12年間の勉強が2ヵ月半?〜小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

bcad1168931b98795e21d9c536940f83_s

人気記事

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

義務教育である小学校、中学校、および高校も魅力をかんじなかったので行かないで(学校側からみれば不登校)、高認から大学受験に挑んだ娘、AI-amの星山まりんさんの話。第一話、高認篇。

 

突如、大学に行こうと思い立つ

※正確には小学校入学式と、1年生のあいだはちょくちょく行ってました。
17歳(学年でいえば高3)の夏、突如、大学に行こうと思い立ったまりんさん。

 

昼食後のコーヒーを飲みながら、まったりとおしゃべりをたのしんでいたときのこと。

「わたし 大学に行くわ~」

「あら~そうなん。ええやん〜。前々からおもってたん?」

「いま! 」

 

わたしまでが わくわくしだしました。

 

小学校から行っていなくても高認(旧大検)を経て大学に行くことができます

さっそく高卒認定(旧大検)のことを調べています。

高認試験は8月と11月の年2回あり、11月に実施される試験日になら出願は間に合うことを知り、

「おお、ラッキー! 」

 

即効でインターネットから願書を申し込んだ まりんさん。

コーヒーは冷めたけれど、おしゃべりは 熱くはずむのでした。

candle-1180387_640

 

 

高認を受ける、その心の内はというと

「ということは……

11月の高認試験で全科目受かったら、間をあけないで大学を受験できるってことやんな?
※12月高認合格発表→翌年1月センター試験→2月大学一般専門試験

おもしろい!! これまでしたことのない遊びやん。

ここはいっちょ来春めざして、『学の冒険』に挑んでみるわ」

 

転ばぬ先の杖を持たない子育ち家庭に生まれ、デモクラティックスクール(サドベリースクール)で学び育ち、12歳で デモクラティックフィールドのらねこ (以下、のらねこ)を立ち上げた人です。

ハートがキャッチしたやりたいことが、えらく困難とおもわれることであっても、出来るか出来ないか、ではなく、どうやったらやれるか? と掴みきき、具体的に工夫をめぐらせていくのはおてのもの。

遊び心に火がついた。

 

「たのしみだー」
「たのしみだねー」

「で、なにから する?」

 

高認試験まで2ヶ月半

学校に行かなくても勉強はいくらでもできます。むしろ自分のペースでできるので効率もいいのではないでしょうか。

(学校には行かないで)塾や家庭教師、独学で勉強している子どももいます。

 

けれども まりんさんは家ででも、スクールででも、科目勉強をしたことがありません。
これまでにテストなるものを受けたこともありません。

 

たとえば算数。
九九(かけ算)はおろか、足し算から知らない状態です。

英語も知らないです。主語ってなに? be動詞? なにそれ?
道はけわしい。

 

きつい様はほかにもありました。
のらねこのしごと以外にも、週5日バイトをしている社会人受験生です。

7575d4ea49fd6bf6fd8d019579372513_s

 

 

行動力と実行力

家庭と、デモクラティックスクールと、のらねこ、これらの共同社会のなかで、どれほど時間がかかっても成し遂げる力を得てきました。

 

その行動力に足して、15歳から一般企業ででも働いてきた経験は、「時間」が先にあり、かつ、成果を伴わなければならない、利益社会で必要な実行力をも身についていたのでしょう。

目的・目標を明確に設定して、ブレずに力を発揮したのです。

 

12年間の勉強が2ヵ月半

足し算・引き算からはじまって、かけ算・わり算、分数に小数点……。小学校で習う算数は3日で終えました。

方程式をおぼえ、因数分解や不等式もクリアして、三角関数をこえていく。

 

数学のほか、英語、国語、世界史、地理、現代社会、生物に地学、と、全科目8教科を、勉強期間わずか2ヵ月半で、一発合格をはたしたのです。

 

勉強期間わずか2ヵ月半って……。

2ヵ月半で8教科って……。

12年間の勉強が2ヵ月半?

それも おしごとしながらでしょ? しかも数学以外は独学ででしょ?

 

奇跡?
引き寄せ?
イヤイヤ、実力?

 

まとめ

信じる心とか、諦めない心とかいうものは、本来、人間の根本に備わっているものです。

けれども、比べあうことを教える教育経験(学校にしろ、家庭にしろ)がそれらをもぎ取っていきます。

 

小学校の6年、中学校の3年、高校の3年。この12年で習う教科勉強が2ヵ月半でクリアーできることを知ったいま、ではいったい12年もの月日を使って、させられてきたものはいったいなんだったのか?

ものすごい集中力でもって勉強する まりんさんを目の当たりにして、観えたこと(集中力はどうすれば育つのかなども)を追々に発信していきたいとおもいます。

 

(関連→小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ:星山 まりん)

 

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

お母さんのがっこう516 スケジュール
1612sc2

 

171sc2

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】(毎週木曜日12:00〜14:00)は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日) 神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日) 岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金) 佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土) 福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月) 熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火) 鹿児島県日置市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水) 大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木) 福岡県行橋市《出版記念対談》
・9月 3日(土) 宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土) 岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木) 鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日) 東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日) 神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月10日(月・祝) 和歌山県岩出市《出版記念対談会》
・10月15日(土) 沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)    〃《交流会》
・10月23日(日) 奈良県奈良市《出版記念対談会》
・11月5日(土) 愛知県岡崎市《出版記念対談会》
・11月6日(日) 愛知県名古屋市《出版記念対談会》
・12月11日(日) 宮城県仙台市《出版記念対談会》

 

AI-amの2017年 講演等予定

・2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》
・春(日時未定) 北海道
・春(日時未定) 宮城県仙台市
・春(日時未定) 長野県諏訪市
・春(日時未定) 山口県長門市
・春(日時未定) 京都府亀岡市

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内
処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

1 個のコメント

  • […] 小・中・高と学校には通わず一切勉強をしてこなかったまりんさんは17歳の夏に突然、大学へ行こうと思い立ち勉強をはじめます。 九九もbe動詞もわからない。足し算、引き算から勉強をはじめ12年かけて学習するはずの勉強を2ヶ月半で終え、結果、志望校に現役入学!! (お二人のブログでもこのエピソードを読むことが出来ます http://ai-am.net/daughter-1 ) […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です