかもしれない、と昨日気がついて。

やっぱり毅然と「学校には在籍はしてるけど行かない選択をしているんだ」とか「ホームスクーリングをしているの」と嘘がない言い方をしたほうがいいのかな、と思い直しています。
それはそれでいちいちやりとりが面倒なんですが、、、。娘とも一度話してみようかな。

よっぴーやまりんちゃんは、そういう時にどんなふうに伝えてきましたか?
良ければ教えてください。

 

 

メッセージをありがとうございました!

 

無意味な質問

「何年生?」「どこの学校にいってるの?」「クラスは何人くらいいるの?」「好きな教科は何?」などと聞かれること、コレ、ほんと あるあるですー!

「オヤトコ発信所」をお読みくださっているみなさんのなかにも、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

コレ、ほんとウザいんですよね。いちいちめんどくさいし。

 

海琳 さんが行っていた デモクラティックスクール(サドベリースクール) も、

学年やクラス分けがなく、いろんな歳のこどもたちが一緒に過ごすなかで、たがいに教えあったり、影響を受けたりしながら、多くのことを学んでいく年齢ミックス だったので、

「学年」という区分けのない環境で学んでいた彼女は、「何年生?」と聞かれるたび、世の中の滑稽さをみてはったようにおもいます。「好きな教科は?」も然り。

「大きいね〜。クラスで何番目?」とかや、

よくある「大きくなったら何になりたい?」とかもね。

 

こども本人が背負っていくこども自身の課題

で、うちの場合は、

わたしに、または、わたしひとりでいるときに「こどもさんは何年生?」などと尋ねられたら、そんときはわたしが、あれよこれよとこたえますが、

でもって海琳さんひとりのときは、海琳さんひとりなんだから、そりゃこたえるのも海琳さんになるんだけれど、

わたしと海琳さんが一緒にいるときも、

「学校は?」「授業中じゃないの?」「何年生?」「どこの学校にいってるの?」「クラスは何人くらいいるの?」「好きな教科は何?」など聞かれたときは、海琳さんがこたえていました

 

尋ねてくる相手によって答えは変わる

  • わたしひとりのとき
  • 海琳さんひとりのとき
  • わたしと海琳さんが一緒のとき

いずれにも共通していたのは、相手さんによって、こたえ方は変わるということでした。

 

こどもは相手さんの価値観や思考がみえるのと、

親に、自分のあり様を丸ごと受け入れられているこどもで、かつ、親を信頼しているこどもは、親以外の人にまで「わかってもらいたい」とはおもっていないので、相手をみて適当にかわしていました(「わかってもらう」ための努力?みたいなことはやらない)。

そんなだから、ウソはイケナイものとは、とらえていないです。

 

こたえ方としては、

オルタナティブ教育や、オルタナティブ不登校、公の学校も含め、「生きているところすべてが学びの場だよね」といった考えとは縁がなく、純粋に「何年生?」と聞かれている方には、「〇年生」だったり、

「こいつ、うっとうしい奴だな」と瞬時におもった相手には、こたえなかったり、適当にかわしたり、

 

「この人、わかっている」「できている」とおもった人には、でもって自分に時間の余裕があるときは、海琳さんは率直にこたえていました。

できているというのは、自分の価値観は脇に置いて、他者の価値観に耳を傾けられる人のこと。毎日を真っさらで生きて「学ぶ」をしている人。

 

「何年生?」と聞かれて
  •  悪意のない相手 ➡︎ 「◯年生」など臨機応変に。
  •  うっとうしい相手 ➡︎ 適当にかわすなど臨機応変に。
  •  いいなとおもう相手 ➡︎ デモクラティックスクールに行ってた頃は、「わたしが行ってる学校には学年やクラス分けはないねん」/行っていなかったときは、「学校には行ってない(行ってたら◯年生、みたいな)」など臨機応変に。

 

人生はいつだって授業中

あらたまって話すのではなくて、

「いまの人、おかしかったよなあ/ウザかったよなあ/いい人だったよなあ」なんて、その都度々で言ってましたね。

 

たとえば、コンビニのレジで、店員さんに、

「あれ? いま授業中じゃないの? 学校は?」ときかれた海琳さん。

「うん、そうだよー。授業中だよー」(←コンビニを出てから、人生はいつだって授業中やんなあ、て名言を言ってました)とこたえるときもあれば、

「創立記念日」(← ウソ)とこたえるときもあったり。

「学校には行ってない」だったり。

 

「学校には行ってない」とこたえて、

「え? なんで?」なんてきかれて、

「あ〜こたえるん、めんどくさい!」と言ったり。

 

こどもたちがどのようにこたえようと、わたしは黙って見ていただけでした。

 

LINE@ に届いたこのメッセージを読んで)海琳さん曰く、

 

スクールに通っていた頃のまりん
誰にも話しかけられたことないからなあ〜

 

記憶がないそうです(笑)。

 

勉強会のお知らせ
※ 怖れを抱いていないこどもの生命は、あっぱれなまでに、イキイキと上へ上へと伸びていきます。

こどもが、そう育っていくための知っておいて損はない!勉強会をやります。

ラストの開講となるので、残り物には福がある♪ ってことで、ピーン! ときた方は、いっしょに学ぼう〜

詳細はこちら ↓↓↓
< 2/21 > 「怖れを手放して「愛する」をはじめよう! – 本当の反省 – 」in大阪 開催のお知らせ(「ヨコの関係」もやるよ!)

この勉強会が、動画で手軽にご覧いただけるようになりました!

勉強会「話し合い」「ヨコの関係」「愛する」が映像で学べる!特典つきで販売中です

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点