不登校への対応の要望がスンナリ通る人に共通するのは何か?「攻撃型」「ひっこみ型」「率直型」で分かれる

am3こんにちは、AI-am(アイアム) よっぴー です。

公の学校に行かないことを学校側に伝えるときや、

PTA非加入や給食費のストップ、通学証明書(通学定期券購入申込書)の申し出をはじめ、

学校になにかと要望をお願いするときに、スンナリいく人と、いかない人がいます。

その違いはなにか?

姿勢です。(大げさに言えば、人生に対する構え)

 

スンナリいく人の姿勢とはどんなか?

前回の記事、『【不登校における学校への伝え方】新学期の家庭訪問!連絡事項は口頭ではなく文書でする 』のパート2です。

 



スンナリいく人に共通してあるもの

こどもが不登校しだしたときや、登校しなくなったとき、また、はじめから行かないなど、

「従来の不登校」でも「 オルタナティブ不登校 」でも、こどもが「学校に行かない」ことで、保護者であるわたしたちは、何かと学校に出向かなきゃいけないことがあります。

 

入学式に出ない ことを伝えるために学校に行くとき、

学期末、 通知表等 を受け取りに出向くとき、

PTAの退会 や、給食費のストップなどを申し出るために先生に会いに行くとき、

通学証明書(通学定期券購入申込書)をお願いしに行くとき、

尿検査や、ぎょう虫検査 の物を持っていくとき、

呼び出されて行くとき、

その他、 前回の記事 のように、新年度の進級にあたり、なんなりとある要望をお伝えするために行くとき、、、などなど、

 

スンナリいく人というのは、主従関係に支配され(きっ)ていない人です。

知性のある人です。

 

知性のある人

知性のある人というのは、自分で考えるんですよね。

自分で考えるから、知性があるというか……。

※ 知性と知識はちがいます。知性の対極にあるのが知識。

 

↓↓は、知性のことが書かれている、橋本治さんの『 負けない力 』からの引用なんだけど、、、すごいな。

日本人の「考える」は、「なにが正解となるのか?」を考えることではなくて、「どこかにあるはずの正解はどれなのか?」と探すことで、それが「見つからない」と思ったら、すぐに「分からない」で降参です。

引用:負けない力

 

「考える」ということは、ある意味で「地獄の底まで降りて行く覚悟をする」ということです。

引用:負けない力

 

橋本さんは、知性とは(自らに)負けない力だと言います。

 

「答は自分の中にある」と思えるのが知性

たとえば担任の先生に、

● 学校に行くときは連絡する、行かないときは電話はしない。

ということを伝えたけれど、要望を聞きいれてもらえなかった。そんなとき、知性のある人は「なんで伝えられなかったのだろう?」と考えます。

 

なんでわかってくれないのよ💢 あの先生は💢 と怒りが生じたり、

わかってくれないよ〜😭 あの先生は〜😭 と泣いたりがないんですね。

「なんで <失敗> になったんだろう?」と考える。で、自分の失敗した理由を考えて、「そうか 💡」と解明していきます。

わかってもらえるように話せなかっただけ。
自らに負けて、「なんでわかってくれないの?」にはなりません。

 

学校世界を離れたいなら、学校にがっかりしている暇はない。

2018.07.11

 

主従関係に支配され(きっ)ていない人

しかも主従関係に支配され(きっ)ていないから、攻撃したり、逆に、ひっこむこともなく、率直に話します

攻撃したり(攻撃型)、ひっこんだり(ひっこみ型)、、、といった行動をとらせる主な原因は恐れで、ともに怒りの感情があるんですね。

自分の大切な欲求を満たすためには自己表現が重要だけど、その自己表現をどんな形でしているか? ってなると、

ほとんどの人が、自分を正直にはっきりと自他尊重して(率直型)、相手に伝えることができないで、攻撃したり、ひっこんだりの行動を行ったり来たりしています(「攻撃型」と「ひっこみ型」どちらか一方だけという人は少ない)

 

「攻撃型」と「ひっこみ型」

攻撃型」の行動は、他の人を犠牲にして自分の欲求を満たします。

自分の意見や欲求、感情をはっきりとは伝えるけれど、相手の欲求や気持ちを思いやることがないこのやり方は、相手をやっつけるかんじになっちゃいます。

あとね、無視や不機嫌も暴力です。

知性のない人は勝とうとするけれど、攻撃型のときも闘おうとしていて、言い方がまあるくなくなってしまいます(攻撃しちゃうときって目はつぶれ、耳はふさがれちゃってるんですよね、参ったことに)

 

ひっこみ型」は、嫌われないか、怒られないか、拒否られないか、かんしゃくを起こさないか、etc 、といったことを恐れるあまり、自分の意見や欲求、感情を伝えず、行動を自分から起こしません。

自分が苦しむとわかっていても、とにかく争いを避けようと努めるんですね。

他の人が言ったり、したり、することに、どう反応すればよいか、ということに時間とエネルギーを使います。

 

「率直型」でいよう!

自分の考えや意見、感情を否定されたり、表にださないようにしつけられてきたんだもん。

「自分」をほとんど出さないまま人と接する習慣を、ゆっくりと、確実に、身につけてきたんだもん。

コミュニケーションのスタイルが「ひっこみ型」になるのもムリはないって!

 

ほんとは言いたいことを言えないで、、、

がまんして、、、

やがて恨みの感情がたまり、耐えきれなくなると、「攻撃型」に転じる、、、ムリない、ムリない。だって、自分も他者も大切にする「率直型」を知らないんだもん。

まあるい聴き方、話し方を知らないんだもん。

先生に対してね、オープンになって、正直に自分を表現するなんてね、そりゃ こわいって!

 

☆ だったら知ればいいだけやんね。
攻撃したり、ひっこんだりせず、率直に話せるようになるスタイルを実践交えて「 親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 」で勉強しています。
いっしょに習得していきませんか。↓↓

 

自分の考えや感情を言葉で表現する勇気と能力を持つと、他の人に自分のことをわかってもらうことができて、
なによりも自分自身が、自身の自己理解を深めることができるようになっていきます。

自己理解を深めることができるようになってくると、ある意味で 地獄の底まで降りて行く ことも可能となり、「考える」の質も変化していきます。

 

「ローマは一日にしてなる」

「ローマは一日にしてならず」なんていいますが、知性も然り。支配か服従かではなくて自分も他者も大切にする生きかたも然り。

内面を磨け! といったって、一日でローマはできません。

ところが一瞬にして、ローマができちゃう方法があります!

みんなね、なぜか うっかり忘れているだけのこの方法、(長くなったので)次回につづけます。

 

今日の本

知性の磨きかた/林 望

自分の足で歩き、自分の目で見、自分の頭を使って、主体的に外の世界と関わっていけること。そしてそのための正しい方法=ものの見方を身につけていること。そんな「本当の知性」を磨くには一体どうすればよいのか?

◯ 友人のご紹介↓↓

ネズミと怪獣とわたし/パット パルマー(著), 玖保 キリコ(イラスト)

「アサーティブ」である、ということは、あなたが望むことを、相手や自分自身に伝えることです。この本には、あなたがアサーティブに物ごとを決定し、自立していくためにはどうしたらいいかが書いてあります。自分自身を知るためのゲームや、自分を表現するための新しい方法でいっぱいです。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です