デモクラティックスクール・サドベリースクールとホームスクーリングの違い

window-1716927_640

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

家ではデモクラティックスクール・サドベリースクールはできないよ、というお話と、デモクラティックスクール・サドベリースクールとホームスクーリングの違いとエッセンスの話。

 

「家」でデモクラティックスクール・サドベリースクールはできません

この春中学3年になった子どもがいます。中学2年の夏休み明けから不登校をしていましたが、やっと「学校」に囚われない生き方ができるようになりました。今春からはホームスクーリングとして家でデモクラティックスクールをしていこうと思っています。『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』に書かれてある家族会議のしかたを詳しく教えてください。そのほかにもアドバイスがほしいです。

というご相談がきました。(内容は省略しています)

 

アドバイスがほしいということなので、アドバイスさせていただきました。

家で デモクラティックスクール・サドベリースクール はできません、と。

 

どうしてか?

そこは「家」だからです。

そこにいるのは「お母さん」(もしくは「お父さん」)だからです。

 

親が、デモクラティックスクール・サドベリースクールを立ち上げ、始めることはできます。

親が、デモクラティックスクール・サドベリースクールのスタッフになることもできます。

 

ただ、いまの「家」のまま、「お母さん」のままでは、デモクラティックスクール・サドベリースクールはできません。

 

デモクラティックスクール・サドベリースクールとアンスクーリングの異なる点

デモクラティックスクール・サドベリースクールというのは、 オルタナティブスクール のひとつで、カリキュラムやテストのない、自分の好きなことを学んでいく学校なんですね。

ここだけをみれば、アンスクーリング(子どもの自主性に任せて本人の学習する意欲・興味に従って教育を進めるホームスクーリング)と似ています。

しかしアンスクーリングと大きく異なる点は、デモクラティックスクール・サドベリースクールは、子どもとスタッフがなんでもミーティングで話し合って決めていくという、民主的に自治運営しているってところです(ほかにも大きく異なる点がありますが、それについては別記事で書きます)。

 

まずそもそもスタッフは、子どもたちの話し合いや投票によって決まります。

またそれは終身雇用ではなく、毎年、スタッフ選挙によって選ばれるんですね。

スタッフの給与も子どもたちが決めています。

 

時間も手間もかかります。もーーーーーーぅ。

それでも、学費、活動費、物品の購入、春休みや夏休みの日にち、開校日、開校時間、ルール、etc、学校に関わることはすべてミーティングで話し合って決めていくんです。

 

なわとびを買ってほしくなったら、ミーティングで議題を出して、なぜ買ってほしいのか、どう必要なのか、みんなの前で話します。

でもって、みんなで話し合って決定されていきます。

ホームスクーリングの場合だったら、「なわとび買って〜」と、買ってほしくなったそのときに発言できるだろうし、交渉相手は親となります。

 

ホームスクーリングとして家でデモクラティックスクールをしていくことはできない、と言い切った理由をわかってもらえたかとおもいます。

 

デモクラティックスクール、サドベリースクールエッセンス

でもね、そのうえで思うことがあります。

わたしはデモクラティックスクール、サドベリースクールが 大好き なんですね。

だから言うのだけれど、サドベリーの考え方は親子の関係にもとってもいいっておもっています!!

信頼すること尊敬すること子どもの主体性 の大事さ、親の寛容 さ、多様な価値観との共存、、、すべての親に知ってもらいたい考えです(この情熱がブログを書きつづけているパワーになってる)。

 

「親だから子どもを心配するのはあたりまえ」というセリフを耳にするたび、え? なんで? っておもいます。

つか、怒りすら覚えて笑いがでます。

だって、こんなに失礼なことはないでしょ?

 

 

親が「待つ」をしないと子どもは何も学べない 」の記事や、「 ぼくはゲームが好きです!子どもがゲームをやめないといけないのはなぜですか? 」の記事などもそうなのですが、AI-amが書いている記事には、サドベリーエッセンスをふんだんに入れてあります。

 

でね、これからも、これまで以上に、デモクラティックスクール、サドベリースクールのエッセンスをとりいれたの、「家庭でサドベリー」なんてカテゴリーで、ブログ書いていきますんで、読んでいただけたらうれしいです。

 

あ、そだ! 「ブログでは書けない、学校との付き合い方こっそり教えます会」があるのに、「子どもとの付き合い方」がなかった!!

デモクラティックスクール、サドベリースクールのエッセンスをとりいれた おしゃべり会もやっていきたいとおもいます。

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』に書かれてある家族会議のしかたについては、【 親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】で実践的にお伝えしています。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です