サドベリースクールに行けない2つの理由「学費が高くて経済的に厳しい」「家から遠くて通えない」への向き合い方




「サドベリースクール・デモクラティックスクールに通わせたいけれど、家の近くにないので、行かせてあげられない」。
「サドベリースクール・デモクラティックスクールに通わせたいけれど、経済的に厳しくて、行かせてあげられない」。

サドベリースクール・デモクラティックスクールの元スタッフ・元メンバーでもあるわたしたちのところには、よくこんな声が届けられます。

一条校以外の学校選択肢の広がりを感じる瞬間でもありますが、今回は、

  •  家の近くにないので、サドベリースクール・デモクラティックスクールに行けない
  •  経済的に厳しいので、サドベリースクール・デモクラティックスクールに行けない

に対して、子ども星山海琳がデモクラティックスクールに通っていた、元スタッフでもある よっぴー の考えを書いています。参考程度に読んでみてくださいね。

※一条校…学校教育法第一条で定められた学校(みんなが知っている一般的な学校)



サドベリースクール・デモクラティックスクールに通うことへの隘路

サドベリースクール・デモクラティックスクールに通えない2つの理由
  •  家からスクールが遠い・家の近くにない
  •  経済的に厳しい・学費が高い

この2つの理由は、サドベリースクール・デモクラティックスクールにかぎらず、

シュタイナーサマーヒル フレネ イエナ・プラン など、オルタナティブ教育を実践する各学校オルタナティブスクール。一条校とは異なった独自の教育理念・方針による学校)を検討される際にも、ネックになりやすい部分だと思います。

 

サドベリースクール・デモクラティックスクールに通えない理由《 トップ3 》

ちなみに、LINE@ やご相談、トークライブでのご質問などなど、AI-amに届く声のうち「サドベリースクール・デモクラティックスクールに通わせたいけれど、通わせることができない理由」のトップ3は、

  •  家からスクールが遠い/家の近くにない
  •  経済的に厳しい/学費が高い
  • (親は行かせたいけれど)本人は行きたくない、または関心がないと言っている

となっています。

 

3つ目の(親は行かせたいけれど)本人は行きたくない、または関心がないと言っている」は解決するべきことではないので、ここからは、

こども本人・親ともにサドベリースクール・デモクラティックスクールに行きたいけれど、

  • 家からスクールが遠い/家の近くにない
  • 経済的に厳しい/学費が高い

が理由で通えない……という状況を前提に、わたしのケース・考えを書いていきます。

サドベリースクール・デモクラティックスクールに通いたいが、家の近くにない場合

こども本人・親ともに、サドベリースクール・デモクラティックスクールに行きたいけれど、スクールが家から遠い/家の近くにないために通うのがむずかしい場合の手段としては、スクールの近くに「引っ越しをする」が多いです。

このパターンの多くは、次の3つに分かれます。

  • 家族全員でスクールの近くに引っ越しをする
  • お父さんまたはお母さんと、こども本人だけが引っ越しをする(お母さんまたはお父さんは今住んでいるところに残る)
  • こども本人だけが引っ越しをする

 

2021年3月29日付の埼玉新聞に掲載された「デモクラティックスクール さいたま あみゅーず」の取材記事にもその模様が書かれていました。↓↓↓

梢さんの父親秀和さん(40)は、入学前に公立小学校を含め複数の教育施設を見学。梢さんがあみゅーずを選び、千葉県習志野市からさいたま市に引っ越した。「妻は不安がっているが、子どもに意思決定があるのが自然。丸暗記させる学校の教育がいいと思わない。勉強に意味はあるが、本当にやりたければ将来、自分で真面目に勉強すると思う」。妻のかおりさん(38)は「大丈夫かと思うときはあるが、本人が望んでいる。今後、小学校に行きたいと言えば、話し合っていく」と話した。

 

引用:新スタイルの学校「デモクラティックスクール」とは 予算など子どもが決定・運営 自ら学ぶ魅力が https://news.yahoo.co.jp/articles/8ed6956b0e213af361b233bb3f093767e1a67c67 

※全文はYahoo!ニュースでも読むことができます ↓↓↓
新スタイルの学校「デモクラティックスクール」とは 予算など子どもが決定・運営 自ら学ぶ魅力が https://news.yahoo.co.jp/articles/8ed6956b0e213af361b233bb3f093767e1a67c67

 

サドベリー教育を「選ぶ」子どもたちに理由を求めない【デモクラティックスクール「さいたま あみゅーず」が埼玉新聞に掲載されました】

2021年4月1日

 

同記事にも書かれている、日本でいちばん最初に開校したデモクラティックスクールである「デモクラティックスクール まっくろくろすけ」(兵庫県神崎郡市川町)へも「この学校に行きたい!」と、北は北海道、南は九州と、全国各地から引っ越しをされてきています。

お仕事の都合で、お母さんとこどもさんだけがスクールの近くに引っ越しをされて、お父さんは週末、関東から市川町へ通われているご家庭もあります。

そのほか、同じスクールに通っているこどもさんがいるご家庭に、こどもさんだけが一緒に住んでいるといったパターンもあります(いわゆる下宿ですね)

 

まりんさん(当時12歳)が、アメリカ・ボストンにある「サドベリーバレー・スクール」に行きたくなり、まりんさん本人が「サドベリーバレー・スクール」と連絡を取っていたときも、一方で、下宿させてもらえるお宅を探したものでした。

もちろん、さまざまな理由で引っ越しができないご家庭もありますが、本当にできないのではなく発想になかっただけであったり、優先順位の問題であったり、気持ちの面でブレーキをかけていただけだったり、ということも案外あるんですよね。

近くにないからあきらめる…、遠いからあきらめる…、お金がないからあきらめる… ではなく、で、どうするか? を一度考えてみることが大切だと思います。

サドベリースクール・デモクラティックスクールに通いたいが経済的に厳しい場合

まりんさんが、アメリカ・ボストンにある「サドベリーバレー・スクール」に行こうとしたときも、金銭面に余裕があったわけではないんですね。

まりんさんが、日本のデモクラティックスクールに通っていたときも、です。当時のわが家の収入は月15万円ほどで、貯金があったのでもなかったです。

低収入のわが家が、それでもデモクラティックスクールに通いつづけられたのは、“将来” ではなく、“いま現在” に軸を置いていた家庭だったからです。

 

多くのご家庭では、こどもの将来のためにと、大学費用の準備に貯金をしたり、学資保険に加入したり、ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)を運用するなどして、教育資金を貯められていたりするとおもうんですね。

“将来のため” 、大学費用に向けて教育資金を貯めていき、その上、“いま現在” こども本人の「この学校に行きたい!」にもお金を出すことができれば、それに越したことはありません。けれど、そうじゃないとき、どうするか。

わが家では、“いま現在” こども本人がやりたいと言っていること・していることにお金を使ってきました。もちろん、これはわが家のやり方で、必ずしも正しいわけではありません。「こどもが小さいうちはお金をかけず、将来の学費のために貯金しておこう」という考えもあります。

 

ちなみに、“いま現在” が連なり、まりんさんが「大学に行くわ〜」となった17歳のときには、小中高と学校に行かなかった彼女は、(いわゆる高校生年齢の3年間)自身が働いて得てきたお金を足しに、大学に行きました。

いまだったら、高等教育の修学支援新制度もあるしね。>>> 大学の学費・入学金減免と返済不要の給付型奨学金がセットになった「高等教育の修学支援新制度」が令和2年(2020年)4月開始!

高校もだけど、大学は18歳以上であれば(千葉大学や名城大学など飛び級・飛び入学ができる8大学は17歳)、何歳であっても、行きたいとき、いつだって行けるんですよね。

だけど、幼稚園や小学校、中学校はそうはいかないからこそ、“いま現在” に積極的になるのも、ひとつの方法だとおもいます。

サドベリースクール・デモクラティックスクールの学費

2021年4月現在、日本のサドベリースクール・デモクラティックスクールのうち、学費がもっとも高い「東京サドベリースクール」(東京都世田谷区)の学費は、以下のようになっています。

東京サドベリースクールの学費
・入学金
550,000円(1人目)
275,000円(2人目から・兄弟姉妹割引)

・学費
年間 884,400円(1人目)
年間 660,000円(2人目から・兄弟姉妹割引)

 

年齢によって学費が異なる「F.I.D.S. 福岡インターナショナル・デモクラティック・スクール」(福岡県福岡市早良区)の学費は、以下のようになっています。

F.I.D.S. 福岡インターナショナル・デモクラティック・スクールの学費
・入学金
60,000円

・年間学費(1年間分を4分割で支払う)
4~5歳 372,060円
6~11歳 744,120円
12歳~ 948,120円

※兄妹割引あり

 

学費がもっとも安い「デモクラティックスクールくまのび」(和歌山県新宮市熊野川町)は、以下のとおりです。

デモクラティックスクールくまのびの学費
・入会金
なし

・学費
年間 12000円(あとはお気持ちで)

 

同じく学費が安く抑えられている「宮崎デモクラティックスクール にじのりずむ」(宮崎県宮崎市佐土原町)「デモクラティックスクール さいたま あみゅーず」(埼玉県さいたま市西区)「デモクラティックスクール まっくろくろすけ」(兵庫県神崎郡市川町)の各校では、以下のようになっています。

宮崎デモクラティックスクール にじのりずむの学費
・入会金
20000円(兄弟姉妹がいる場合、2人目から半額)

・学費
月会費 5000円(月5日分の学費を含む)
学費 1000円/日

※兄弟姉妹がいる場合、一家庭の上限3万円(1ヶ月)

 

デモクラティックスクール さいたま あみゅーずの学費
・入会金
なし

・学費
6500円/月

 

デモクラティックスクール まっくろくろすけの学費
・入会金
なし

・学費
年間 12万円〜およそ24万円

※誰もが通えるように学費は幅を持たせています。2年目よりは特別な事情の方を除いて15万円以上をおねがいしています。スクールを大切にして、各家庭可能な額を支払っています。

 

その他の デモクラティックスクール・サドベリースクール の学費は、概ね、月3万円〜4万円ほどとなっています。

奨学金制度が設けられている学校(スクール)もありますし、学費の相談は受けてもらえると思います。一度、各学校に問い合わせてみてください。

【最新】日本のサドベリースクール・デモクラティックスクール一覧

2016年2月2日

 

ビジター制度のあるサドベリースクール・デモクラティックスクール一覧

サドベリースクール・デモクラティックスクールでは、「ビジター制度」を設けている学校もあります。

経済的な事情や遠方などの事情で、毎日は行けないけれど、可能なペースで時々サドベリースクールに通いたい! 少しでもデモクラティックスクールに参加したい! というご家庭のための制度です。

 

「ビジター制度」のある学校

デモクラティックスクールさいたま あみゅーず(埼玉県さいたま市)

「ビジター」

・年間登録料 6,000円
・費用 1100円/日

 

デモクラティックスクール び〜だ(静岡県浜松市)

「オープンび~だ」

月に2日間、外部の人がび~だを利用することが出来る日を設けています。
多くの方が利用できるよう、祝日のある月は祝日に設定、もう1日はび~だの通常開校日である月曜日から木曜日までのどこかで設定しています。

出典:https://democratic-school-vida.jimdofree.com/%E5%85%A5%E5%AD%A6%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C/

・利用料 3,000円/1日
・保険料 1,600円/(手数料込)

 

三河サドベリースクール・シードーム(愛知県岡崎市)

「ビジター」

・シードームを学び場のひとつとして不定期で登校します。
・ミーティングでは、発言はできますが議決権はありません。
・事前に登校の連絡が必要です。

出典:https://www.mikawasudbury.com/information#member-visitor

・学費 3,000円/日

 

デモクラティックスクール まんじぇ(愛知県一宮市)

「ビジター会員」

お家で学ぶほうが性にあっているというホームスクーラーで、たまには同じ年頃の仲間とも過ごしたい人、通いたいけれど遠方でたまにしか無理だという人のための制度です。
日頃は他の学校へ通っているけれど、たまには違う学び方をしたいという人の利用もOKです。

出典:https://manje.jimdofree.com/%E7%94%9F%E5%BE%92%E5%8B%9F%E9%9B%86-%E5%85%A5%E5%AD%A6%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C/

・登録料 2,100円/半期(期初めに半期分前納。年度途中入会の場合、その月から半期末までの月割り分を前納)
・参加費 2,500円+設備費50円/日

 

インターナショナル デモクラティックスクール まめの木(兵庫県篠山市)
「ビジター」

・料金 5,000 円/日 (不定期での参加料金)

 

デモクラティックスクール ASOVIVA!(大阪府南河内郡河南町)
「ビジター」

・入学金 40,000円/人
・学費 15,000/月(月5回まで)

 

デモクラティックスクール くまのび(和歌山県新宮市)

「ビジター」

学校ミーティング、運営会議は、①その場にいて ②本人が望み ③メンバーがよいといえば、一票を持って参加できる。

出典:https://kumanobi.com/entrance/

・登録料 3600円/年間(毎回の参加費はなし、あとはお気持ちで。年度の途中から参加の場合は月割計算)

 

デモクラティックスクール まっくろくろすけ(兵庫県神崎郡市川町)

「ビジター」

遠方で毎日は行けないけれども、少しでもデモクラティックスクールに参加したい」という家庭のための制度です。

出典:https://makkuro20.jp/admission

・入学金 10,000円(初年度のみ)
・登録料 10,000円/年間
・参加費 2,000円/日

 

新田サドベリースクール(鳥取県八頭郡智頭町)
「準メンバー制度」

新田サドベリースクールに通いたい様々な層のニーズに応える為に2018年度に創設しました。生徒の状況に合わせて柔軟にご利用いただきやすくなっています。

出典:http://shindensudbury.org/%e6%ba%96%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e5%88%b6%e5%ba%a6

・登録料 10,000円/年(2年目以降:更新料 10,000円/年)
・保険料 1,000円/年
・利用料 2,000円/日

※兄弟割引なし
※期限なし(1年ごとの更新制)
※新サ会などでの議決権なし
※定員の2割を上限とする
※準メンバーから正式に入学する際の入学金については10万円から登録料・更新料を引いた値段とする。入学金とは別に運営協力費10000円/年を納めることとする。

 

F.I.D.S. 福岡インターナショナル・デモクラティック・スクール(福岡県福岡市)

「ショートコース」

このコースは、子ども主導のアクティビティを奨励し、子どもの主体性、想像力、コミュニケーション力、協調性を助長することを目的としています。1日2回開かれる話し合い(ミーティング)では異年齢の子ども達が顔を合わせ、自分の考えを発表し相手の意見に耳を傾けるプロセスを大切にしています。

これまで長期休暇中に開催してきましたが、この冬から新たに “Integrated (融合)コースという、在校生と一緒に学校生活を体験するコースを設置することになりました。経験&知識豊富なスタッフと在校生に導かれながらデモクラティックスクールの醍醐味を体験いただけるコースです。休暇中のコースは3日間のホリデーコースに名前を改め引き続き開催していく予定です。

出典:https://fidskids.com/short-courses/

(※2021年の例)
・融合コース 27,000円/5日間(対象年齢4~9才)
・ホリデーコース 16,500円/3日間

 

宮崎デモクラティックスクール にじのりずむ(宮崎県宮崎市)

「ビジター」

・学費 1000円/日

 

沖縄サドベリースクール(沖縄県宜野湾市)

「ビジター制度」

全国のサドベリー教育校のメンバーとの交流を目的とした制度です。
デモクラティックスクールネットワークに登録されているスクールに在籍しているメンバーが対象です。

出典:https://www.okinawa-ss.com/pages/1095784/page_201706282311

・費用 2,500円/日
※9:00~17:00の開校時間中であれば、登校・下校の時間は自由です。
※宿泊も可能な場合があります。ご相談ください。

 

デモクラティックスクールみぃち(沖縄県島尻郡与那原町)

みぃちでは、毎日通う「メンバー」、時々通う「ビジター」、在宅で参加する「オンラインクラス」の3通りの通学方法を用意しております。
メンバーにはスクール運営に関わる決議権がありますが、ビジターやオンラインクラスにはありません。

出典:http://school3chi.com/enter/

「ビジター」(時々通いたい子。スクール運営に関わる決議権なし)
・入学金 13,000円
・教材費 6,000円 ※途中入学の場合は500×在籍月数
・学費 3,500円/日 ※おまとめ割引あり

 

「オンラインクラス」(ネット上で参加。ルール決めやスクール運営に関わる決議権なし)
・入学金 13,000円
・学費 15,000円/月
※教材費は月学費に含む
※保険代は実費

 

詳細等は各校にお問い合わせください。

【最新】日本のサドベリースクール・デモクラティックスクール一覧

2016年2月2日

「この学校に行きたい!」を叶えるために

フレーベルをはじめとした教育思想にとどまらず、近年は研究結果からも、こども時代の教育ならびに教育環境が、こどものその後にどのような影響をもたらすかが明らかになってきています。

それに伴って、オルタナティブ教育に関心をもたれる方もふえてきました。

現在はまだ、すべてのこどもの学ぶ権利を守るための公費負担は実現されていません。上でも書いたけれど、さまざまな理由で引っ越しができないご家庭もあります。経済的に厳しいご家庭もあります。

けれど「サドベリースクールに行きたい! デモクラティックスクールで過ごしたい!」の強い気持ちがあるのなら、ご検討されているスクールにぶっちゃけで当たってみて、お気軽に相談されてみるのはどうかな? とおもいます。

こどもの「この学校に行きたい!」を叶えるために。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
オンラインスクール「オヤトコ学校 いい舟」

デモクラティック教育を家庭にも。

自分を生きるということ、他者と生きるということ。
家庭は、デモクラティックスクール、サドベリースクールそのものにはなりません。
けれど、そのエッセンスを家庭に取り入れて、親と子がヨコの関係で過ごしていくことはできます。

ヨコの関係とはなにか、自分の家庭で実践していくのが「家庭でサドベリー」です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴー・まりんのオンラインコミュニティ「お母さんのじかん365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・参加はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

子どもとヨコの関係に。「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

親の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

オヤトコ発信所の雑誌『歩く花』

リラックスして、身と思考をオープンにして、「いま」をエンジョイしよう。誰かではなく自分・自分たちのオリジナルを守る。

好きな靴をはいて、移動しよう。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点